充電したiPhoneのバッテリー切れが早いときの原因と対策

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneをしっかりと充電しておいたにもかかわらず、すぐにバッテリーが切れてしまって困っているという人も多いでしょう。iPhoneのバッテリーがすぐ切れてしまう原因としてはいくつかのケースが考えられます。それぞれの原因に応じて効果的な対策を行うことで、バッテリーを今よりも長持ちさせられるようになるでしょう。今回は、バッテリー切れが早くなってしまう3つの原因と、原因ごとに適用するべき対策方法について解説していきます。

原因1:充電方法に問題がある

iPhoneのバッテリーが切れやすくなる原因の1つ目として、充電方法に問題があるケースが挙げられます。iPhoneに備わっているリチウムイオンバッテリーは適切に利用していれば3~4年は持つといわれています。
しかし、充電方法に問題があるとバッテリーの持ちが悪くなり、1年程度で不良を起こしてしまう恐れもあるのです。問題のある充電方法としては、まだ充電が残っているにもかかわらず、少し減ったらすぐに充電をするといったようなやり方が考えられるでしょう。

この方法を継続的に行っていると、結果として充電回数が多くなり、それがバッテリーの寿命を縮めることにつながるのです。
その他の例としては、バッテリーが0%になってから充電している、充電しながらiPhoneをいじっているといった充電方法にも問題があります。

また、充電する部屋が高温多湿の状態である場合もiPhoneのバッテリーにとっては良くありません。これらの方法で充電を行っているという人は、なるべく早めに適切な充電方法にシフトしていく必要があるでしょう。

原因2:iPhoneの設定に問題がある

iPhoneのバッテリーが切れやすくなる原因の2つ目として、iPhoneの設定に問題があるというケースが挙げられます。

iPhoneには便利な機能が数多く備わっており、中には設定で有効にしてあるだけで常にバッテリーを消費している機能もあります。そのため、オンにしている機能が多すぎると連動してバッテリーの消費量も多くなってしまうのです。その結果、知らないうちに大量の電力が消費されてバッテリーが切れてしまうといったような現象が起こるようになります。
特に、明るさや位置情報、通知に関する自動機能がオンになっている場合はバッテリーの消費が早くなるといわれています。こうしたトラブルを防ぐためには、早めに設定を見直して不必要な自動機能を無効にしておく必要があるでしょう。

原因3:消費量が大きいアプリがある

iPhoneのバッテリーが切れやすくなる原因の3つ目として挙げられるのは、消費量が大きいアプリがインストールされているというケースです。
便利だからといって多数のアプリをインストールしている場合、アプリの使用量に応じてiPhoneのバッテリーの消費量も多くなります。特に、消費量の多いアプリがいくつも入っている場合は当然バッテリーの消耗がさらに早まることになります。
なるべくバッテリーを節約したいのであれば、アプリをインストールする際に本当に必要なのかどうかを検討してみることが大切でしょう。

充電に関する対策1:過放電と過充電をさける

バッテリーをなるべく長持ちさせるための充電に関する対策として、まずは過放電状態と過充電状態を避けるということが重要です。過放電状態とはバッテリーの残量がまったくない、すなわち0%の状態のことです。

この過放電状態はiPhoneのバッテリーに対して非常に大きな負担をかけることになります。というのは、過放電状態にあるバッテリーの内部では、バッテリーの構成単位であるセルがどんどん劣化していくことになります。
その結果、バッテリー本体が消耗していき、長く放置しておくと破損して充電すらできないような状態になってしまう恐れがあるのです。そのため、iPhoneのバッテリーは残量が0%になる前に必ず充電するようにしましょう。

次に、過充電状態とはバッテリーの残量が100%になっているにもかかわらず充電が続けられている状態のことです。
スマートフォンの充電に関してよく耳にするのが、「バッテリーが100%になったらすぐにケーブルを抜かなければならない」という噂です。
これはバッテリーの劣化が早まることを危惧していわれている仮説なのですが、iPhoneのバッテリーの場合も当てはまるのでしょうか。

結論からいうと、iPhoneに関しては過充電によるバッテリーの劣化を心配する必要はありません。確かに、従来のバッテリーの場合は100%充電されても充電し続ける過充電状態がバッテリー劣化を早める原因の一つだとされていました。
しかし、iPhoneの充電方式にトリクル充電が採用されて以来、iPhoneのバッテリーが過充電によって劣化することを危惧する必要はなくなったのです。

トリクル充電とは、バッテリーの寿命を延ばすために充電時に流す電流を弱めるという充電方法のことです。iPhoneの充電方式では、残量80%までは高速で充電を行い、80%を超えるとコンピュータ制御によってトリクル充電に切り替わるようになっています。そのため、現行のiPhoneであれば充電ケーブルを差しっぱなしにしておいても過充電状態に陥ることはありません。

バッテリーをなるべく長持ちさせるためには、過放電状態、つまり残量0%の状態になる前に、なるべく早めに充電することが大切なのです。

充電に関する対策2:充電回数を減らす

バッテリーを長持ちさせるための充電に関する対策として、充電回数を減らすという方法も効果的です。通常のバッテリーと同じように、iPhoneで使用されているリチウムイオンバッテリーも充電を重ねることでだんだんバッテリーの性能が悪くなっていきます。
iPhoneのバッテリーの容量は、通常の条件下でフル充電のサイクル、つまり0%から100%への充電を500回繰り返すと蓄電容量が80%程度まで下がるとされています。これは、100%の状態まで充電したとしても、新品のときの100%に比べると8割程度の電力しか蓄えられていないことを意味しているのです。

このように、iPhoneのバッテリーは充電の回数を重ねれば重ねるほど持ちが悪くなっていきます。この事態を回避するためには、充電の回数を減らすように工夫するという対策方法が有効でしょう。

例えば、バッテリーの残量が50~60%程度まで減ったらすぐに充電しているのであれば、それはトータルの充電回数が多くなりやすい充電方法だといえます。なるべく充電回数を減らすために、20%くらいまで残量が減ってから充電するようにするとよいでしょう。
ただし、過放電状態になるとバッテリーに大きな負担がかかるため、0%になる前に充電するように気を付けてください。出かけた先でバッテリーが切れるのが心配だという人はモバイルバッテリーを持ち歩くと良いでしょう。

充電に関する対策3:室温に気を配って充電する

バッテリーを長持ちさせるための充電に関する対策として、室温に気を配って充電するという方法を紹介します。iPhoneで使用されているリチウムイオンバッテリーには高温多湿の環境に弱いという性質があります。
特に、真夏で室温が35度を超えているような場合は注意が必要です。酷暑の中、閉め切った状態で充電を行うとバッテリー自体に取り返しのつかない損傷を与えてしまうことがあります。

また、反対に室温が低すぎることでiPhoneの動きが悪くなってしまうというケースにも注意しましょう。
これは、気温が低い環境下ではiPhoneのバッテリーの駆動時間が極端に短くなってしまうことがあるのが原因です。通常の気温に戻ればiPhoneの動きも元に戻りますが、なるべく暑すぎる場所や寒すぎる場所でiPhoneを扱わないようにしましょう。iPhoneを充電する部屋の室温は、16~22度程度が最適だとされています。
室温に加えて、なるべく湿気を低く保つということも大切なポイントなので覚えておきましょう。

充電に関する対策4:充電しながらいじらない

充電に関するバッテリーを長持ちさせるための対策として、最後に挙げられるのが充電しながらいじらないということです。
リチウムイオンバッテリーは熱に弱く、継続的に熱を与えることで劣化が早まるといわれています。

充電している間にiPhoneをいじっていると、過度の負荷を与えられたバッテリーが熱を持ち、本体が膨張したり内部が破損したりしてしまうリスクが生じます。
バッテリーの寿命はあらかじめ決まっており、少しでも長持ちさせるためにはなるべく負担をかけない使い方を心がけることが大切です。バッテリーを劣化させたくないのであれば、充電している間はできるだけiPhoneに触らないようにしましょう。

設定に関する対策1:自動機能や音量を調整する

バッテリーをより長持ちさせるためには、対策として設定を変更するということも試してみるのが賢明です。まず、自動機能や音量を調整するという対策方法をみていきましょう。

まず、自動ロックまでの時間をなるべく短く設定しておくことで、操作していない間に消費される無駄な電力を節約することができます。ロック画面でパスコードを設定している場合はセキュリティの向上にもつながるでしょう。
次に、「通知をプッシュ」をフェッチに設定することで、メールや連絡先、カレンダーのデータ取得が自動で行われないようにすることができます。フェッチに設定しておくと、データ取得は一定時間ごとに、あるいは手動で行われることになるので、知らない間に電力が消費される心配がありません。

着信音や通知音、操作音などの音量によっても消費電力は変わってきます。着信音の音量はなるべく控えめにして、タップ音やロック音はオフにしておくと節電につながるでしょう。常にマナーモードにしておけば、さらに電力の節約を図ることができます。
そして、iTunesやAppStoreの自動ダウンロードをオフにしておくのも効果的な方法です。アプリのアップデートなどは手動操作でも行えるため、無駄に電力を消耗しないようにオフにしておくと良いでしょう。

設定に関する対策2:回線の設定を使い分ける

次の設定に関する対策としては、回線の設定を使い分けるという方法も有効です。
まず、Wi-Fiがつながっていないことがわかっている場合はあらかじめWi-Fiをオフにしておきましょう。オンにしておくとiPhoneが自動で電波を探し続けてしまい、余計に電力を使うことになるためです。

また、Wi-Fiを使うときも「接続を確認」をオフにしておくと他のネットワークを探さなくなるので節電につながります。同様の理由で、使用していないときはBluetoothをオフにしておきましょう。
また、電波が悪いときは4Gもオフにしておくのがおすすめです。オンとオフを切り替えながら、回線の状況に応じて4GとWi-Fiをうまく使い分けましょう。

設定に関する対策3:視認性に関する設定をオフにする

設定に関する対策として次に紹介する方法が、視認性に関する設定をオフにするというものです。まず、画面の明るさの自動調節をオフにするという方法がバッテリーをなるべく長持ちさせるためには効果的です。画面の明るさはコントロールセンターからも手動で調節することができるので、こまめに明るさを変更するのも良いでしょう。

また、壁紙は消費電力の多い「ダイナミック」ではなく「静止画」に設定しておくと効果的に節電できます。さらに、iPhoneを傾けるとアイコンが動くというエフェクト機能である視差効果をオフにしておくことも有効な対策方法だといえるでしょう。

設定に関する対策4:位置情報の設定をオフにする

最後に紹介する設定に関する対策として、位置情報の設定をオフにするという方法があります。自分の現在地を家族などの特定の知人に知らせる機能である「自分の位置情報を共有」は、使わないようであればオフにしておきましょう。

また、自分の現在地情報を自動的に知らせることで広告や通知が表示される「位置情報に基づくiAd」と「位置情報に基づく通知」という機能もあります。これについても、必要ない場合はオフにしておくことで無駄な消費電力を削ることができるでしょう。

アプリに関する対策1:消費の大きいアプリを確認する

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるためのアプリに関する対策としては、まず消費電力の大きいアプリを確認する必要があるでしょう。iOS8以降のバージョンであれば、設定の「バッテリーの使用状況」の画面から消費電力の大きいアプリを確認することができます。

手順としては、設定、一般、使用状況、バッテリーの使用状況の順にタップしていけば確認できるので試してみてください。消費電力が大きいにもかかわらず使用頻度の低いアプリがあった場合は、アンインストールすることで節電することができます。

アプリに関する対策2:使用頻度の高いアプリは閉じない

アプリに関する次の対策として、使用頻度の高いアプリは閉じないようにするという方法が挙げられます。アプリは起動するたびに電力を消費するため、使用頻度の高いアプリを毎回閉じていると消費電力が無駄に大きくなってしまいます。
そのため、たとえ消費電力が大きかったとしても使用頻度の高いアプリは毎回閉じずに、そのままにして使うのが賢明だといえるでしょう。

iPhoneは使用方法に合わせたバッテリー対策を

しっかりと充電しておいたにもかかわらずiPhoneのバッテリーがすぐに切れるというケースでは、主に3つの原因が考えられます。
充電方法かiPhoneの設定、あるいはアプリのいずれかが原因になっているケースが多いのです。これらの原因のうちから自分のケースに当てはまるものを突き止めたうえで、使い方に応じて適切な対策を実践していきましょう。

iPhone修理専門店はコチラ>

バッテリー交換修理はコチラ>

iPhone修理がはじめての方はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM