緊急事態を回避!iPhoneのデータを復旧するための方法を3つ紹介!

iPhone修理【サービス比較】

生活必需品となっているiPhoneですが、電話番号などの連絡先だったり、画像・動画などの思い出だったりと、さまざまなデータを保存している人も多いでしょう。しかし、iPhoneではあらゆるトラブルが発生し、中でもデータが消えてしまうのは大きな痛手です。この記事では、iPhoneのトラブルが発生した際の対処法や、データを復旧させるための方法を紹介します。

1.iPhoneのデータが消えてしまう主な原因

iPhoneでは、さまざまな原因でデータが消えてしまうことがあります。意外と多いのは、操作中に誤って連絡先や画像などのデータを消してしまうことではないでしょうか。操作に慣れたことにより、タップスピードがすばやくなり誤って消してしまうこともあります。iPhoneの破損によりデータが消えてしまうことも少なくありません。外出先での操作中に地面へ落としてしまったり、お尻のポケットに入れたまま座ってしまったりなど、さまざまなシーンで破損の可能性はあります。また、水没によりデータが消えてしまうということもあるでしょう。トイレで便座に座りながら操作したり、お風呂で浴槽に浸かりながら音楽を聞いたりする人は水没のリスクも多くなります。

そして、誤ってリカバリーモードになってしまい、データが消えてしまうことも少なくはありません。リカバリーモードとは、システムに不具合が生じた際に、不具合を改善するためのモードです。水没・衝撃・不正アプリのインストール時などに発生するシステムエラーや、iOSアップデート失敗のほか、ホームボタンを押したまま充電するとリカバリーモードに入ってしまうケースがあります。リカバリーモードに入ってしまった場合、操作に従ってタップしていくと、データが完全に消えてしまう(iPhoneが初期化される)のです。

また、iPhoneには多くの大切なデータを入れおける便利なものなので、iPhone自体を紛失によりすべてのデータが自分の前から消えてしまうこともあるでしょう。そして、突然iPhoneが故障してデータが消えてしまうこともあります。

2.iPhoneはデータの復旧が可能?

さまざまな原因によって消えてしまうiPhoneのデータですが、復旧することは可能なのでしょうか。もちろん、必ずしもすべての状況でデータ復旧できるわけではありません。iPhoneの状態にもよりますが、データの復旧は可能であるケースが多くなっています。例えば、iPhone本体が故障してしまった場合でも、バックアップさえ残っていればデータの復旧は可能です。また、削除してしまったデータでも実は完全に消えてしまっているわけではないため、多くの場合でiPhoneのデータは復旧できるといえます。そして、復旧ができないとされているケースは、初期化してしまったことによるデータの消失です。

3.データの復旧方法1:バックアップを使用する

データの復旧方法としては、バックアップを残しておくことが重要となります。日頃からパックアップを習慣づけている場合は、直近のデータを使ってデータを復旧することが可能です。iPhoneのデータは、パソコンにiOSデバイスを接続するたびに、iTunesが自動的にバックアップをとってくれています。消えてしまったデータを復旧したいなら、iTunesに接続し数クリックするだけで復旧可能です。Wi-Fiでインターネットへ接続しているなら、iCloudにデータが残っている可能性もあります。iCloudでは、Wi-Fiへ接続された際に画像や連絡先などのバックアップをとっているので、iCloudからデータをとり出すことも可能です。

このように、バックアップを意図的にとっていない場合でも、どこかにバックアップが残っている可能性もあります。バックアップが見つかれば、それを復元することで復旧が可能というわけです。

4.データの復旧方法2:復元ソフトを使用する

iPhoneデータの復旧方法として、復元ソフトを使用する方法もあります。ソフトによっては、iPhoneの電源が入らない場合でもデータを引き出すことが可能です。復元ソフトでは、誤タップによるものやiOSアップデートの失敗によるエラー、水没やウィルス感染などによるデータ消失を復元できます。復元できるデータは幅広く、電話番号やメールアドレスなどの連絡先、無料通話などのアプリでのトーク履歴などのさまざまなデータの復元が可能です。もちろん、画像や動画、音声などのファイルも復元できます。復元方法は、復元ソフトをインストールしたパソコンを起動させ、iPhoneをUSBケーブルでつなげるだけです。そうすることで、壊れてしまったり水没してしまったりしたiPhone本体のデータがパソコン上で復元されます。

復元ソフトは、基本的には有料ですが無料でインストールできるものもあります。そのため、試してみる価値のある便利なサービスです。しかし、有料・無料にかかわらず、復元ソフトを使用することで必ずしもすべてのデータが復旧できるわけではないことは理解しておきましょう。

5.データの復旧方法3:修理業者へ依頼する

iPhoneのデータを取り戻すには、修理業者へ依頼するという方法もあります。知識や経験が少ない自分で復旧を目指すより、データ復旧の成功する可能性が高い方法です。また、メーカーなどでは混雑したり何日もiPhoneを預ける必要があったりと、修理対応が敏速とはいえません。住んでいる地域によっては、メーカーの正規店がない場合もあるので、iPhoneを送るなどの手間やコストもかかるのです。しかし、修理業者なら修理専門のため、混雑による待ち時間や修理期間が短く済むケースが多くあります。「すぐにiPhone使用したいという人」「データが必要という人」にとっては、利用するメリットは大きいといえるでしょう。

特に、水没などの場合は自分で応急処置をしてから、早めにiPhoneの水濡れ修理を行うことで、水の影響を最小限に抑えることができます。そのため、すぐに対応してくれる修理業者へ依頼するのが重要です。修理業者なら、iPhone本体の修理だけではなくデータ復旧を主としたメニューを取り扱っているところもあります。そのため、修理と同時にデータの復旧も可能というわけです。また、iPhone本体の故障などによってデータが消えてしまった場合は、復旧できたとしても再び同じ現象によりデータが消えてしまう可能性があります。

そういった場合は、根本の原因である故障を直すことでデータの復旧ができるようになるケースもあるので、修理業者で点検してもらうことも検討しましょう。

6.データ消失の予防法1:こまめにバックアップをとる

iPhoneのデータは、消えてしまってから後悔するよりも予防しておくことが大切でしょう。予防法として重要なことは、いつ何が起こるか分からないからこそ、こまめにバックアップをとっておくことです。そのためには、iCloudやiTunesなどを利用して、常に万が一の事態に備えることが重要だといえます。iPhoneのホーム画面に「iPhoneバックアップに失敗」や、「○○週間バックアップが作成されていません」などの表示がある場合は注意が必要です。iTunesは、iPhoneとパソコンをUSBケーブルでつなげることでバックアップをとってくれますので、定期的にiTunesへ接続することを習慣づけておくと安心といえます。

また、USBメモリなどにバックアップをとり自宅に保管しておけば、iPhone本体を紛失した場合やパソコン本体が壊れてしまった場合にも効果的でしょう。そして、インターネット上でバックアップをとる場合は、手軽で最新のデータを取っておくことができるというメリットがあります。この場合でも、iPhoneやパソコンが壊れてしまってもデータが消失してしまうのを防ぐことが可能です。

7.データ消失の予防法2:不具合はすぐに修理する

データ消失の予防法として、iPhoneに不具合が発生したらすぐに修理することが大切です。iPhone本体の故障は、突然起こることもありますが、前兆がある場合も多くあります。例えば、タッチパネルの反応が悪くなったり、動作処理速度が明らかに遅くなったりと故障の前兆はさまざまです。こういった前兆を見逃したり放っておいたりせず、完全に故障してしまう前に修理しておけば、データは問題なく保護される可能性が高くなります。すばやく修理することで、iPhoneが正しく動作するようになりデータの消失を防ぐことが可能です。

そのため、iPhone修理は自分でやるよりも修理業者へ依頼すると効率的で安心だといえます。また、修理業者へ依頼する際でも保証書を持参して修理してもらうと良いでしょう。

8.水濡れ時は早めの対処が大切!

iPhoneは生活必需品となっており、常に手放すことができないとい人も多いでしょう。そのため、トイレや浴槽などのさまざまな場所で、水没させてしまう可能性があります。iPhoneを水濡れさせてしまった場合は、早めの対処が大切です。ここでは、その具体的な対処法を紹介します。

8-1.水濡れ時対処法

iPhoneは、水に濡れてしまうと、データがなくなってしまう可能性も高くなります。そして、濡れた状態を放置すればするほど、データを復旧させることが難しくなってしまうため、早めに的確な対処をして端末からデータを守ることが大切です。まず、iPhoneを水で濡らしてしまった場合は、なによりも先に電源を落とすようにしましょう。iPhone内部に水が浸入している状態で通電してしまうと、電気回路がショートする原因となります。ショートしてしまうと、iPhoneの電源が落ちて起動不能になるため、水濡れの際はすぐに電源を落とすようにしましょう。また、水濡れさせてしまったときが充電中の場合、充電によって通電してしまうので充電器もすぐに外す必要があります。もちろん、電源を落としたあとであっても、充電器に接続することはいけません。

充電器以外にも音楽を聞いていたならイヤホンも外し、本体にカバーをつけているならカバーも外し、とにかくすべてのものを外します。SIMカードも抜き、水分を拭き取って乾かしましょう。そして、次に本体を内部までしっかりと乾かします。このときに注意するべきことは、水分を内部から取り除こうとして本体を振ることです。本体を振ることで、水がさらに内部の基板まで浸入してしまい、復旧が困難になってしまう可能性があります。また、ドライヤーで乾かすのが早くて効率的だと考えがちですが、この行為は熱によって本体や内部が変形したり、バッテリーが膨張したりするなどの危険を伴う行為です。乾燥は、水分を拭き取ったら、密閉できる容器に乾燥剤と一緒に入れておくなどの方法がよいでしょう。

これらの対処を水没などのトラブル発生からすぐに行うと、データを復旧できる可能性が高くなります。あとは、修理業者へ依頼して修理してもらうだけです。

8-2.水濡れによって起こり得る症状とは?

iPhoneを水で濡らしてしまった場合は、すぐに電源を落として乾かす必要があります。しかし、いつの間にかiPhoneが濡れてしまうという可能性もないとはいえません。トイレやお風呂などでiPhoneを水没させてしまったときはすぐに気がつきますが、いつ濡れたのか分からないときは、iPhoneに起きる症状で水濡れを判断し、すぐに電源を落とすようにしましょう。また、水没したときも、もちろん電源を落とさなければ同じ症状が起こる可能性があるので、症状が発生する前にしっかりと電源を落として乾燥させることが重要です。

iPhoneは水に濡れると、タッチパネルなどがまったく反応しなくなることがあります。また、画面表示が正常ではなく明らかに画面に水が入っているのが分かる状態のこともあるので、このような症状がある場合はすぐに電源を落とすようにしましょう。

9.あいさぽなら即日修理も可能!

iPhoneの故障や故障の前兆を放っておくと、大切なデータをすべて消失させてしまう可能性があります。もし、iPhoneが故障したり水濡れたりしてしまったら、すぐに修理業者へ依頼するようにしましょう。iPhoneの修理なら「あいさぽ」がおすすめです。即日修理も可能で、「すぐにiPhoneを使いたい」という人にとっては大変重宝する修理業者といえます。「あいさぽ」は、最短10分から修理が可能です。もちろん、WEB予約も24時間体制で受け付けていますが、緊急時などは予約なしでも修理を受けることができます。そして、なんといっても金額の安さが目を引き、iPhone修理はメーカーサービス料金に比べて最大で80%オフです。

そのため、価格満足度はもちろん、ほかにも修理満足度・顧客満足度・スピード満足度において、2018年度と2019年度で2年連続No.1を獲得しています。店舗は、全国に80店舗を展開(店舗は公式HPで確認ください)し、宅配修理では全国で対応可能です。「あいさぽ」は、修理専門業者なのでメーカーの店舗のように混雑したり待たされたりする可能性が少なく、すぐにデータを復旧したい場合でも至急対応してもらいやすい修理業者です。

ただ、「修理業者へ依頼しても大丈夫なのか」と不安な人もいるかもしれません。例えば、「自分で修理しようとして失敗してしまった」ということはありませんか。自己修理に失敗した機器は、受け付けてくれないメーカーや業者は多くあります。しかし、「あいさぽ」では自己修理で失敗したiPhoneも受付可能です。iPhoneのことで、困っていることや悩んでいることがあるなら、まずは「あいさぽ」へ相談してみましょう。

10.大切なデータはしっかり守ろう!

iPhone本体は、もちろん大切なものです。しかし、そこに入っているデータは思い出や大切な情報などの替えがきくものではありません。事前の対策をしつつ、万が一の際には「あいさぽ」で修理をして、大切なデータを復旧するように心がけましょう。

iPhone修理についてはコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

水没・浸水の修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・水没して動かない
・画面の表示がおかしい
・タッチパネルが反応しない
・タッチパネルがおかしいた
・画面に水が入った

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM