iPhone修理専門店【アイサポ】トップ  »  トラブル事例と修理料金  »  iPhoneバイブレータ交換修理

バイブレータ交換修理

  • 修理時間 目安 

    60分~

  • 修理料金 目安 

    6,480円~

iPhoneバイブレータ交換修理

iPhoneを落としてぶつけたり、長期に使い続けていると、バイブレータが「振動しない」「反応しない」「止まらない」などの不具合が生じることがあります。
設定の見直しや再起動などをしても解消されない場合は、バイブレータ部品の故障や劣化が原因の可能性があります。
バイブレータが故障すると、電話やメール、アプリの通知に気づけなかったり、ちゃんと操作ができているのか分からなくなり非常に不便になります。
おかしいと感じたら、放置せず早めに修理することをオススメいたします。

iPhone修理アイサポでは全国の店舗でiPhoneのバイブレータの交換修理を行っております。
万が一、部品の不具合があった場合、再修理費用は頂きません。※6ヶ月有効

iPhoneバイブレータの修理料金

モデル 修理料金 モデル 修理料金
iPhone12 Pro Max ¥ 12,800 iPhone12 Pro ¥ 12,800
iPhone12 mini ¥ 12,800 iPhone12 ¥ 12,800
iPhone11 Pro Max ¥ 12,800 iPhone11 Pro ¥ 12,800
iPhoneSE2 ¥ 7,980 iPhone11 ¥ 12,800
iPhoneXR ¥ 12,800 iPhoneXS Max ¥ 12,800
iPhoneXS ¥ 12,800 iPhoneX ¥ 12,800
iPhone8 Plus ¥ 7,980 iPhone8 ¥ 7,980
iPhone7 Plus ¥ 7,980 iPhone7 ¥ 7,980
iPhone6s Plus ¥ 7,980 iPhone6s ¥ 7,980
iPhone6 Plus ¥ 7,980 iPhone6 ¥ 7,980
iPhoneSE ¥ 6,480 iPhone5s ¥ 6,480
iPhone5c ¥ 6,480 iPhone5 ¥ 6,480
iPhone4S ¥ 6,480 iPhone4 ¥ 6,480

※金額は全て税込表記となります

iPhone修理アイサポでは適正価格で修理を行っております。
他店では修理料金の他に作業料金が別にかかる場合もございますが、当店の場合は全て込みの料金となりますのでご安心下さい。
メーカーやソフトバンク・au・docomo等のキャリアショップでは、保証サービスに入っていないと高額な料金がかかってしまう場合もあります。
リーズナブルに修理されたいお客様は、是非当店の修理サービスをご利用下さいませ。

iPhoneバイブレーターの部品特性について

部品紹介

バイブレーションを確認する場合は、「設定」アプリ→サウンドと触覚またはサウンドをタップします。サウンドの「バイブレーション」という項目に「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」という選択肢があり、それぞれのオン・オフを切り替えることでバイブレーションの発動条件を変更できます。
どちらもオフの場合は、着信時などにバイブレーションが発動しません。

着信スイッチ選択時のみ作動させる

着信スイッチは、iPhoneの左上にあるボタンを指します。「着信スイッチ選択時」とは、マナーモード解除状態です。
「着信スイッチ選択時」をオンにして「サイレントスイッチ選択時」をオフにすると、「着信スイッチ選択時」の場合のみバイブレーションが発動します(音とバイブレーションが鳴る)。
この設定は、いつもはバイブレーションを利用していて、図書館や映画館などの静かな環境では「サイレントスイッチ」に切り替える(マナーモードにする)だけでバイブレーションを無効にしたい、という人に適した設定です。

サイレントスイッチ選択時のみ作動させる

「サイレントスイッチ選択時」とは、iPhoneの左上にあるボタンを下げた状態です(よく見るとボタンを下げた際にオレンジ色が見えます)。
「着信スイッチ選択時」をオフにして「サイレントスイッチ選択時」をオンにすると、サイレントスイッチを選んだ場合のみバイブレーションが発動します。
この設定は、いつもは着信音を有効かつバイブレーションは無効の状態にしていて、「サイレントスイッチ」に切り替える(マナーモードにする)だけで着信音を無効かつバイブレーションを有効にしたい、という人に適した設定です。

どの状況でもバイブレーションを作動させる

「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」の両方をオンにすると、どちらのスイッチを選択していてもバイブレーションは有効になります。

バイブレーションパターンを変更する

バイブレーションのパターンを変更する場合は、「設定」アプリ→サウンドと触覚またはサウンドとタップし、「サウンドとバイブレーションのパターン」項目で機能ごとに個別に設定します。
ここでは着信時のバイブレーションのパターンを変更してみましょう。
まず、着信音をタップします。次に画面一番上にある項目バイブレーションをタップし、バイブレーションのパターンを選びます。
最初から用意されている「標準」か自分でつくる「カスタム」からバイブレーションのパターンを選択します。これで変更は完了です。

iPhoneバイブレータ(タプティックエンジン)が壊れる原因

パーツ内部の部品が劣化のケース

主要パーツであるモーターが劣化することにより、バイブレーション機能が働かなくなることがあります。
通常使用の環境下では非常に耐久性のあるパーツですが、まれに突然振動しなくなることがあります。

ホームボタンとの連動でエラーが起こっているケース

iPhone7以降はタプティックエンジンに名称が変わったバイブレータですが、ホームボタンに不具合がある場合、異常振動が起こることがあります。

システム由来のエラーが原因のケース

バイブレータはシステムからの電気信号によって制御されています。
その制御システムに不具合が生じた際にバイブレータ反応の異常が起こることがあります。
本体の再起動やiTunesを使って復元をしていただくと症状が改善する場合があります。

それでも症状が改善しない場合は当店までお持ちくださいませ。

iPhoneバイブレータ修理のお問合せ事例

  • ・バイブレータがきかない
  • ・バイブレータの振動が止まらない
  • ・マナーモードにできない
  • ・バイブレータの振動が弱い
  • ・電話がかかってきてもバイブレーションが反応しない

iPhone その他の修理メニューはこちら!

iPhoneの不具合の原因と対処法のコラム