iPhone修理専門店【アイサポ】トップ  »  トラブル事例と修理料金  »  電源が入らない

電源が入らない

  • 修理時間 目安 

    30分~

  • 修理料金 目安 

    5,480円~

iPhoneの電源が入らない

突然iPhoneの電源が入らなくなるとあせりますよね。
ネットが見られないので対処法を調べられない。電話やメッセージアプリも使えず相談もできない。
なにをやっても画面が真っ暗なままで途方に暮れてしまった・・・そんな経験はありませんか?
さらにはバックアップをとってなければ、そのまま大切なデータを失ってしまうことにもなりかねません。

iPhone修理アイサポでは全国の店舗でiPhoneの電源が入らない症状の修理を行っております。
万が一、部品の不具合があった場合、再修理費用は頂きません。※6ヶ月有効

iPhoneの電源が入らない主な原因について

電源が入らない

発熱による動作不良

iPhoneが高温状態になると温度を下げて内部基板を保護するために画面が暗くなったり、電源が落ちてしまう場合があります。
iPhoneが発熱する主な原因は、

  • ・充電中にアプリを使用する
  • ・CPUに高負荷のかかるアプリを使用する
  • ・気温の高い場所や直射日光にさらされる

などがあります。
iPhoneが発熱している場合、まずは使っているアプリを終了して、電源を落とします。それから、うちわや扇風機などで風をあてて熱を冷ました後、電源を入れて故障していないか確認するようにしましょう。

アップデートの失敗

iPhoneにはソフトウェア改善のため定期的にiOSの更新がありますが、このアップデートが正しく完了できなかった場合、電源が入らなくなってしまう事があります。
また、電源は入ってもリンゴループの状態になり操作できなくなるケースもあります。
更新失敗の原因は主にwi-fiの接続が不安定だったり、アップデート中の充電切れなどが考えられます。
iOSをアップデートする時は自宅など安定した接続環境としっかり充電した状態で行うことをオススメします。

バッテリーの寿命

バッテリーは消耗品でありその耐用年数には限りがあります。
時間とともに化学的劣化が起こるため、使い続けていくうちに電池容量などパフォーマンスが低下していきます。
充電してもiPhoneが起動できなかったり短時間で電源が落ちるような場合、バッテリーの寿命が疑われます。
また経年劣化が進むと残量が少ないときなどに突然シャットダウンする可能性が高くなります。
お手持ちのiPhoneを長く使い続けるためには適切なタイミングでバッテリー交換することが大切です。

充電切れ

単純にバッテリー切れにより電源が入らない場合もあります。
iPhoneが起動しない時は充電ケーブルをさして15~30分様子を見てから電源を入れてみましょう。
それでも電源が入らなかったり、ケーブルをつないでも充電の反応がなければケーブルの破損やコネクタの故障が考えられます。
新しいケーブルを試しても駄目な場合は修理に出すことも考えましょう。

水没による故障

iPhoneを水中に落とたり、雨などで濡らしてしまった場合、それだけで電源が入らなくなってしまう事があります。
やりがちな失敗として水没して壊れてないか心配になり電源を入れると内部基板がショートして故障するケースがあります。
iPhoneが水没した場合は、

  • ①焦らず電源を落とす
  • ②カバーやケースを外して外側の水分を拭き取る
  • ③外側を拭き取ったらSIMカードを外してやさしく水分を取り除く
  • ④密閉容器に乾燥材と共にいれて乾かす

以上のような応急処置を行います。
1日乾燥時間を置いて電源が入れば故障の可能性は低いですが、念のためバックアップをとり修理相談をすることをオススメいたします。

iPhone内部の基板が破損している

水没や落下の衝撃などでiPhone内部の基板が破損した場合、起動できなくなってしまう場合があります。
iPhoneの基板は精密機器のため、バッテリーやフロントパネルのようにパーツ交換では直せません。
基板修理が必要な場合はFIREBIRDで修理を行うことをオススメいたします。

iPhoneの電源が入らない時の修理方法

バッテリー交換

ハードウェアの問題で電源が入らない主な原因はバッテリーの故障や劣化になります。
寿命が切れたバッテリーの使用が原因の場合は交換することで電源が入らない症状を改善することができます。
一般的にバッテリーの交換目安は3年とされていますが充電回数によりますので、電池持ちが悪い状態が続いている時はバッテリー交換をした方がいいでしょう。

iPhoneの電源が入らない時の対策・対処法

再起動を試す

ソフトウェアの一時的な不具合が原因の場合、強制的に再起動することで改善される場合があります。
再起動の方法はiPhoneの機種により異なりますので、いざという時のため正しい方法を予め覚えておくことをオススメいたします。

充電する

単にバッテリー残量がない場合は充電すれば起動できるようになります。
ただし、バッテリーが著しく劣化している場合は交換しなければ起動できない場合もあります。

iTunesを利用してiOSをアップデートする

iOSのアップデートに失敗して電源が入らなくなったりリンゴループの状態になってしまった場合、iTunesを利用して手動でアップデートを行えば、起動できるようになる場合があります。

iTunesを利用したアップデートの手順としては、

  • ①iPhoneをiTunesをインストールしたパソコンとケーブルで繋ぐ
  • ②iTunesを起動する
  • ③iTunesのデバイスボタンをクリックして接続しているiPhoneを選択する
  • ④「概要」から「更新プログラムを確認」をクリックしてから「アップデート」をクリック

これでiOSを最新状態にすれば、iPhoneが起動できる状態に改善できることがあります。

また、上記の④で「概要」→「復元」を選ぶとiPhoneを工場出荷時の状態に戻して復活させることもできます。
しかし「復元」する場合は同時にデータも全て消去することになりますので、バックアップをとっていない場合はデータの復旧は不可能になってしまいます。
「復元」はどうしても起動できない時の最後の手段として考えるようにしましょう。

普段からバックアップを保存しておく

どうしても電源が入らない場合や初期化を試す時のために普段から定期的にバックアップをとっておく事が重要です。
故障や不具合は突然起こる事がほとんどですので、いざという時のために大切なデータは意識的にバックアップを取ることをオススメいたします。

リンゴループ

リンゴループとは

iPhoneの起動時にAppleのロゴ(リンゴマーク)が表示されますが、リンゴループとはそのリンゴマークが繰り返し表示され操作できなくなってしまう状態の事を指します。

リンゴループの原因

リンゴループになる原因はソフトウェアに起因するものとハードウェアに起因するものの大きく2つに分けられます。
ソフトウェアが原因の場合は「iOSのアップデート失敗」「iPhoneの空き容量が不足している」「起動ファイルの破損」などがあります。
またハードウェアが原因の場合は「内部基板が損傷している」「パーツが故障している」「バッテリーの劣化」などが考えられます。
パーツ故障の場合はカメラや近接センサー、ディスプレイ部品の故障が原因でリンゴループの状態になってしまう事がありますが、適切にパーツ交換修理を行えば、リンゴループを解消できることもありますので是非アイサポにご相談ください。

iPhoneの電源が入らない時の代表的なお客様のお問い合わせ内容

・ボタンを押しても電源が入らない
・充電してもすぐにシャットダウンする
・画面が真っ暗で操作しても反応がない
・水没してから電源が入らなくなった
・朝起きて見たらリンゴループになっていた

iPhone その他の修理メニューはこちら!