壊れたiPhoneでも買取可能!?買取のコツと注意点について

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneを使っていて壊れてしまうと、買取ってもらえないと勘違いしている人もいるようです。しかし、iPhoneの状態次第では、たとえ壊れていても高額買取をしてもらえるケースがあります。そこで、この記事では壊れているiPhoneを高額買取してもらうコツと注意点について紹介します。
故障したiPhoneでもいくつかのポイントを押さえておくことで高く買取ってもらえるので、よく理解しておきましょう。

1.買取可能な故障の程度

2-2

まず、注意しなければならないのは、「壊れたり、故障したりしているiPhoneのすべてが買取対象になるわけではない」ことです。下取りを行う業者は買取ったiPhoneを基本的には修理して、再度販売し利益を得ることも目的にしています。
そのため、損傷程度によっては「修理できない」と判断され、買取ってもらえない事例もあります。まずは買取可能な状態かどうかを業者へ持ち込んで判断してもらうとよいでしょう。

一般的な業者であれば「画面の割れ」や「本体の傷」「電源が入らない」という状態でも買取ってもらえるケースが多いです。
また、「水濡れによる操作不良」や「タッチパネルが操作できない」という故障でも、状態によっては買取可能なケースも少なくありません。故障したからといって自分で判断せず、業者に確認してもらうことが重要です。

2.壊れたiPhoneが買取可能な理由

壊れているiPhoneにもかかわらず、どうして業者が買取をするのか疑問を持っている人もいるでしょう。当然のことながら、業者はボランティアで買取っているわけではありません。
何かしらの目的があるからこそ、買取っているのです。そこで、業者が壊れたiPhoneを買取る理由を3つ紹介します。

2-1.修理可能な場合

故障の程度によっては、業者が自ら修理できる可能性があります。そうしたiPhoneを安く買取って、修理後に高く売れば簡単に利益が出せるのです。
iPhoneはその他のスマホに比べても高性能である点から、中古市場でも人気があります。そうしたユーザーに対して、販売することを目的に買取っているケースがあるのです。
自分で判断してしまうと本当は買取ってもらえるiPhoneを廃棄してしまうかもしれません。たとえ、修理不可能に思える故障であっても、買取ってもらえるかどうかをとりあえず業者に相談してみましょう。

2-2.部品を再利用できる場合

iPhone本体を修理できない場合でも、故障していない部品は再利用可能という点で価値があります。修理できる業者からすると、一部だけ故障しているiPhoneをそのまま廃棄してしまうのは非常にもったいなく感じるものなのです。
たとえ、持ち込まれたiPhoneが修理できない状態であっても、在庫の少ない部品に問題がない場合は、買取ってもらえるケースがあります。買取った業者は、そのiPhoneの部品を使って他のiPhoneの修理に使います。

業者にとってはiPhoneの部品を正規ルートから調達するよりも、結果的に安くなるケースがあるからです。つまり、本当に修理ができない状態のiPhoneであっても買取ってもらえるチャンスがあるといえます。

2-3.高額で買取可能な場合

iPhoneに限らず、スマホ市場には常に新しいモデルが登場しています。基本的に最新機種ほどスペックが高くなる傾向にあるので、人気が上がって価格も上昇しやすいです。iPhoneでもモデルが新しいほど、基本的にはより高値で買取ってもらえます。
ユーザーからの人気が高いため、買取業者は多少高い値段で仕入れてもそれ以上に高く売れて利益が出せるからです。特にiPhone5S以降のモデルは数千円から数万円という高値で買取ってもらえるケースもあります。業者が多少無理をしてでも買取ってくれる可能性があるので、比較的新しい機種を持っていて故障してしまった場合は、積極的に査定に出してみましょう。

3.買取不可能なiPhoneについて

2-3

修理可能だったり、部品がほかのiPhoneの修理で利用できたりする場合は故障していても買取ってもらえます。
しかし、残念ながらなかには買取不可のiPhoneがあるのも事実です。どのようなiPhoneは買取ってもらえないのでしょうか。そこで、買取不可のiPhoneの事例を4つ紹介します。

3-1.不正入手したiPhone

iPhoneはスマホのなかでも比較的高価な部類に入ります。そのため、悪意を持った人物が売却を目的にして盗みを働くケースがないわけではありません。
当然のことながら、そうした行為は違法行為であり、警察の処罰の対象です。盗品のiPhoneを扱ってしまった業者も事情聴取などを受ける可能性があり、営業活動に支障をきたす可能性が考えられます。そのため、業者によっては独自のシステムでほかの店舗と連携をとって、製造番号から被害届の有無を紹介するところもあります。

買取を依頼したときに盗品だと判断された場合には、いかなる理由があっても買取してもらえません。
また、買取が成立してしまったあとに、盗品だということが分かったときは業者側から被害届を提出される恐れもあります。万が一、中古のiPhoneを盗品だと知らずに購入していた場合でも同様なので、気を付けましょう。

3-2.iPhoneを探す機能がオン

手持ちのiPhoneの所在が分からなくなったときに便利なのが「iPhoneを探す機能」です。しかし、買取ってもらうときはiPhoneを探す機能をオフにした状態でないといけません。その理由は、iPhoneを探す機能がオンの状態だと、その機種を次に使う人が以前の持ち主のIDとパスワードが必要になってしまうからです。

iPhoneを探す機能はもともと落としたり、紛失したりしてしまったときのことを想定しています。そのため、持ち主以外の人に簡単に設定をいじられないように、IDとパスワードを入力する仕様になっているのです。故障して画面がまったく映らない状態になってしまうとiPhoneを探す機能をオフにできず、そのままでは買取ってもらえないというパターンがよくあります。

3-3.料金滞納しているiPhone

端末代金の残額がまだ残っているケースは、業者で買取ってもらうことはできません。本来、端末代金の支払い義務者は購入した人になりますが、売却して所有権が移ることで発生する無用なトラブルを避けるためです。業者側にとってiPhoneを買取るのは、基本的に安く買って高く売ることを目的にしています。
買取金額以外の部分で支払う費用が発生してしまっては、利益が出るどころか赤字になってしまうかもしれません。そのため、料金の未納や料金滞納のiPhoneは買取を拒否されるケースがあります。どうせいつかは支払わなくてはいけない料金なので、買取ってもらう確率を高めるためにも、事前に支払っておきましょう。

3-4.ネットワーク利用制限がかかっている

不正な契約をしたり、料金の支払いが滞っている場合は、通信や通話といった機能が制限される「ネットワーク利用制限」がかかっていることがあります。
ネットワーク利用制限は端末ごとにかけることができるので、そのままでは後に利用するユーザーも不便です。そのため、ネットワーク利用制限がかかっている端末は基本的に買取ってもらえません。ネットワーク利用制限の確認方法は、まずiPhoneの「設定」から「一般」メニューを開きます。

次に画面上部に記載されている「情報」を選択し、「IMEI」の番号を確認しましょう。それぞれのキャリアは、IMEIに記載されている番号でネットワーク利用制限を管理しています。
キャリアにはネットワーク利用制限を確認できる専用のサイトが用意されているので、IMEIの番号を入力して検索すれば、現在の状況が分かります。

4.iPhone買取依頼時の注意点

2-4

買取できるiPhoneと買取できないiPhoneの違いが分かったら、実際に買取ってもらうために業者に持ち込んでみましょう。
ただし、iPhoneを買取ってもらうためにはいくつかの手続きが必要で、あらかじめ準備しておかなくてはいけないポイントがあります。事前準備をしっかり行って、スムーズに買取ってもらいましょう。

4-1.本人確認書類の用意

iPhoneを買取ってもらう行為は古物営業法に該当します。古物営業法とは、中古品の売買に関して適用される法律です。リサイクルショップや質屋などは、その営業形態から盗品が持ち込まれることもよくあります。そのため、買取を希望する人の本人確認をして、帳簿に記録しておくことが義務付けられているのです。
買取が成立するときは、必ず免許証や保険証などの本人確認書類が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

また、未成年者は民法上、法定代理人(一般的には両親)の同意なしで行った契約を一方的に取り消すことができます。
つまり、iPhoneを売却したあとで、「買取ってもらったことをなかったことにして欲しい」といわれると、業者側はそれに応じなければいけません。
毎回、そのようなことが起きると業者側はスムーズな営業ができなくなります。そのため、未成年者が買取を依頼する場合、一般的に保護者の同意が必要です。保護者と一緒に店舗を訪れるか、同意書を書いてもらって持参しましょう。

4-2.iPhoneの初期化

iPhoneを買取ってもらうときに、必ず行っておきたい操作が「初期化」です。
初期化とは、「iPhoneを購入したときのデータが何も入っていない状態に戻すこと」です。初期化をしないと、自分はもちろん、電話帳に登録されている家族や友人といった大切な人のデータが第三者に渡る可能性があります。実際に買取ってもらう前に、必ず初期化をしてデータを盗まれないように対策しておきましょう。

また、個人情報保護法の成立以後、業者側も個人情報の保護には敏感になっています。初期化されていないiPhoneは個人情報の塊といえるので、そもそも取り扱いを嫌がって買取ってもらえないケースも多いです。確実に買取ってもらうためにも、初期化しておくほうが無難だといえます。
ただし、一度初期化したデータは元に戻りません。売るのをやめた場合に困る可能性もあるので、自己責任で行いましょう。

4-3.データのバックアップを取る

初期化をすることで、第三者に大切なデータを知られるリスクをなくせます。しかし、初期化をするとiPhoneからすべてのデータが消えてしまうため、事前にバックアップを取っておくことは必須です。
バックアップを取っておかないと、新しいiPhoneを購入したときに、連絡先を登録することができません。連絡先が登録できていないということは、相手から電話がかかってきたときも番号だけの表示になってしまいます。すると、誰からかかってきているか一目では判断できません。

電話を取るたびに毎回相手の確認をするのは非常に大変です。そのような手間をかけないためにも、事前にバックアップをとっておきましょう。
バックアップには、「パソコンを使用する方法」と「iCloudを使用する方法」の2つがあります。復元方法と合わせて、自分が利用しやすい方法を選ぶとよいです。

5.壊れたiPhoneの買取の方法について

お財布とスマホ

壊れてしまったiPhoneを買取ってもらう方法は、主に「店頭受付」と「郵送」の2つがあります。それぞれの特徴を理解したうえで、実際に利用してみましょう。

5-1.店頭受付

店頭受付はその名のとおり、実店舗に壊れたiPhone持参して買取可能かどうか査定してもらう方法です。
買取ってもらえる店舗はアップルストアや各キャリアの店頭、買取専門業者などがあります。店頭受付を利用する最大のメリットは、査定の結果がその場で分かることです。買取可能かどうかや買取金額についてすぐに判明するので、実際に売るかどうかを判断しやすくなります。

また、複数の店舗を回って買取金額を比べやすいのも特徴で、できるだけ高く売りたい人にも向いています。
近隣に店舗が存在しないと利用できない点だけはデメリットですが、来店できる場合にはおすすめの方法だといえます。

5-2.郵送

店舗受付には「結果がすぐに出る」「複数店舗の買取金額を比べられる」といったメリットがありますが、近隣エリアに買取ってくれる店舗がなければ利用できません。そのような場合に有効な方法が「郵送での買取」です。
アップルストアや各キャリア、一部の買取業者では郵送での買取にも対応しています。郵送で送る際は「iPhone本体(SIMカードは抜いておくこと)」と「本人確認所(免許証など)」、「買取申込書」などが必要です。必要書類は各事業者によって異なりますので、事前に問い合わせてから利用するほうが無難だといえます。

ただし、郵送のデメリットとして結果が出るまでに時間がかかるので、注意しましょう。
結果が出る期間も事業者によって異なりますが、1~2週間程度かかるケースも珍しくありません。また、郵送にかかる費用も基本的には本人が負担することになる点もデメリットです。

6.故障したiPhoneでもとりあえず査定に出そう!

iPhoneは故障していても、修理や分解して部品の再利用が可能です。不具合の状態にもよりますが、「画面が割れた」「電源が入らない」「水濡れで操作ができなくなった」といった故障でも買取ってもらえるケースは珍しくありません。

iPhoneは数あるスマホのなかでも人気のある機種なので、思っているよりも高額で買取ってもらえるケースもあります。
少しぐらい壊れたからといって買取を諦めてしまうのは、非常にもったいないです。初期化やデータのバックアップなどの注意事項を忘れずに実行したうえで、店頭受付や郵送といった方法を活用してまずは査定に出してみましょう。

iPhone修理専門店はコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

iPhone修理がはじめての方はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM