iPhoneのバッテリーを交換したい!方法と費用を解説!

1_1_1_40316856
iPhone修理【サービス比較】

iPhoneのバッテリーは、長期間使用していると劣化していきます。そのため、ある程度期間が経ったらバッテリーを交換する必要があるでしょう。しかし、どうすればスムーズにバッテリー交換ができるのかわからないという人は多いのではないでしょうか。また、とりあえず自分で修理しようと思っている人もいるかもしれません。しかし、自分で修理をするのは、非常にリスクが高いです。そこで、今回はiPhoneのバッテリーを交換する方法や、費用について解説します。

iPhoneでバッテリー交換が必要な理由

iPhoneのバッテリーは消耗品のため、長く使用すれば確実に寿命が近づいてきます。そのため、長く使おうと思えばいずればバッテリーの交換を行わなければなりません。交換なしで使い続けると1回の充電で使用できる時間が短くなるため、何度も充電をする必要が生じますし、外で電源が切れる可能性も高くなります。バッテリーが消耗すると非常にiPhoneが使いづらくなるため、機を見てバッテリー交換を行いましょう。バッテリー交換の時期は、個々の使用頻度によって大幅に異なります。

iPhoneを使用する頻度が多い人ほど、バッテリーの消耗は激しくなります。仕事で使う機会が多かったり電話をすることが多かったりする人は、バッテリー交換の時期が早く訪れることになります。逆に、ほとんどiPhoneを使用しない人は、バッテリーを長持ちさせることが可能です。簡単なネットサーフィンやメールの送受信などにしか使わないという人は、バッテリーの消耗はそこまで激しくはありません。ただし、使用頻度に関わらず、年月が経てばどうしてもバッテリーは劣化していきます。使い方に関係なく、バッテリーは交換しなければならないものだということを頭に入れておきましょう。

iPhoneでバッテリー交換するタイミングの目安

充電してもすぐに電池を消耗してしまう場合は、バッテリー交換が必要かもしれません。最初はわずかな差かもしれませんが、バッテリーは劣化すればするほど消耗が激しくなり、最終的には、充電してもすぐに電池が切れてしまうというような状態になります。常に充電しながら使用しなければならない状態になる前に、バッテリーの交換をするようにしましょう。

バッテリーが消耗すると、電波の強度に関わらず操作のレスポンスが遅くなります。通信環境は問題ないのにアプリの起動などに少し時間がかかるようになったという場合は、バッテリーの消耗を疑ったほうがよいでしょう。バッテリーの消耗が原因でレスポンスが遅い場合は、通信環境を変えても改善することはできません。1度や2度なら反応が遅くても問題ありませんが、毎回操作が遅れるとストレスがたまってしまいますよね。あまりにも操作のレスポンスが遅いようなら、バッテリーの交換を検討してみましょう。

バッテリーが消耗すると、バッテリーの残量表示にも変化が生じます。例えば、100%充電が完了していると表示されているのに、充電ケーブルを抜いてすぐに残量表示が減ってしまうなどです。また、十分に電池残量が残っているのにいきなり電源が切れてしまうという場合もあります。バッテリーが消耗すると、正確に電池残量を把握できなくなってしまうのです。電池残量の表示が不確かだと、常に電源が切れる不安に悩まされることになりますよね。そのようなストレスを抱える前に、残量表示がおかしくなったらバッテリーの交換を早急に行いましょう。

iPhoneのバッテリー消耗を抑えるポイント

なるべく電池残量が少なくなってから充電すると、バッテリーの消耗を抑えることが可能です。iPhoneには、リチウムバッテリーが使用されています。リチウムバッテリーは、バッテリー残量が多いまま何度も充電をすると、充電できる容量が減ってしまうという特徴があります。そのため、電池残量がある程度減ってから充電することで、バッテリーを長持ちさせることができるのです。

また、電池残量が少ない状態で放置することでも、バッテリーの劣化を招いてしまいます。例えば、電池切れのまま長期間充電せずに放っておくと、バッテリーは消耗しやすくなってしまうでしょう。バッテリーの劣化を防ぐために、長期間電源が切れたままの状態にするのは避けるべきといえます。

さらに、ある程度電池残量が減ったら充電し、満タンになったらケーブルを外すことが大切です。充電をしながらiPhoneを操作すると、バッテリーの劣化が早まってしまいます。とくに、ゲームアプリなどバッテリー消耗が激しい操作を行うときは、充電を同時に行うのは危険です。バッテリーを長持ちさせることができるように、充電が完了したらすぐに解除するようにしましょう。

iPhoneのバッテリーを交換する前にしておくこと

iPhoneのバッテリーを交換する際は、データのバックアップは忘れずにとっておきましょう。バッテリーが交換できても、肝心のデータが無事に利用できなければ意味がありません。また、バッテリー交換をする際に、iPhoneが故障してしまうことも考えられます。もちろん、専門の業者に頼めばほとんど壊れる心配はいりません。しかし、人が行うことですから、100%無事にバッテリー交換ができると断言することはできないでしょう。データは持ち主だけのものですから、業者側がデータを戻したり何らかの保証をしたりすることはできません。自分のデータは自分で守らなければならないことを覚えておきましょう。

パスワードなどを保存している場合は、しっかりと書き出しておくことが大切です。iPhoneをバッテリー交換に出しているときは、当然ですがiPhoneを使うことはできません。そのため、ログインしたいサービスがあるときには、タブレットやノートパソコンなど、ほかの端末を使うことになります。そのときに必要なIDやパスワードをiPhoneにのみ保存していた場合、忘れてしまってログインできなくなる可能性があるでしょう。バッテリー交換が終わってiPhoneが手元に帰ってくるまで、確認することはできません。また、仮にiPhoneが故障してしまい、データが消えてしまった場合は、2度とIDやパスワードを確認することができなくなってしまいます。

もちろん、ほかの端末で利用したいサービスのパスワードを変更したりIDを確認したりして、ログインすることはできます。しかし、必要事項を入力しなければならないので、非常に手間がかかることになるでしょう。再設定するための手順が複雑だと、時間をかけた挙句にログインできないということにもなりかねません。スムーズに作業を進めるためにも、iPhpneに保存しているIDやパスワードはしっかりと書き出しておきましょう。

iPhoneのバッテリー交換は「あいさぽ」がおすすめ!

iPhoneのバッテリー交換を頼むなら、「あいさぽ」がおすすめです。あいさぽなら、バッテリー交換が最短10分で完了します。
iPhoneをバッテリー交換に出してしまうと、その間は友人と連絡が取れなくなったりアプリが利用できなくなったりするので、できるだけ早く交換してもらいたいですよね。しかし、業者選びを間違ってしまうと、バッテリー交換に時間がかかってしまい、自由に行動できなくなってしまいます。最短10分という非常に短い時間でバッテリー交換ができるのは、あいさぽならではの嬉しいサービスといえるでしょう。

また、全国に約70店舗展開しているので、比較的近い距離に店舗があることが多いといえるでしょう。評判のよい業者でも、あまりにも家から遠いと店舗に行くのに時間がかかってしまい、不便に感じてしまうことがあります。あいさぽは全国各地に店舗があるので、すぐにバッテリー交換を依頼できる可能性が高いです。さらに、宅配修理も全国対応で行っているので、万が一店舗が遠い場所にしかなくても安心して依頼できます。あいさぽのすごいところは、宅配修理の際に、利用者側に余計な費用を一切請求しない点です。

あいさぽの宅配修理サービスでは、往復の送料が無料のため、安心して修理を頼むことができます。また、代引き手数料も無料のため、基本的に宅配であっても、バッテリー交換の費用のみ用意すればよいでしょう。宅配サービスを利用する際に気になるのが、この送料や手数料の問題です。これらのことがネックになって、便利なのに宅配サービスを利用できないという人は多いのではないでしょうか。あいさぽなら送料・手数料がかからないので、積極的に宅配サービスを利用するとよいでしょう。店舗に行く時間がないときや家を離れられないときなどは、非常に重宝するサービスです。

あいさぽでは、修理完了後6カ月間は、再修理に余分な費用がかからない保証が用意されています。万が一部品に不具合などがあった場合には、無料で再修理をしてもらうことが可能です。また、バッテリー交換と同時にiPhone内部のホコリなどをクリーニングしてもらうことができます。どんなに清潔に使っていても、内部にはどうしても細かい汚れがついてしまうものです。あいさぽで修理すれば、同時に内部クリーニングを行ってもらえるので、より清潔な状態でiPhoneを使用することができます。

さらに、水没など乾燥作業が必要な場合を除いて、内部の状態の調査費用も一切かかりません。このように、あいさぽはさまざまなサポートを受けることができる、コストパフォーマンスの高いサービスなのです。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツ

iPhoneは極端に温度が高かったり低かったりする環境で使用すると、バッテリーの負担が大きくなります。とくに、極端に高温な場所では、iPhoneの電源は自動的に切れるようになっているのです。例えば、夏場に車内にiPhoneを放置してしまうと、バッテリーの急激な劣化を引き起こすかもしれません。iPhoneは、気温0度から35度の環境で使用することが推奨されています。そのため、できる限り推奨されている環境でiPhoneを使用するようにしましょう。

また、iPhoneは定期的にソフトウェアのアップデートを行っています。そして、そのアップデートの中には、新しい節電技術が含まれていることがあるのです。そのため、ソフトウェアのアップデートを欠かさず行うことで、バッテリーを長持ちさせることができる可能性があります。アップデートには常に最新の情報や技術が盛り込まれていますから、バッテリーの問題に関係なくアップデートしたほうがお得ですよね。費用がかかるわけではありませんから、アップデートの知らせがきたら忘れずに行うようにしましょう。

iPhoneをケースに入れている人は、充電するときにはケースを外すのが賢明です。ケースを付けたまま充電をしてしまうと、ケースによってこもった熱によってiPhoneが高温の状態になってしまいます。iPhoneが熱を持った状態が続くと、バッテリーの劣化スピードを速めてしまいます。バッテリーを長持ちさせるためにも、充電中はケースを外すようにしましょう。

自分でバッテリー交換はできる?

iPhoneのバッテリーは、専用の工具があれば自分で修理することが可能です。自分で修理すれば修理費用が一切かからないので、費用面では一番お得といえるかもしれません。しかし、自分で修理する際には、自分で市販のものを購入する必要があります。そして、市販のバッテリーの中には、不良品が混ざっている可能性があります。そのため、自分で修理すると性能が十分でないバッテリーを取り付けてしまう場合があるでしょう。

機能が十分に働かないバッテリーに交換してしまうと、結局すぐに別のバッテリーに交換する必要が生じます。その後、交換したバッテリーがまた不良品だった場合は、またすぐに交換することになりかねません。質のよいバッテリーを見つけることができなければ、専門の業者に依頼するよりも費用がかかってしまうことがあるので、注意が必要です。また、自分で修理するためには、自分でiPhoneを開かなければなりません。そのため、iPhoneに関する豊富な知識を持っていなければ、故障の原因になってしまう可能性が高いです。

iPhoneが自分で修理できないレベルまで故障してしまった場合、専門業者に頼むことになるでしょう。そうなると、バッテリー交換費用だけでなく、自分が壊してしまった部分の修理費用も必要になります。このように、自分で修理すると、余分な費用が発生してしまうことになりかねません。バッテリー交換は、自分でやるよりもプロの業者に頼んだほうがコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

バッテリーは必要に応じて交換しよう!

iPhoneのバッテリーは長く使えば必ず交換しなければならない時期がやってきます。しかし、使い方次第で長持ちさせることは可能なので、ぜひ今回紹介した注意点や方法を覚えておきましょう。また、バッテリー交換が必要になったら、「あいさぽ」を利用するのがおすすめです。気に入っている機種を長く使えるように、必要に応じてバッテリー交換を行いましょう。

iPhone修理についてはコチラ>

バッテリー交換修理はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM