iPhone 7の本体が熱い!発熱する原因と対処法は?

iPhone7が日本で2016年9月に販売が開始されました。日本国内では相変わらずの人気を誇っているiPhoneですが、ユーザーの評価を見ると「iPhone7が発熱した」というものが散見されます。

どうやら、背面カメラの下あたりが「持ってはいられるけれど、使用していて気になるぐらい」発熱することがあるようです。そこで、発熱する原因や対処法についてまとめてみました。

iPhone 7本体が熱くなるのはなぜ?発熱する原因は何?

iPhone本体が熱くなる原因ははっきりとは分かっていませんが、よくいわれているのはiPhone7から導入された防水機能に関係があるということです。防水機能を搭載するということは、空気の入るすき間を塞ぎ密閉しなければなりません。

そのため、以前のiPhoneで行うことのできた空気循環によって冷やす「空冷」を行うことができなくなったのです。それによって、内部の温度が上がり本体が熱くなるといわれています。ほかにも、iPhoneが高性能化していくことによって内部のCPUの発熱量が増えていることも原因のひとつだと考えられています。

発熱は故障なの?放置しても大丈夫?

iPhoneを持っていて、やけどするぐらい熱くなってしまうことがあれば故障だと考えた方がいいですが、手に汗をかく程度の熱さであれば故障とはいえません。ただし、発熱した状態のまま使用を続けると、動作が遅くなったりアプリケーションが勝手に終了してしまったりといった不具合を起こすことがあります。

特にカメラ機能は、CPUに負荷がかかる処理を行うため発熱量が高くなりがちです。そのため、不具合を起こすケースが多いといえます。発熱が長時間に渡って続くとCPUが破壊され、最悪の場合壊れてしまうことも考えられますので、放置しておくのは得策とはいえません。

iPhone 7を冷やすには?本体の冷まし方!

iPhoneケースを付けて利用すると保温効果が高まってしまいますので、温度が高いと感じたら一時的にでもiPhoneケースから取り外してみるのも方法のひとつです。とはいっても、「メンドクサイ」とか「iPhoneケースにこだわりがある」という人もいると思いますので、そういう人の場合は、アプリをこまめに終了させるという解決策があります。

先ほど述べたように、CPUが処理を行うことによって熱を発生させていますので、CPUが処理を行うアプリを減らすことによって発熱を抑えることができるのです。アプリを終了させる方法は、ホームボタンを2回ほど素早く押すと現在起動しているアプリが表示されますので、ひとつずつ消去していきましょう。

不具合報告がされているiPhone 7!発熱する原因は不具合かも

iPhone7はほかの機種と比べても、比較的不具合報告が多い機種です。日本ではまだあまり問題になっていませんが、海外では発熱以外にも騒音問題が話題になったこともありました。

そのため、利用者本人の過失や事故による損傷ではない場合の不具合に関しては、該当するモデルの場合であればAppleが無償で部品交換に応じてくれることもあります。過去に発売されたiPhone5などでは実際にバッテリーを無償交換したこともありますので、今回も無償交換してくれる可能性は高いといえます。

どうしても直らない時は?iPhone修理専門店へ問い合わせを

高温になってしまったときの対処法でも直らない場合、そのままにしておくとiPhoneが壊れてしまう可能性があります。
iPhone修理の専門店にできるだけ早く問い合わせをし、修理に出しましょう。

まとめ

iPhone7は防水機能が搭載されたことにより、雨の日や水辺で遊ぶときでも、それほど意識せずに使用することが可能になりました。利便性を追求した結果、発熱するという問題が発生しているようですが、起動しているアプリに異常をきたさない程度であれば気にする必要はないでしょう。

しかし、アプリが途中で勝手に終了したり動作が極端に遅くなったりした場合には、そのまま放置しておくのは危険です。何らかの対策を検討した方が無難ですので、必要に応じてAppleサポートへ連絡するようにしましょう。

iPhoneバッテリー交換修理についてはこちら>

iPhone修理専門店はコチラ>

iPhone7の修理はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM