iPhoneの本体交換なら!エクスプレス交換サービスが便利って本当?

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneを交換してもらえるエクスプレス交換サービスを、詳しく知っているでしょうか。このサービスを利用すれば、よほどひどい状態の端末でない限り、低コストで故障したiPhoneを新品に交換可能になります。利用できる条件や利用料金、利用方法などを説明します。

iPhoneのエクスプレス交換サービスって何?

エクスプレス交換サービスは、Appleの保証サービス内に設けられている特典の一つです。iPhoneにはもともと、購入してから1年間の保証が付いています。

しかし、端末を購入するときにAppleCare+という保証サービスにも加入しておくと、保証期間が1年伸び、さらに回数制限はありますが、修理の際にその価格が低くなるなどの特典が付くのです。エクスプレス交換サービスもAppleCare+の特典の内容に含まれていて、利用すれば修理料金はかかりますが、購入するより安い価格で新品のiPhoneと交換してもらえます。

また、壊れたiPhoneを引き取りに来る宅配業者が交換する新品の端末を届けてくれるので、修理の間iPhoneが使えないといった不便さを味わうこともありません。

エクスプレス交換サービスにかかる料金はいくら?

エクスプレス交換サービスでは、サービスそのものには利用料金というものは発生しません。交換理由が端末の初期不良のような、保証対象の不具合にも料金はかかりません。

しかし、それ以外の過失や事故などの理由で故障し、エクスプレス交換サービスを利用する場合は、AppleCare+既定のサービス利用料金を支払う必要があります。

その料金は、AppleCare+のサービス対象になっている画面やカメラなどの故障については、iPhone 5以降の機種に対しては税抜きで一律1万1,800円となっています。

対象外の故障が理由のときは、保証対象外修理サービス料金となり、大体3~4万円ほどとなります。iPhone Xなどは保証外修理サービスの料金はもっと高くなっていますが、それでも新品を購入するよりはだいぶ低価格といえます。

サービス利用の前に準備しておくこと

エクスプレス交換サービスを利用するときには、事前にいくつかの準備が必要です。

まずサービスに申し込む際に、クレジットカードを登録しなければなりません。エクスプレス交換サービスでは、端末が改造されていたり、まったく手が付けられないほどのひどい壊れ具合だったりした場合は、交換した新品の端末の価格を請求されることがあります。

サービス利用時には旧端末の状態の確認が済むまで、新品の価格分、仮請求という形でクレジットカードの与信枠が減らされるのです。旧端末に問題がないとわかれば、それは解除されます。また、届けられる新品の端末は新しく購入する場合と同じ状態です。

サービスでは旧端末のデータを移してくれるわけではないので、自分であらかじめ失いたくないデータはバックアップしておかなければなりません。それが済んだら、「iPhoneを探す」を無効にしましょう。「iPhoneを探す」をオンにしたままだと、端末にアクティベーションロックというセキュリティーロックがかかったままになり、修理ができなくなるためです。

サービス利用のためにiPhoneを発送する方法

エクスプレス交換サービスは、交換になるとはいえ配送修理ということになっています。しかし、自分で荷造りするようなことはありません。Appleに指定された配送業者が、旧端末を引き取りに来てくれるからです。新品の端末とそのときに交換になるので、バックアップなどの準備をしっかりしておいて、待っていれば良いのです。

エクスプレス交換サービスを申し込めば、配送に関しての案内も届けられます。もし、バックアップなどでわからないことがあれば、サポートに連絡してアドバイスを受けましょう。

交換が必要なら積極的に利用しよう

エクスプレス交換サービスは、iPhoneで利用できる手厚いサービスです。iPhoneは常に身に付けて持ち歩くために、何かのはずみで故障するリスクも高いものです。多少の傷など、交換しなくて良い程度のトラブルで済めば良いですが、そうとは限りません。

また、残債がかなりある状態でiPhoneを壊してしまうと、ショックも大きくなり再購入は頭の痛い事柄になります。交換が必要になるほどの故障が起きたときのために、エクスプレス交換サービスについて理解しておき、もしもの場合に役立てましょう。

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧