iPhoneの修理は正規店と非正規店のどちらへ行った方が良いの?

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneが壊れてしまったり調子が悪くなったりしてしまったら、なるべく早く修理したいですよね。でも、修理には時間も費用もかかるので、どこに修理に出すのがよいのかわからないという人も多いでしょう。iPhoneの修理は、正規店だけでなく非正規店でも行うことができますが、どちらへ行くのがよいのでしょうか。そこで、この記事では正規修理店と非正規修理店の特徴や違い、「あいさぽ」を選ぶメリットなどを紹介します。

1.iPhoneの故障の種類

iPhoneの故障にはいくつかのパターンがあり、状況によって修理方法は異なります。ここでは、どのような故障のパターンがあるのかを説明します。最初に挙げられるのは、iPhoneが全く反応しなくなるパターンです。画面が真っ暗になってしまって電源ボタンをしても起動しない、電源は入るものの画面にタッチしても何も反応がないというような状況です。このような故障は、最も急を要するケースでしょう。

次に挙げられるのは、iPhoneの調子が悪くなるパターンです。画面表示が暗くなってしまったり、フル充電したはずなのにすぐバッテリー切れになってしまったりというような状況です。また、画面が度々フリーズする、文字入力の際のスピードが遅くなるといった症状を起こすこともあります。このような不具合は、特定のアプリを使用しているときにだけ起こることもあれば、そもそもアプリの起動ができないケースもあります。

修理の方法は故障のパターンによって変わりますが、故障したタイミングもどう対応すべきかの判断材料のひとつです。例えば、まだ新品のうちに故障してしまうケースが稀にあります。この場合は初期不良が疑われますので、購入時についているメーカー保証の範囲について確認してみるとよいでしょう。今まで普通に使っていたのに急に壊れた場合は、最近iPhoneを落とすなどして強い衝撃を与えたことがなかったかどうか思い出してみましょう。本体に凹みがあったり、画面のガラス部分にヒビが入っていたりしたら、それが故障の原因かもしれません。

2.故障したときの対処法

iPhoneの故障は、自分で対応できる場合とそうでない場合とがあります。基本的には、物理的な故障でなければ自分で対応できる場合が多いと考えて問題ありません。アプリの動きが悪かったり、どことなくiPhone全体の調子が悪かったりというようなときは、まず本体の再起動を試してみましょう。再起動とは、iPhoneの電源を一旦切り、もう一度電源を入れる操作のことです。この操作によって、軽微な不調であれば調子のよい状態に戻すことができます。なお、操作手順は機種ごとに異なりますので、わからない場合はAppleのサポートページで確認が必要です。

画面がフリーズしてしまっていて再起動の操作ができない場合は、本体をリセットする方法があります。リセットとは、iPhoneの動作を強制的に停止させ、本体の起動からやり直す操作のことです。リセットは再起動に近いものなので、この操作によってiPhoneの調子が戻る場合があります。リセット方法は機種によって異なりますので、手順が不明な場合はAppleのサポートページで確認しましょう。なお、リセットによって保存済みのデータが消えることは基本的にありませんが、まだ保存していないデータは消えてしまうので注意が必要です。

再起動やリセットを試してもiPhoneの調子が戻らない場合は、データの削除が必要かもしれません。特定のアプリだけ調子が悪いという場合は、アプリのアップデートが出ていないか確認してみましょう。すでに最新バージョンのアプリを利用しているにも関わらず不具合があるときは、そのアプリを一旦削除して再インストールすると問題が解消する場合があります。ただし、アプリ内のデータはアプリを削除するときに一緒に消えてしまうので注意が必要です。

特定のアプリに限らず全体的に調子が悪い場合は、本体の復元が必要かもしれません。復元とは、iPhoneを工場出荷時に近い状態に戻す操作です。ただし、復元を行うとこれまでiPhoneに追加したアプリやデータはすべて消えてしまいますので、事前にバックアップをとっておかなければなりません。また、復元を行ったあとにバックアップしたアプリ・データを書き戻す処理も自分で行わなければならない点に注意が必要です。なお、復元の操作はあくまで自己責任で行なってください。

3.自身で直せない種類の故障とは?

本体を落下させた衝撃で表面のガラスにヒビが入ってしまったり、画面の一部にノイズなどの乱れが生じたりというようなケースは、本体の物理的な故障です。また、水没した後で電源が入らなくなってしまった場合も、物理的な故障の可能性が高いと考えられます。このような状態になってしまうと部品の交換などの対応が必要になるため、自分で修理するのは難しいでしょう。

落下や水没がなかったとしても、iPhoneを長期間にわたって使っていれば物理的な故障が起こることはあります。例えば、電源まわりが劣化してくるとバッテリーの減り方が早くなってきたり、充電自体ができなくなってしまったりということが起こります。ホームボタンやサイドボタンを押しても反応しない、または反応が悪い場合は、ボタンまわりのセンサーが故障しているのかもしれません。ヘッドフォンは使えるのに本体から音が出ないという場合は、スピーカーが壊れていることも考えられます。

このようなさまざまな症状について、それが物理的な要因によるものなのかどうかを簡単につきとめる方法はありません。しかし、物理的な故障は再起動やリセットを行っただけでは直らないのが普通なので、再起動やリセットの操作を試してみれば、ある程度の判断材料にはなります。自分でできる範囲内で対応しても問題が解消しない場合は、修理店でプロに相談して詳しく調べてもらうのがよいでしょう。

4.正規修理店の特徴

iPhoneの修理は、正規修理店または非正規修理店で依頼することができます。正規修理店とは、iPhoneのメーカーであるAppleの直営店や、iPhoneを購入した携帯キャリアなどを含む正規サービスプロバイダのことです。修理を頼むなら、非正規店よりも信頼性の高い正規修理店のほうがよさそうなイメージがありますが、実際にはメリットもデメリットもあります。

正規修理店では、メーカーによる保険・保証サービスが利用できる点はメリットといえます。保証期間内に故障した場合や、初期不良のため本体の交換が必要な場合には、無償で対応してもらえるケースも多いでしょう。また、修理で使用する部品はすべて正規品のため、部品交換によって問題が起こる可能性も低いといえます。しかし、一般的に正規修理店での修理には時間がかかります。iPhoneを毎日使うという人にとっては、修理に何日もかかってしまうのはデメリットに感じるでしょう。

また、正規修理店に修理を依頼した場合は、iPhoneが工場出荷時の状態に戻ってしまうことが多くなります。本体の交換が不要だったとしても、配送業者に頼んでiPhone本体を送付し修理してもらう配送修理では、規定により修理に出す前に自分でデータを消去しておかなければなりません。正規修理店で修理を行う際は、データのバックアップ・移行作業が必要になると考えたほうがよいでしょう。部品の交換で直せる故障内容であっても、修理費が高くつくなどの理由で本体を買い換えざるを得ないこともあります。

5.非正規修理店の特徴

非正規修理店に修理を依頼する場合には、よい部品を使ってもらえるのか心配という人も多いかもしれません。たしかに、正規修理店であれば使用する部品も正規品になります。しかし、非正規修理店であっても必ず正規品と互換性がある部品が使用されていますので、修理後の動作については基本的に違いがありません。修理内容によっては、入手ルートが違うだけで全く同じ部品が使われているということもあります。

ただし、一度でも非正規修理店で修理をしてしまうと、その後は正規修理店での保証が効かなくなる場合がある点には注意が必要です。まだ保証期間が残っている場合には、この点が非正規修理店で修理を行う際のデメリットになるでしょう。しかし、独自の保証サービスを展開している非正規修理店もありますので、そのような店舗を選べばデメリットを減らせるでしょう。

修理にかかる時間が短い点は、非正規修理店の特徴のひとつです。本体を店舗に直接持ち込めばすぐに修理してもらうことも可能なので、待ち時間は少ないといえます。特に、急な故障で少しでも早く修理を依頼したいという場合には、非正規修理店ならメリットがあるでしょう。また、iPhoneに保存されているアプリやデータが消去されることは基本的にないという点も、非正規修理店のよいところです。本体まるごとの交換ではなく、故障箇所を部品単位で交換する方法で修理を行うため、保存されているデータを残すことができるのです。

6.正規修理店と非正規修理店の違い

正規修理店と非正規修理店では、修理を依頼する際にどのような違いがあるでしょうか。正規修理店は、iPhoneのメーカーであるAppleが認めたものですから、どの店舗を選んでも一様に信頼性が高いといえます。適切なスキルを持ったスタッフに修理を頼めることや、修理作業の質については安心感があるでしょう。一方、非正規修理店はメーカーが認めた店舗ではありませんが、だからといって信頼性が低いとは限りません。スキルと実績のある店舗を選べば、安心して修理を任せられるでしょう。

修理にかかる費用については、非正規修理店のほうがやや安くなるのが一般的です。そのほかの主な違いとしては、正規修理店にはメーカー保証があること、非正規修理店では本体内のアプリやデータを消さずに短い時間での修理が可能なことが挙げられます。まだiPhoneを購入したばかりの初期不良のケースや、メーカー保証で無償での交換が可能な場合以外は、正規修理店ではなく非正規修理店を利用するほうがメリットがあるかもしれません。

7.あいさぽを選ぶメリット

「あいさぽ」は、iPhoneの修理を専門で行っている修理店です。2019年にはサービス開始から8周年を迎え、修理実績は60万台にもなります。多くのメディアで取り上げられるなど、iPhone修理サービスのパイオニアとしても知られていますから信頼感があって安心です。iPhoneが故障したときには、「あいさぽ」で修理をすると、ほかにも多くのメリットがあります。

iPhoneが故障した場合、多くの人はとにかくすぐに直したいと思うでしょう。あいさぽは、全国に90店舗を展開しています。来店時間をネットで簡単に予約することもできますが、飛び込みでの来店も可能です。修理内容にもよりますが最短10分で修理をしてくれますので、忙しい人でもちょっとした空き時間に立ち寄ることができとても便利です。また、iPhoneの内部を調査する費用は無料なので、iPhoneの調子が悪いときには気軽に店舗で相談してみるとよいでしょう。近くに店舗がない場合は、宅配修理も受け付けています。往復の送料や代引き手数料も無料で基本即日修理なので、余計な費用がかかることもなく短期間で修理ができます。

iPhoneの修理をするときには、既存のアプリやデータなどが消えてしまわないかも心配ですね。修理前には念のためバックアップを取っておいたほうがよいですが、あいさぽなら水没による重度故障や基盤の故障の場合以外は、基本的に既存のデータを残したまま修理することが可能です。その上、部品単位で交換や修理を行うためメーカーと比べて最大で80%も安く修理が行えるだけでなく、修理の際はiPhone内部のクリーニングも行ってもらえます。

さらに、あいさぽには「永久不滅保証サービス」というオリジナルのサービスがあるのも嬉しい点です。永久不滅保証サービスは、あいさぽで修理を行ったすべての人が受けることができます。一度あいさぽで修理を行うと、その後は期間無期限で修理金額から5%割り引いてくれるのです。また、修理完了後6カ月間は、部品の不具合があった場合の再修理が1回無料になるなど、アフターフォローも万全です。

8.iPhoneの修理はあいさぽを選ぼう!

iPhoneの故障にはいくつかのパターンがあります。自分で直せるときもありますが、液晶のガラス割れや画面のちらつきなどの表示不良、充電できないなどの症状のときには修理が必要です。iPhoneの修理は、非正規店で行うと待ち時間が短く修理料金も安く抑えられるというメリットがあります。

中でも、2019年でサービス開始8周年を迎えた「あいさぽ」は、60万台を超える修理実績と信頼感のあるおすすめの修理店です。全国に90店舗あり、持ち込みでの即日修理が可能なほか、部品単位で交換修理を行うため修理料金が安く済みます。また、データを残したまま修理ができ、オリジナルの保証サービスが付いているところも嬉しい点です。低予算で修理したい人や、なるべく短い時間でiPhoneを修理したい人は、「あいさぽ」を選びましょう。

アイサポの取材記事はこちら(外部サイト)>

iPhone修理専門店あいさぽについてはコチラ>

メーカーやキャリアと民間修理店の違いについてはコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧