写真がうまく撮れないけれどiPhoneのカメラに不具合ってあるの?

アプリが動いていない場合は?

6_6_2_32985772
カメラアプリを起動すると真っ暗のまま動かない、シャッターを押すことができない、というような場合はアプリが動いていない可能性が高いです。この場合は、カメラレンズなどには問題はないことが多く、たいていはiPhoneのシステム的な問題です。そこでまずは、再起動をしてみましょう。

スリープボタンを長押しして電源を落とし、再びスリープボタンを長押しして電源を入れます。これでも改善されない場合はアプリの再インストールを試してみましょう。ホーム画面でアイコンを長押しし、アイコンの右上に表示される×マークをタップして「削除」を選択します。その後App Storeから削除したアプリを再びインストールしてください。なおアプリを削除すると、アプリ内に保存されていたデータも消去されるため、必ずバックアップをとりましょう。

レンズにゴミがついているかも

写真や動画などの撮影をしたさいに、ゴミのようなものが映ってしまう場合は、カメラレンズに埃などが付着している可能性が高いです。そのためブロアーなどでエアーを吹き付け、埃を取り除きましょう。

また液晶クリーナーなどの柔らかい布でカメラレンズを拭くことも効果的です。カメラレンズに汚れがついてしまうことを予防したい場合は、カメラレンズの保護フィルムを貼っておくと安心です。

ピントが合っていないのはカメラが故障しているから?

6_6_3_16531960
カメラのピントが合わない場合は、さまざまな原因が考えられるのですが、多くの場合はカメラそのものではなく、iPhoneのシステム的な不具合です。そのため、先ほど紹介した再起動とアプリの再インストールを行ってみましょう。

また他のアプリが干渉してカメラアプリに影響を与えていることも考えられるため、余計なアプリを停止します。やり方は、まずホームボタンを素早く2回タップします。するとバックグラウンドで起動しているアプリ一覧が表示されるため、使っているアプリの部分を上にスワイプしてください。これでアプリを停止することができます。

また稀にですが、iOSがカメラアプリのピントに影響を与えることがあります。実際にiOS11.2でカメラのピントが合わない不具合が発生しています。そのためiOSのアップデートも行いましょう。設定アプリから、「一般」、「ソフトウェア・アップデート」、「ダウンロードとインストール」の順にタップし、パスコードを入力後、利用規約に同意するとアップデートが開始されます。

レンズにキズがあるみたい

レンズにキズがついてしまった場合は、交換するしかありません。一応個人で修理することもできるのですが、非常に高い技術が求められるため、業者に修理を依頼するのがよいでしょう。アップルストアなどの正規店で修理すると、AppleCare+に加入している場合は11800円かかります。AppleCare+に加入していない場合はより高額になるため注意しましょう。

まとめ

6_6_4_22666678
カメラに何らかの不具合が生じた際は、まずは再起動、アプリの再インストールを行ってください。たいていはこれで直ります。またカメラレンズに汚れがある場合は綺麗に拭き取りましょう。そしてレンズに傷がある場合は交換しなければ改善しないので修理が必要です。

もし修理に高いお金を使いたくないのであれば、正規店ではなく民間の修理業者を利用してみてください。正規店では1万円以上するところを、民間の修理業者では機種によって異なりますが6000円程度から修理対応してもらえます。もちろんカメラ以外の不具合にも対応できるので、iPhoneで何か困ったことがあれば、気軽に相談してみましょう。

iPhoneの修理はコチラ>

iPhoneカメラ交換修理はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM