iPhoneが再起動を繰り返す!原因と解決策を解明

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneが再起動を繰り返す!その現象とは

1_1_2_27432928
2017年12月2日に日付が変わったタイミングから、日本に限らず世界中でiPhoneに不具合が多発するようになりました。具体的にはiPhoneが勝手に再起動を繰り返すというものです。その他にも、iPhoneの電源が勝手に消える、操作中に突然ロック画面に戻る、クルクルマークのまま動かない、などの不具合が確認されています。しかもこれらの不具合は、30秒から1分の間隔で何度も繰り返し発生します。当然ながら、その間はiPhoneを一切操作することができません。

またこのような現象は2017年12月2日だけでなく、それ以降も日付が変わると同時に発生しています。一体なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。

iPhoneが再起動を繰り返す!原因と解決方法は?

不具合の原因はアプリの通知機能です。iPhoneに搭載されているiOSの内部時計と、一部のアプリに搭載されている通知機能の相性が悪いために、日付の切り替わりと同時に再起動を繰り返すことがわかっています。

解決方法は非常にシンプルで、不具合を起こしているアプリの通知機能をオフにするだけです。しかし、どのアプリが不具合を発生させているのかは分かりません。1つ1つ不具合の有無を確認していくこともできますが、非常に手間がかかるので、全アプリの通知機能を一斉にオフにしてみましょう。

全アプリ通知オフの設定手順

1_1_3_12305573
再起動が発生するまでの30秒から1分の間に、通知設定をすべてオフにするのは非常に困難です。そのため、最初にiPhoneの時間設定から日付を変更します。設定アプリを開き、「一般」、「日付の時刻」の順にタップし、「自動設定」をオフにします。そして日付を手動で12月1日以前に変更しましょう。これでひとまずは繰り返す再起動を止めることができます。

次は実際に全アプリの通知をオフにしていきます。設定アプリを開き、「一般」、「通知」、「アプリ」の順にタップし、「通知を許可」をオフにします。この作業を、インストールしているすべてのアプリに行ってください。

すべてのアプリの通知をオフにしたら、先ほどオフにした日付の自動設定をオンにします。最後に「アプリ」の設定画面に戻って、必要なアプリの通知を1つずつオンにします。「通知が必要なアプリ」の定義は人によって異なるはずですが、メールアプリやLINEのように、通知がなければ不便なアプリと考えると良いでしょう。

iOSは最新版にアップデートしよう!でも注意も必要?

今回の不具合を受けて、Appleは不具合を直すためにiOS11.2のアップデートを配信しました。このアップデートを行うことで通知をオンにしても再起動は発生しなくなります。特別な事情がない限りはアップデートするのが良いでしょう。

アップデートの方法ですが、まず設定アプリを開きます。次に「一般」、「ソフトウェア・アップデート」の順にタップし、表示されるiOS情報を確認して「ダウンロードとインストール」をタップします。あとは画面の指示に従って操作してください。

またアップデートする際は、必ず全アプリの通知をオフにしてから行ってください。アップデート中に再起動が発生すると、最悪の場合iPhone本体が完全に故障してしまいます。なおiOS11.2は今回の不具合を受けて、急いで作られました。そのため予期せぬ不具合が発生する可能性は否定できません。既に報告されているものとしては、一部のアプリが起動しない、カメラのピントが合わないといったものがあります。

今度も起こりうる不具合?困ったらプロにお任せください

1_1_4_27466766
今回の不具合の主な原因は、iPhoneの内部時計とアプリ通知の相性が悪いというものでした。世界規模で起きた例は少ないものの、このような不具合自体は割と頻繁に起きており、今後も発生することが考えられます。もしわからないことがあれば、無理に自分で解決しようとするのではなく、修理専門店の利用をおすすめします。修理専門店では、格安かつ即日での対応が可能なところもあるので便利です。

iPhoneの修理はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM