【iPhoneX】強制終了の手順と注意点をわかりやすく説明

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneXを利用しているときに、突然固まって動かなくなってしまうと、楽しい気分も一気に冷めてしまいます。アプリケーションがフリーズしたり、動作が遅くなったり不具合が生じるケースも同じです。そのようなときの対処法のひとつとして「強制終了」をすることが挙げられます。ここでは、iPhoneXを強制終了させる方法や、注意点などを紹介します。

1.iPhoneXにおいて強制終了が必要になるときとは?

iPhoneXを使用していて、強制終了を行う必要があるときは、それほど多くありません。たとえば、画面が真っ黒になってしまったときやiPhoneXがフリーズしてしまったとき、または、タッチ操作ができなくなってしまったときに限られます。
iPhoneXが突然このような症状になってしまって、画面を触ってもどうしようもない場合に、強制終了を行うことでトラブルが解決することがあるのです。そのため、iPhoneXがフリーズしたり操作できなくなったりしたときは、いろいろなところを触ってみたり、分解したりするのは避けましょう。落ち着いて、まずは強制終了です。

とはいえ、iPhoneを強制終了させる手順は、iPhoneXやiPhone7のようなシリーズによって異なります。特にiPhoneXは、これまでどのシリーズのiPhoneにも搭載されていたホームボタンがありません。そのため、強制終了させるためには、これまでのiPhoneとまったく違う操作をする必要があるのです。これまでいろいろなシリーズのiPhoneを使用してきて、操作の仕方には自身があるという人でも、初めて手に触れるiPhoneXを強制終了させるのは戸惑ってしまうほどの違いがあります。実際に強制終了をさせる前には、しっかりと手順を確認しておきましょう。

2.iPhoneXの強制終了の手順

iPhoneXを強制終了させる手順は独特です。ホームボタンがついていた他のシリーズのiPhoneとはまったく異なる操作をする必要があります。しかし、難しいものではありません。一度説明を聞けば、すぐに理解して覚えることができるでしょう。iPhoneXを強制終了させるには、まず「音量を上げるボタン」を押して、すぐに放します。次に「音量を下げるボタン」を押して、すぐに放します。最後に、Appleのロゴが表示されるまで電源ボタンを長押ししたら、強制終了の手順は終了です。ロゴが表示されたら、ボタンから手を放しましょう。

iPhoneXを強制終了させる手順は、それほど複雑ではありません。しかし、慣れていないと、とっさに行えない可能性もあります。いざというときに慌てないように、一度練習をしておくとよいでしょう。

3.iPhoneXを強制終了するときの注意点

iPhoneXの強制終了は、日常的に行う操作ではありません。フリーズなどのトラブルが起きた場合に使う、最終手段です。そのため、強制終了をさせるときには、事前に把握しておくべき注意点があります。ここでは、iPhoneXを強制終了するときの注意点を、2つ紹介します。

3-1.データが消える可能性がある

iPhoneXを強制終了すると、データが消えてしまう可能性があります。iPhoneXで何らかのアプリケーションを起動している最中に、突然アプリがフリーズしたり、動作が遅くなったりすることもあるでしょう。このときiPhoneXのなかでは、データが完全には保存されておらず、一時的に保存されているに過ぎない場合があるのです。その際に強制終了を行ってしまうと、アプリケーションのデータが消えてしまう可能性があります。

たとえば、たった今まで遊んでいたゲームのデータや、作成中の文章などが消えてしまうおそれがあるのです。完全に保存されていないデータが強制終了によって消えてしまうと、二度と復元はできないと覚悟したほうがよいでしょう。
復元ソフトがないこともないですが、完全なものではありません。そのため、強制終了を行う前にバックアップをして、データをクラウド上に保存しておくことが大切です。

3-2.バッテリーの故障につながる

iPhoneXを強制終了するときには、一時的に大量のバッテリーを消費することになります。なぜなら、これまでスリープ状態だったすべてのアプリケーションが一斉に開き、それぞれがデータのやり取りをし始めるからです。そのときに、バッテリーに負荷がかかってしまうのです。バッテリーに負荷がかかってしまうと、故障につながってしまう可能性があります。そのため、強制終了には注意が必要なのです。
iPhoneXは、すぐに強制終了しないようにしましょう。まずは様子を見守ったり、不具合の原因と思われるアプリだけを閉じたりすることも大切です。

4.iPhoneXを強制終了できないときの原因と対処方法

iPhoneXを強制終了させようとしても、スムーズに強制終了ができないケースもあります。ここでは、iPhoneXを強制終了できないときの原因と、その対処方法を紹介します。

4-1.原因

iPhoneXが強制終了できない場合、原因としてまず考えられるのは、処理速度の低下です。この現象は、アプリや写真など、大量のデータを保存したりすることによって起こります。iPhoneXを長年使用することでキャッシュが溜まっている場合も、処理速度は遅くなるのです。他には、システムエラーが原因で、強制終了ができなくなっていることも考えられます。

4-2.対処方法

iPhoneXを手動で強制終了できない場合は、電池の残量が0%になって自然に電源が切れるまで待ってみるのもひとつの方法です。うまく行けば電池の残量がなくなったときに、Appleのロゴマークが画面に表示される可能性があります。まずは、電源が落ちるかどうかを確認しましょう。
また、強制終了の手順が間違っている可能性もあります。ボタンを押してすぐ放すという動作はタイミングに個人差があるので、手順を確認して何度かやり直してみましょう。正しい手順で強制終了ができない場合は、電源が切れるまで電源ボタンを押し続けて見る方法も有効です。電源を落としてからiPhoneXの電源が入らない場合は、もう一度充電をしてから、あらためて起動するかどうかを確認します。

5.リカバリモードでiPhoneXを復元する方法

iPhoneXで強制終了ができないときやトラブルを解決したいときには、リカバリモードを使ってiPhoneXを再インストールするという方法があります。リカバリモードを使うには、iPhoneXをパソコンに接続しなくてはいけません。ここでは、iPhoneXのデータを消さずに、リカバリモードで再インストールする手順を紹介します。

最初に、iPhoneXをパソコンに接続しましょう。接続したら、パソコンでiTunesを開き、デバイスを選択します。次に、iPhoneXをパソコンに接続した状態のまま、音量を上げるボタンを押してすぐに放し、続いて音量を下げるボタンを押してすぐに放します。iPhoneXを強制終了させるときと同じ操作です。
音量を上げるボタンと音量を下げるボタンを順番に短く押したら、電源ボタンを長押しします。この長押しは、リカバリモードの画面が表示されるまで押し続けることが必要です。

リカバリモードになると「復元」「アップデート」の選択肢がパソコン上に表示されるので「アップデート」を選択します。「アップデート」を選択すると、iPhoneXのデータや設定は消去されないのです。そして、iPhoneXの再インストールが始まります。

6.iPhoneXで強制終了してもトラブルが解消しないときは?

iPhoneXがフリーズなどのトラブルを起こしたとき、トラブル解消のために自分でできる最終手段は、強制終了や復元でしょう。復元とは、iPhoneXを初期化することです。ところが、iPhoneXを初期化しても強制終了をしても、トラブルが解消しない場合があります。
その場合はかなり深刻なトラブルであることが予想されるので、自分で無理に解決しようとしないほうが無難です。自己判断でトラブルを解消しようとすると、かえって悪化させてしまう可能性もあります。強制終了で解消しないようなトラブルであれば、修理専門店で見てもらうことが大切です。

しかし、キャリアショップやメーカーで見てもらおうとしても、予約が埋まっていることがよくあります。即日修理をすることは、難しいと考えたほうがよいでしょう。そうなると、修理が終わるまでの数日間は、iPhoneXを預けておくことになってしまいます。iPhoneXに限らずスマホというものは、毎日持ち歩いて、いつも手元に置いている人がほとんどではないでしょうか。電話やメール、チャットなどで連絡が来れば対応する必要がありますし、インストールしてあるアプリケーションは、使いたいときに使えなければ意味がないからです。

また、iPhoneXを店舗に持ち込んだものの即日修理ができなければ、同じ店に2回足を運ぶことになってしまいます。そこでおすすめなのが、修理専門店です。修理専門店であれば、即日修理を行っているところもたくさんあります。

7.iPhoneXにおいて修理専門店の選び方

大切なiPhoneXです。修理に出すときの専門店は、行き当りばったりではなく慎重に選びましょう。ここでは、iPhoneXを修理に出すときの専門店の選び方について紹介します。

7-1.修理料金が安いか

修理料金については、店舗によって異なります。それぞれの修理専門店が企業努力によって設定している料金だからです。安く修理に出したい人は、店頭の修理料金を見て飛び込みで持ち込みをしないで、どの店舗の修理料金が安いかを事前に確認しておいたほうが安心です。
修理料金は、店舗が運営しているホームページで確認できます。また、安く修理できるように見えても、実際は作業料と部品代が別で、結局は高額の修理になってしまうこともあるので注意が必要です。

7-2.実店舗があるか

修理専門店を選ぶときには、実店舗が有るのか無いのかも重要なポイントのひとつになります。というのも、修理専門店のなかには、実店舗を持たずに出張修理などを行っている業者もあるからです。出張修理という形態では、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要がありません。その点を便利に感じる人もいるでしょうが、実は出張修理では即日修理に対応するのが難しいという側面があります。
また、実店舗を持たずに営業している業者の場合は、連絡が取れなくなるなどのトラブルが発生すると、修理を受けられない可能性もあるのです。

実店舗を持って営業している業者であれば、店舗にすぐに持ち込むことができます。そのため、安心して修理を依頼できるのです。また、地方に住んでいる人の場合は、全国展開している業者を選ぶと便利です。

7-3.技術力が高いか

iPhoneXを修理に出す専門店を選ぶときは、技術力も大切です。その修理専門店に在籍しているスタッフの技術力がどの程度の高さなのかを確認しましょう。たとえば、研修をしっかりと行っている業者であるかをホームページなどで確認します。
また、修理工程をブログなどで紹介している業者であれば、スタッフの技術力を確認することが可能です。技術力が低いスタッフの場合は、依頼した修理ができない可能性もあります。

8.iPhoneXの修理なら「あいさぽ」で

iPhoneXの修理なら「あいさぽ」がおすすめです。ここでは「あいさぽ」がおすすめである理由について紹介します。

8-1.即日修理ができる

「あいさぽ」は修理の早さに特徴があり、即日修理ができます。店舗に到着したらすぐ、どこが故障している箇所なのかをチェックし始め、そのまま修理に入ります。そのため、最短では10分で修理が終わってしまうこともあるのです。もちろん、修理が終わったiPhoneXは、その日のうちに持ち帰ることができます。
さらに「あいさぽ」では予約不要で修理も可能です。持ち込みで来店して、すぐに修理をしてもらえるのです。スマホは少しの時間でも手元にないと不便に感じ、iPhoneXの修理もできるだけ早く終わらせたいと考えている人は多いのではないでしょうか。「早く修理したい」と考えている人は「あいさぽ」を利用すればすぐに対応をしてもらうことができます。

「あいさぽ」は、店舗数もたくさんあるので、地方に住んでいる人でも比較的通いやすくなっています。さらに、近くに店舗がない場合も宅配修理を利用することができるのです。

8-2.永久不滅保証がつく

iPhoneXをせっかく修理しても、すぐにまた落下させたりなどで故障させてしまう可能性もあります。万が一、修理後に故障をさせた場合でも、あいさぽでは「永久不滅保証サービス」の利用が可能です。永久不滅保証サービスとは、一度あいさぽで修理をすると、そのあとは修理料金が5%オフになるサービスです。
また、修理後6カ月以内に再修理をすることになった場合は、無料で修理を受けることもできます。

8-3.料金体系がわかりやすい

あいさぽでは、故障の箇所を正確に把握して、その箇所だけ部品交換を行うため、修理料金が安いという特徴があります。また、修理料金には作業料や部品代などがすべて含まれているのでわかりやすいです。料金は4980円~(税別)と安いので、お得に修理ができます。具体的な料金は、ホームページでチェックできます。

iPhoneXの強制終了は慎重に行おう

iPhoneXがフリーズしたり、動作が遅くなったりしたときには、強制終了を行うことでトラブルを解消できる可能性があります。とはいえ、強制終了を行うとデータが消えてしまう可能性もあるので、慎重に行わなければなりません。強制終了をしてもトラブルが解消されない場合は「あいさぽ」に修理の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

iPhone修理専門店あいさぽについてはこちら>

トラブル事例と修理料金はコチラ>
 
iPhoneXの修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧