急にiPhoneの画面が真っ白に!原因や対処方法を徹底解説

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneの画面が急に真っ白になってしまったら、まずは慌てることなく冷静な対処を心がけることが先決です。不具合には必ず原因があります。その原因を特定して、原因に合わせた適切な対処方法を取ることが大切です。不具合は予期せず発生するものですから、いざというときのためにもしっかり対処法を理解しておきたいところ。
そこで今回は、急にiPhoneの画面が真っ白になってしまう原因と、適切な対処方法について詳しく解説します。

1.何が起こってる?iPhoneの画面が真っ白になる原因

iPhoneの画面が真っ白になってしまう原因はいくつか考えられます。適切な対処を取るためにも、まずは画面が真っ白になってしまう原因を特定しましょう。それでは、どういう原因が考えられるのか、ひとつひとつ詳しく見ていくことにします。

1-1.衝撃によるもの

iPhoneの画面が真っ白になる原因として、まず考えられるのが衝撃による故障です。画面が白くなる前に、iPhoneを落としてしまったり、どこかへぶつけてしまったりしていないでしょうか。落下などでiPhone本体に強い衝撃が加わると、フロントパネルが故障して画面が真っ白になってしまうことがあります。

見た目には何の破損も見られなくても、衝撃によって本体内部に何らかの破損が生じている場合もあります。特に内部の基盤にまで故障が広がっている場合は厄介です。内部の基盤が故障すると、本体の機能まで不全に陥ります。その結果、画面が真っ白になるなどの不具合が生じてしまうのです。

また、強い衝撃を受けてフロントパネルと基盤をつなぐケーブルが切れてしまった場合にも画面が真っ白になることがあります。落下などの衝撃は特に不具合を起こす原因になりやすいので、直近で落としたりぶつけたりしたことがあるなら、まずは衝撃によるパネルや基盤の故障を疑いましょう。

1-2.水没によるもの

iPhoneは水に弱いという性質を持ちます。そのため、水没させてしまった場合も、画面が白くなるという不具合が発生することがあります。また、たとえ完全に水没していなくても、iPhoneを水に濡らしてしまったときは注意が必要です。というのも、iPhoneは少し濡れるだけでも、内部の部品や基盤が故障してしまうことがあるからです。
特に耐水機能が付いていない機種では、濡れた手で触れるだけでも内部に水が入り込んでしまうことがあります。すなわち、完全な水没はもちろん、濡れた手で本体を触ることなども、画面が真っ白になる不具合の原因になるということです。

1-3.バッテリーによるもの

画面が真っ白になる不具合は、バッテリー関係の不調が原因になって起こる場合もあります。たとえば、バッテリーから安定して電源が送れなくなったときや、バッテリーがゼロになってシャットダウンしている途中で電源ケーブルを挿したときなどは、画面が真っ白になって動かなくなるという不具合が発生しやすくなります。
特に電池がなくなってから充電することが多い人などは、バッテリー関係の不具合が起きやすくなるので、充電の仕方を見直したほうが良いでしょう。

ただし、バッテリー関連の不具合は、自分で気を付けていても完全に防ぐことは困難です。なぜなら、iPhoneのバッテリーには耐用年数があるからです。Appleの公式サイトでは、「フル充電サイクルを500回繰り返したときに、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています」と記載されています。
これは要するに、1日1回フル充電したとしても、約1年半でバッテリーの劣化が始まるということです。バッテリーが劣化したiPhoneを使い続けていると、画面上の故障も起こりやすくなります。

1-4.iOSによるもの

iOSをアップデートせずに使い続けることは、機能的なトラブルを引き起こす大きな原因になります。強い衝撃を加えたわけでもなければ、水に落としてしまったわけでもないのに、画面が真っ白になって動かなくなってしまったら、古いバージョンのiOSを使い続けたことが原因になっているのではと疑ってみましょう。
古いiOSが原因のトラブルは、一時的なものである可能性もあります。自分のiPhoneに電話をかけてみたらトラブルが解消したということもあるので、画面がフリーズして動かなくなっているなら固定電話などを使って試してみましょう。

1-5.データ処理能力オーバーによるもの

膨大なデータを処理するためには、バッテリーにも多大な負荷を強いることになります。データ処理によるバッテリーの酷使が続けば、当然バッテリーの劣化や消耗も早くなってしまいます。バッテリーの劣化で問題なのは、バッテリー自体が膨張してしまうことです。
膨張したバッテリーはフロントパネルに内側から負荷をかけてしまうので、基盤やフロントパネルの故障も起こりやすくなります。その結果、画面が真っ白になるという不具合も発生しやすくなってしまうのです。

データ処理能力オーバーによる画面上の不具合は、大量のアプリを同時に起動していたり、データ通信量の多いゲームなどをモバイル通信環境下で利用したりしているときに起こる可能性があります。普段からアプリを頻繁に開く人や、スマホゲームに夢中になっている人などは、不具合の発生に特に注意したほうが良いでしょう。

2.iPhoneの画面が真っ白な場合に試してみるべき2つの対処法

もし、iPhoneの画面が急に真っ白になって動かなくなってしまったら、具体的にどのような対処法を取れば良いのでしょうか。ここでは、画面が真っ白になったときに試してみるべき対処法を2つ紹介します。

2-1.1:強制再起動する

iPhoneの不具合は、原因が一時的なものである場合、強制再起動をすることで通常通り動作できるようになることがあります。画面が真っ白になる不具合も、再起動によって機能が回復する場合があるので、動かなくなってしまったときはまず強制再起動を試してみましょう。
ただし、強制再起動の方法は機種によって異なります。以下、各機種における強制再起動の仕方を説明します。いざというときのためにも、自分の機種を確認して、いつでも強制再起動できるように準備しておきましょう。

2-1-1.iphone 6s・6sPLus・SEの場合

iPhone 6s・6sPLus・SEを使っている場合、強制再起動の方法は、まずスリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。そのままAppleのロゴが表示されるまでしばらく待ちましょう。ロゴが表示された段階でボタンから手を放せば強制再起動ができます。

2-1-2.iPhone7・7Plusの場合

iPhone7・7Plusの場合、音量を下げるボタンとスリープ/スリープ解除ボタンを同時に押し続けることで強制再起動ができます。iPhone 6s・6sPlus・SEとの違いは、「ホームボタン」ではなく「音量を下げるボタン」を押すという点です。所定のボタンを同時に押したら、後は同じようにAppleのロゴが表示されるまで待ってからボタンを離しましょう。それで強制再起動は完了です。

2-1-3.iPhoneX以降・8・8Plusの場合

iPhoneX以降やiPhone8、またiPhone8Plusでは、それ以前の機種とは強制再起動の方法が大きく変更されています。まず、音量を上げるボタンと音量を下げるボタンを一度ずつ押して放します。それから、サイドボタンを押しっぱなしにして、Appleのロゴマークが表示された時点でボタンを放しましょう。
特に音量を上げるボタンを押してから、その次に音量を下げるボタンを押すという順番は間違えやすい点です。iPhoneX以降や8、8Plusで強制再起動するときは、決められた順番を間違えないように気を付けましょう。

2-2.2:リカバリーする

強制再起動でも不具合が改善しない場合は、iPhoneをリカバリーしてみましょう。リカバリーをすることで、画面が真っ白になる状態を元に戻せる場合があります。ただし、リカバリーの際に、「復元」を選んでしまうとiPhoneが初期化されてしまいます。
保存していたデータもすべて消えてしまうため、リカバリーを実行する際は念のためデータのバックアップを取っておきましょう。

リカバリーをするにはパソコンが必要です。パソコンでiTunesを開いたら、パソコンにデバイスを接続しましょう。接続した状態で、デバイスごとの強制再起動と同じ手順でボタンを押します。すると、「復元」か「アップデート」の選択肢がiTunes上に表示されるので、「アップデート」を選択します。後はアップデートが完了するまでしばらく待ちましょう。

3.それでも治らないときは?

強制再起動やリカバリーでも不具合が直らない場合は、基盤やフロントガラスの故障など、物理的な問題で不具合が発生していると考えられます。強制再起動やリカバリーという対処法は、あくまで一時的な不具合を解消するための方法です。そのため、物理的な問題が発生している場合は、修理に出すしか解決方法がありません。

修理に出す場合、iPhoneの初期化やデータの消失は覚悟する必要があるでしょう。ただ、依頼する業者によっては、初期化やデータ消失せずに不具合を直せる場合もあります。

4.こんな場合には正規店以外の修理業者に依頼するのがおすすめ

iPhoneの修理ができるのは、何もApple正規店だけではありません。むしろ、正規店で修理してもらうより、正規店以外で修理してもらったほうが良いケースもあります。それでは、どういう場合に正規店以外の修理業者に依頼するべきなのでしょうか。以下、具体的なケースに分けて説明します。

4-1.即日修理して欲しい

正規店では、即日対応が可能な店舗は一部に限られています。そのため、正規店に修理依頼を出す場合、手持ちのiPhoneを一定期間手放さなければいけない場合も珍しくありません。また、正規店では修理予約自体も取りづらいことがあります。
すぐにでも修理してほしいとき、予約で待たされることがあるのは大きなマイナスです。そのうえ、長期間デバイスを預けなければいけない場合でも、代替機などを貸してもらえないこともあります。

このように、正規店では急な修理が必要なときに速やかな対応を受けられないことが多々あります。そういうときは、即日修理に対応してくれる正規以外の業者に依頼したほうがお得です。故障箇所によっては、その日のうちに修理に出したiPhoneを受け取れる場合もあります。

4-2.なるべく安く修理して欲しい

正規店での修理では、費用がかなり高額になってしまうことがあります。特に、正規店の補償サービスに加入していなかった場合や、加入していても補償対象以外の修理依頼であった場合は相当な金額がかかります。
そのため、補償サービスに入っていない場合などで、なるべく安く修理を済ませたいときは、正規店以外の修理業者から安く修理してもらえるところを探したほうが良いです。業者によって差はありますが、正規店より安く修理できるケースがあります。

4-3.データを消さずに修理して欲しい

正規店以外の業者では、主に部品単位での修理が基本となります。そのため、修理の過程でデータが消失してしまうことも基本的にはありません。これに対して、正規店では本体交換で保存していたデータが消えてしまうことがあります。
データを消さずに修理したいなら、やはりiPhone修理の専門業者に依頼したほうが利点が大きいです。専門業者では、データを消さない修理はもちろん、データの抽出や復旧ができる場合もあります。

5.画面が真っ白なiPhoneの修理なら【あいさぽ】がおすすめ

画面が真っ白になったiPhoneは、正規店ではなく「あいさぽ」で修理するのが一番です。あいさぽはiPhone修理の専門業者であるため、iPhoneの修理に関しては迅速かつ真摯に対応してくれます。ここでは、そんなあいさぽがおすすめな理由について紹介します。

5-1.即日修理も!スピーディな対応が魅力

あいさぽは、iPhoneの即日修理に対応している修理業者です。修理内容にもよりますが、デバイスを直接店舗に持ち込めば、最短10分で修理できることもあるほどスピーディに対応してくれます。また、予約がなくても即日で受付してもらえる点もあいさぽの魅力のひとつです。
ただ、迅速に対応してもらいたいなら、事前に予約してから店舗に向かったほうが何かと安心です。電話・WEBでの事前予約も可能なので、待ち時間を短縮したいときには利用してみましょう。

5-2.技術力の高いエンジニアの修理対応が魅力

正規店以外で修理する際、本当に直るのか不安になる人も多いでしょう。あいさぽには、60万台の修理実績があり、修理を担当するのも自社ノウハウを持った技術力の高いエンジニアです。修理の精度に関しては、どこへ出しても恥ずかしくないものがあります。

また、あいさぽは他業者と比較して、6カ月という長い保証期間が付く点も魅力です。充実した修理保証があることで、安心して修理を任せることができます。

5-3.リーズナブルな料金が魅力

あいさぽは、料金がリーズナブルな点も魅力です。部品単位での修理となるため、正規店では高額見積もりが出るような状態でも、適正な価格での修理が可能となっています。交換する部品自体も、現地の部品市場から直接仕入れた互換部品を使用しているため、低価格で適切な修理が実現されています。
また、料金表示の見やすさも、あいさぽの特徴のひとつです。あいさぽの料金表示には、作業代や部品代がすべて含まれています。後から別途料金を請求されることもないため、安心してサービスを受けられる体制が整っているのです。

画面が真っ白なiPhoneを直そう!

iPhoneの画面が真っ白になっていても、一時的な不具合の場合は自分でも対処できる場合があります。まずは再起動やリカバリーをやってみて、症状が改善するかどうか試してみましょう。自分で対処しても直らない場合は、物理的な問題が原因になっている可能性があります。
すぐに直したいなら、即日対応してくれるあいさぽがおすすめです。電話やWEBから予約できるので、まずは予約して不具合を早く解消しましょう。

iPhone修理専門店あいさぽについてはコチラ>

iPhone修理がはじめての方はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

フロントパネル(ガラス)の画面ひび割れ交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・ガラス全面が割れた状態です
・アイフォンフロントパネルひび割れ
・落下によるガラスヒビ割れ(バッキバキです)
・液晶ひび割れセンターボタン付近 その為?ボタン操作難アリ
・タッチパネルのひび割れ
・iPhone画面ひび割れ
・フロントガラスが割れた
・ディスプレイのガラスのヒビ割れ
・パネルのヒビ割れ
・落として画面にかなりヒビが入ってしまいました

 
水没・浸水の修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・水没して動かない
・画面の表示がおかしい
・タッチパネルが反応しない
・タッチパネルがおかしい
・画面に水が入った

 

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧