iPhone6sを使っていて画面がつかない時の原因と対処法とは

iPhone修理【サービス比較】

iPhone6sを使っていて、「いきなり画面が消えた!」なんていう経験をしたことはありませんか?

いきなり画面が消えてしまうと焦ってしまうこともあるでしょうが、故障ではないケースもあります。まずは画面が消えたことが故障なのかどうか判断することから考えてみましょう。

iPhone6sで画面つかない時にまず行うべき対処法

iPhone6sで画面がつかない時は、まずは電源ボタンを長押ししてみましょう。ひょっとしたら、自分の気づかないところで電源を切ってしまっている可能性があるからです。電源ボタン長押しをしても電源がつかない時は、充電をしてみてください。充電切れで画面がつかなくなっているかもしれません。

それでも画面が付かない時は再起動をしてみましょう。再起動とは本体側面のスリープボタンとホームボタンを同時に10秒以上長押しすることでできる方法です。上手く再起動できた場合は、アップル社のマークが表示された後で待っていれば勝手に再起動してくれます。

画面が真っ暗なのと電源が入らないのでは全く別の原因かも!?

よく混同されがちですが、画面が真っ暗なのと電源が入らないというのは原因が異なることがあります。前者は電源が入っているにも関わらず画面が表示されませんが、後者はそもそも電源が入っていないのです。

そのため、前者は本体の基板から液晶パネルに表示させるための接続端子が破損している可能性があるのに対して、後者はバッテリーなどが原因だと考えられます。そのため、後者についてはバッテリーの交換などで直る可能性はありますが、前者については上記の方法で試してみても一時的に良くなる可能性はありますが、根本的な解決にはなりません。できるだけ早めに専門の修理業者へ持って行く方が良い場合があります。

画面が真っ暗になってしまう原因とは?

画面が真っ暗になってしまう原因は主にバッテリーにあります。バッテリーは基本的に消耗品です。そのため、長期間使っていると徐々に充電量が減っていきますし、バッテリー残量が正常に表示されないこともあります。

そのため、「バッテリーを十分に充電したので、残量が十分にあるはずだ」と思っていても実はあまり充電できておらず、「気が付くと画面がバッテリー切れで消えている」なんていうことになりかねません。

また、劣化したバッテリーは充電速度も遅くなっていることがあるので、一度充電切れを起こすと再度起動できるほどの電力が溜まるまでに時間がかかることがあります。長い間使っているバッテリーの充電が切れた場合、充電を始めてから30分から1時間程度待っても起動することができない場合は交換を考えた方がよいでしょう。

iPhone6sの画面が付かない時にかかる修理代金はどれぐらい?

iPhone6sの画面がつかない時にAppleのサポートセンターへ修理に出した時にかかる費用は修理方法によっても異なりますが、1万円から3万5,000円程度です。

また、使っている「iPhone6sが購入後2年以上経過している」、または「AppleCare+」を2回以上使って修理している場合は機種変更をするよりも修理代金が高くなることがありますので、修理するとかえって損をしてしまう可能性があります。

これに対して民間の修理専門店の場合、iPhone6sのバッテリーの交換費用は6,000円程度と正規店よりも安く、修理費を安く抑えたい場合や即日での修理をご希望の場合は民間のiPhone修理専門店での修理がオススメです。

さらに故障した部品のみを交換する修理ですのでデータが消えてしまうといったこともありませんし、「総務省登録修理業者」の修理店であれば、安心して修理の依頼ができます。民間の修理専門店で修理を依頼すると、その後の公式的なサポートが受けられなくなる可能性もありますが、修理代金が安くすむことはメリットです。

修理方法にはどんな種類があるの?

画面がつかない時の修理方法は大きく分けて2つです。画面がつかない原因がバッテリーにあるならばバッテリーの交換、液晶部分に問題があるならば液晶と内部の基板を結ぶ接続端子の交換修理をすることになります。どちらかというとバッテリーの交換の方が比較的安価ですむことが多いです。

また、液晶部分に問題があるケースでは、内部基板側に問題があることもあります。そのような場合だと、液晶や接続端子を取り換えても問題が解決しないことがあり、最悪のケースでは本体交換が必要となることも覚えておきましょう。

修理依頼は費用対効果をよく考えて!

いきなり画面が暗くなってしまうと焦ってしまうかもしれません。しかし、iPhone6sを長く使っていると誰もが1度ぐらいは経験するようなことですので、特別なことではありません。落ち着いて対処するようにしましょう。

iPhone修理について少しでも分からない事がございましたら、どんな些細な事でも構いませんのでお気軽に修理のプロに相談してみましょう!相談してみて故障だった場合は、正規店よりも安く、そして早い当店のような民間の修理専門店にて修理を依頼してみて下さい。

iPhoneバッテリー交換修理についてはこちら>

iPhone修理専門店はコチラ>

iPhone6sの修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・ホームボタンの故障
・音量ボタンが効かない
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM