iPhoneで写真が撮れない!カメラの不具合の原因と解決方法

iPhoneのカメラに起こり得る不具合とは?

iPhoneでは、カメラが起動した後に真っ黒になってしまう、カメラアプリがフリーズする、撮影した写真や動画がぼやけるなどの不具合が起きることがあります。iPhoneカメラの不具合は、アプリのエラーで起こる一時的な不具合とカメラパーツが損傷していて起こる不具合の2種類です。一時的な不具合の場合はiPhoneを再起動、カメラアプリのアップデートで改善されることが多くあります。

カメラアプリに問題が見つからない場合は、レンズが傷ついてしまっているのかもしれません。複数枚あるレンズのうちの1枚でもヒビが入ったり、割れてしまったり、なんらかのダメージを受けていると正常に写真が撮影できなくなります。

また、レンズの内側にホコリやゴミが入り込んでいるケースも考えられます。撮影した写真がぼやけてしまう、筋が入ってしまう、写真の一部が欠けてしまうといった症状が出ているときはレンズ内部に問題がある可能性が高いです。

一時的な不具合であれば、再起動やカメラアプリの終了で改善できる場合がありますが、カメラパーツの問題は自力で解決するのは困難と言えます。こういった不具合が出ているときは、AppleストアかiPhone修理業者に相談してみることをおすすめします。

iPhoneのカメラが真っ暗になる原因

iPhoneで写真を撮影しようと思ったとき、カメラを起動しても真っ暗になってしまう場合があります。1つ目の原因は、iPhoneケースがレンズを塞いでしまっている可能性です。iPhoneシリーズは幅や厚さ、レンズの位置がそれぞれ変更されています。

サイズは合っていても、ケースがレンズを塞いでしまうことは十分にあり得るので、ケースとiPhone本体のレンズ位置を確認してみましょう。iPhone純正ケースではないものを使っている人にありがちなミスと言えます。

2つ目はカメラアプリが一時的な不具合を起こしているケースです。その場合は1度カメラアプリを終了させてから、再度アプリを起動してみる、もしくはiPhone自体を再起動する方法がありますので、試してみましょう。

また、全面と背面にレンズがある場合は右上にあるカメラ切り替えマークをタップすると真っ暗になる不具合が解消されることもあります。また、容量不足で画面が真っ黒になってしまうこともあるので、いらないアプリやデータを錯書してみてください。いろいろと試しても不具合が解消されない場合、本体が故障している可能性が考えられます。

iPhoneのカメラがぼやける原因

カメラで撮影した写真が全体的にぼやけてしまい、はっきりとした写真が撮れない場合はカメラレンズに手の脂や汚れが付いているかもしれません。メガネ拭きやマイクロファイバー製のクロスで、レンズをやさしく拭き取ってみてください。それでも、写真がぼやけるときはレンズの内側にホコリやゴミが入り込んでしまっている可能性があります。この場合は自分で取り出すことはできないので、AppleストアかiPhone修理専門店に持ち込んで除去してもらいましょう。

写真のぼやけはケースが原因の場合もあります。光学式の手ぶれ補正機能が搭載されているiPhoneの場合は、金属製ケースが原因でぼやけてしまうことがあるので、撮影するときはケースを外してみてください。また、マグネット式の広角レンズ・望遠レンズ・マクロレンズなどを使って撮影している場合も、取り外してから写真撮影をしてみましょう。

そして意外とありがちなのが、ピント調整機能が原因でのぼやけです。ピントをちゃんと合わせていないケースも考えられますので、撮影するときは画面に写っている被写体をタップしてからシャッターを切ってみてください。汚れ・金属や磁気・ピント、どのケースにも該当していない場合はカメラ機能かレンズに問題があるかもしれませんので、修理を検討してみましょう。

iPhoneのカメラが故障したときの対処法は?

iPhoneのカメラが故障してしまったときの対処法は、修理をすることです。iPhoneの故障にはカメラアプリが原因のものとレンズやカメラといったパーツが原因のものの2種類です。アプリが不具合を起こしている場合は終了させたり、iPhoneを再起動させたりすると改善される場合が多いのですが、カメラパーツが壊れてしまっているときはパーツ交換が必要です。

アプリのアップデートや再起動を試しても、カメラの不具合が改善されないときはレンズに傷が付いている可能性があります。iPhoneシリーズのカメラレンズは5~6枚構造になっており、新しい機種では6枚レンズ構造になっています。そのためレンズの1枚でもダメージを受けていると、キレイな写真は撮れなくなってしまいます。このレンズはAppleストアか、iPhone修理業者に依頼しなければ交換はできません。

iPhoneを水没させた、もしくは落下させた覚えのある人は、AppleストアかiPhone修理業者に相談をしてみましょう。また、再起動してもカメラアプリの不調が改善されない場合は、システムの不具合があるかもしれません。この場合も、相談をして状態を見てもらうことをおすすめします。

iPhoneのカメラレンズを交換するには?修理業者に依頼すべき?

iPhoneのカメラレンズを交換するためには、AppleストアかiPhone修理専門業者に頼むかの、どちらかになります。自分でレンズと工具を購入して直す方法もあるのですが、iPhoneの構造に対する知識や技術が必要になりますのでおすすめはできません。

Appleストアに修理依頼する場合、補償対象に該当するかどうかで、かかる費用は変わります。無償交換になる条件は「iPhoneを購入してから1年以内で、ユーザーの不注意による故障ではないもの」です。落としてしまった場合は、不注意による落下の扱いになるので料金が必要になるでしょう。

Apple Careに加入していない際のレンズ交換は機種によって変動します。iPhoneSEなら30800円、iPhone7なら35800円、iPhone8plusなら43800円、iPhoneXなら60800円の料金がかかりますが、修理業者であればもっと値段を抑えてレンズ交換が可能です。

また、Appleストアや正規店での修理は即日対応ではなく、1週間程度の時間がかかります。急いで修理をしたい、早くiPhone本体を返却してほしいときは、修理業者に依頼する方がスピーディです。

原因を1つ1つ確かめた上で修理依頼を!

iPhoneでカメラの不具合が起きた場合は、まず不要な写真や動画、アプリを削除する、もしくはiPhoneの再起動をするなど、自分で試せる範囲でいろいろと原因を探っていきましょう。カメラアプリが一時的に不具合を起こしている可能性がある場合は、容量を増やしたり、再起動をすることで症状が治まったりするケースがあります。

また、iPhoneに磁気式のレンズを長時間取り付けている、金属製ケースをつけたまま撮影している場合も、不具合の原因になりますので、確認してみましょう。

システム的な問題であればご紹介した方法で、自力での対処が可能です。しかし、カメラレンズが壊れてしまっていたり、iPhone内部の基板やチップなどの破損が原因でカメラに不具合があったりする場合は、AppleストアかiPhone修理業者に依頼をした方がいいでしょう。

修理業者に依頼すれば、Appleストアよりも早く対応が可能です。どの程度の不具合なのかにもよりますが、早ければ即日で修理が終わるので、急いでいる人は相談してみましょう。

iPhone修理についてはコチラ>

iPhoneカメラ交換修理はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM