iPhoneが水没したときの応急処置法とデータ復元方法

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneが水没した時の応急処置法とNG方法

8_8_2_19556916
水没したiPhoneを拾った後、最初にするのは電源を切ることです。カバーやイヤフォンなどはすべて外してください。内部の水が外に出ていくのを妨げてしまいます。SIMカードも傷むのを防ぐために抜いておきましょう。全体を拭いたら、ティッシュを細く尖らせて端子などの窪みの水分を取ります。その後は、乾燥材と一緒に袋に入れて乾かしましょう。

自己責任で行う必要がありますが、これらの処置によって問題なく使えるようになるケースもあります。完全に乾くまで、電源を入れるのはNGです。濡れた状態で通電してショートしてしまうと、大きな故障につながります。水分を外に出そうとしてiPhoneを振るのも良くありません。部品の奥にまで水分が入り込んでしまう恐れがあります。

データ復元方法①復元ソフトを使う

iPhoneが乾いても、正常に動作しない場合はデータの復元を行います。パソコンを持っているなら、データ復元ソフトを使うのがお手軽な方法です。インストールしたパソコンにいったんiPhoneのデータを退避させ、それをもとに復元を行います。無料でダウンロードできるものもありますし、商品として売られているものもあります。

プレビューが表示されて復元したいデータを選択できるなど、機能は復元ソフトによってさまざまです。具体的な機能はメーカーのホームページなどに載っているので、金額も考慮しながら選ぶと良いでしょう。復元の成功率を記載しているメーカーもあります。

データ復元方法②各キャリアに持ち込む

8_8_3_33078458
水没したiPhoneを契約している各キャリアに持ち込むのも一つの手です。各キャリアはいろいろなサポートを用意しており、有料ですがデータの復元も行っています。

水没したiPhoneを渡すと、そこからデータを取り出して、新しいiPhoneにデータを移す形で復元してくれます。ただし、必ず成功するわけではありませんし、その他のデメリットも理解しておくことが大切です。たとえば、成功か失敗に関係なく古いiPhoneは処分されることが挙げられます。

また、作業に時間がかかることもデメリットといえるでしょう。キャリアによって異なりますが、早くても1週間程度はかかるのが一般的です。

データ復元方法③修理業者に持ち込む

自分で作業するより成功率が高く、キャリアに依頼するより迅速な方法として、修理業者に持ち込む方法があります。修理業者はたくさん存在しますが、多くのところは水没した場合のデータ復元も修理のメニューに入っています。もちろんAppleの正規店でも修理は可能ですが、混雑していてなかなか順番が回ってこないことも珍しくありません。

民間の修理業者の場合は待ち時間が少なくて済むので、水没させてしまったけどすぐに使用したいという人は非常に助かるでしょう。また、住まいの場所によっては正規店にすぐに持って行けない場合もあります。水没して応急処置をしたら、できるだけ早く修理業者に任せたほうが安心なので、民間の修理業者の利用は有効な手段といえるでしょう。

諦めないで!適切な処置で水没後のデータ復元は不可能ではない

8_8_4_27466661
水没してiPhoneが起動しなくなっても、バックアップさえ持っていれば、他のiPhoneを使ってデータ復元を簡単に行えます。

水没は突然起こるので、普段からこまめにバックアップを取っておくことが非常に大切です。事前にバックアップを取っていないなら、応急処置はさらに重要になります。データ復元の成功率が大きく変わるからです。適切な応急処置をしていれば、データ復元は不可能ではありません。

民間の修理業者に依頼する場合も、成功する見込みはより高くなるでしょう。水没さてもすぐに諦めずに、しっかり応急処置をすることを心がけてください。

iPhone修理専門店はコチラ>

メーカーやキャリアと民間修理店の違いについてはコチラ>

水没・浸水の修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・水没して動かない
・画面の表示がおかしい
・タッチパネルが反応しない
・タッチパネルがおかしい
・画面に水が入った

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM