iPhoneが液晶割れしたら?機種ごとの対処法まとめ

応急処置をしよう!iPhone6が液晶割れしたときの対処法


iPhone6が液晶割れしてしまったときに、最初にすることは応急処置です。画面にヒビが入ったままの状態で使っているひともいますが、画面が見づらかったり、破片で指を怪我してしまう危険性があったりします。場合によっては内部の基盤にまで影響が出てしまいデータが消えてしまう可能性もあります。液晶割れが起きたときはなるべく早く応急処置をすることが大切です。

最初に確認するのはきちんと電源が入るかどうかです。電源が入ればこの段階では内部は壊れていないので、早めに液晶を修理すれば元に戻る可能性が高いです。ただし液晶割れを放置すると内部の破損にもつながるので、なるべく早めに修理店に持ち込みましょう。応急処置としては、セロハンテープや画面保護シールを貼ることで、これ以上画面のヒビが広がらないようにすることがオススメです。

応急処置が終わったら、修理をしてくれる店に持ち込みましょう。自分で修理する方法もありますが、本体を壊してしまう可能性もあるのでなるべく避けましょう。修理対応をしてくれる店には大きく分けて正規店・民間の修理専門店の2種類があります。どちらでもきちんと修理をしてくれますが、料金帯にかなり差があります。安価に抑えられる民間の修理専門店での修理がオススメです。

保証プログラムを確認!iPhone6sが液晶割れしたときにすべきこと

iPhone6sが液晶割れしてしまったときには、どうしたらよいでしょうか。最初にする応急処置のやり方はiPhone6と変わりません。割れてしまってから被害が拡大する前になるべく早く修理に出すことが重要です。修理をしてくれるお店には、正規店であるAppleのお店をはじめ、正規店に比べて安価に修理を請け負ってくれる民間の修理専門店もあります。

iPhone6sの場合、まずは「保証プログラム」に入っているかを確認しましょう。特に大手キャリアであるdocomo、au、softbankの場合、キャリア独自の保証プログラムを用意しており、加入していると修理のときに手厚い対応を受けられる可能性があります。ただしどのキャリアでも正規店での修理が対象になることが多く、総合的に見ると高くつく場合があります。

また、正規店での修理ではデータが初期化されてしまうため、データを残したまま修理したい場合には民間の修理専門店で修理を依頼するのがオススメです。民間の修理専門店とはいえiPhoneの液晶割れ修理を数多くこなしているため、安価で短時間で修理を終えることができます。ただし、民間の修理専門店で修理をすると、その後は保証プログラムやAppleCare+で保証されないため注意が必要です。

iPhone6 plusが液晶割れした!安く直す方法は?


iPhone6 plusが液晶割れしてしまったときも、iPhone6の修理とほぼ同じ方法で直すことができます。割れたらすぐにセロハンテープや画面保護シールでヒビ拡大を防ぐ応急処置を施し、なるべく早めに修理店へ持ち込むことが大切です。自分で直す方法もありますが、専門的な知識が必要で難しいためオススメできません。

比較的新しいiPhone6 plusともなってくると、修理費がかなりかさんできます。正規店のAppleで修理を依頼すると、実に17800円ほども修理費がかかってきます。AppleCare+に加入していれば3400円ほどで抑えられるものの、ランニングコストがかかるため、実際にはそこまで安価に抑えることができません。また購入後2年以上経過していると、AppleCare+の対象外になるので注意が必要です。

安価に修理をしたいひとにオススメなのは民間の修理専門店での修理です。iPhone専門の修理店は複数あり、iPhone6 plusだと大体6000円前後で修理を請け負ってくれます。Appleに依頼する場合に比べて1万円以上安くなるので、かなり修理費を抑えることができます。

即日で直したいなら専門業者がベスト?iPhone7の液晶割れの直し方

iPhone7が液晶割れしてしまった場合も応急処置は他のiPhoneと同じです。これまで紹介してきた機種に比べて新しいため、正規店での修理費がかさんでしまいます。ただし液晶割れは放置すると本体全部をダメにしてしまう可能性もあるので、なるべく早く修理をするようにしましょう。

費用以外にも気になるのが修理日数です。正規店のAppleでiPhone7の修理を依頼する場合、オンラインで申し込んでから郵送するか、店舗に持ち込むかの2種類から選ぶことができます。

近くに正規店があればいいですが、ない場合は郵送時間も含めて1週間前後手元にiPhoneがない状態が続くことになります。また、店舗によっては予約が取りにくい場合もあり、直したいと思ってもすぐに直せない可能性が高いです。

費用の面でも安価な民間の修理専門店ですが、修理期間が短いのも便利な点のひとつです。お店によっては最短数十分で即日修理してくれる場合もあります。費用も時間もかかるからと修理を諦めていた人にこそ、民間の修理専門店での修理がオススメです。ただし、民間の修理専門店で修理をしてしまうと、AppleCare+などの保証プログラムの対象外になるため注意が必要です。

すぐに修理しよう!iPhone7 plusが液晶割れしたときの対策


iPhone7 plusが液晶割れしてしまったときも、他のiPhoneと同様に修理が必要です。ヒビ割れが広がらないようにするための応急処置を施したら、修理店へなるべく早く持ち込みましょう。すぐに修理することで、本体が壊れることを防ぐことができます。

操作に問題がなくとも油断は禁物です。小さなヒビからでもゴミが入ってしまうと、繊細なiPhone7 plusの内部が傷つき、データが壊れてしまう可能性があります。

iPhone7 plusの液晶割れは、正規店であるAppleのほか、民間の修理専門店でも修理することが可能です。正規店で修理する場合は、AppleCare+やキャリアの保証プログラムに入っていないとかなり高価になります。民間の修理専門店で修理する場合は、正規店よりはるかに安価に抑えることができます。また最短数十分程度で直してもらえるため、時間的にもお得でオススメです。

自分で修理するキットも販売されていますが、専門的な知識が必要であったり、繊細な作業が必要であったりと、リスクもかなり高いです。結果的に本体を買い換えることになると元も子もありません。大切なiPhone7 plusを長く使い続けるためにも、専門家の手に任せて修理するのがよいでしょう。

状況や希望に応じて修理先を選ぼう!

液晶画面が大きいiPhoneでは、大切に使っていてもふとした拍子に落としてしまい、当たりどころが悪く割れてしまうなんてことは誰にでもありえます。画面が割れてしまったときには、いかに早く応急処置を施して修理に出せるかが、きちんと直るかどうかの分かれ道になります。

正規店のAppleで修理を依頼するのもひとつの手です。ただしAppleCare+に加入していない場合や2年以上使い続けている場合には、修理費用がかなり高額になってしまいます。その場合には安価に短時間で修理できる民間の修理専門店への依頼も検討するのがオススメです。キャリアの保証プログラムの有無も考えて、なるべく早く安価に大切なiPhoneの修理ができるようにしたいですね。

民間の修理専門店を選ぶときにはiPhoneの修理実績があるかは確認すると安心です。iPhone専門に修理している民間の修理業者もあります。使っている機種や契約状況に応じて、iPhoneの修理先を選ぶとよいでしょう。

iPhone修理についてはコチラ>

フロントパネル(ガラス)の画面ひび割れ交換修理はコチラ>

画面が割れたままでのiPhoneの使用に潜む危険なコトはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM