充電できないなら試したい!iPhone7の不具合はこれで解消しよう

iPhone修理【サービス比較】

多様な情報が詰まっているiPhone7は、それひとつでさまざまなことができてしまうだけに、充電の問題を抱えるととても困ってしまいます。しかし、iPhoneの充電不具合は意外とセルフケアで解決することができます。

iPhone7に充電の問題が発生した場合、セルフケアでどのように対処すればよいか詳しく解説します。

まずは充電ケーブルの状態を確認しよう

iPhone7が突然充電できなくなってしまったら、バッテリーの問題、それとも本体の劣化など、あれこれと考えてしまいます。

まずは冷静になってもう一度充電できないか試してみてください。充電ケーブルがしっかり差し込まれていなかったり、ケーブルの差込口に埃がたまって接触不良になっていたり、取るに足らない理由で充電できない状態になってしまっていることがあります。

まずは充電ケーブルがしっかり差し込まれているか確認し、それでも充電できない状態が続くなら、カメラのメンテナンス時などに使う「ブロワー」という道具を使ってケーブルの差込口を掃除してみましょう。

また、充電ケーブルそのものに問題が発生して充電できない状態になっていることもあるので、100円均一などで新しい充電ケーブルを購入して試してみてください。

完全放電していると充電しても画面が動作しない

バッテリーが完全放電してしまっている場合、充電ケーブルをiPhone7に差し込んで充電を開始しても、充電が全く溜まっていかないということが良くあります。

完全放電に気付かずに充電している場合、充電ケーブルを差し込んでいるのにiPhoneが動作せず、思わず故障したのではと焦ってしまうこともあるでしょう。ただ、この場合は故障などではなく、充電が0%になっているだけで、iPhone本体に問題はないと考えられます。

完全放電の状態から充電を開始すると、画面が表示されるまでしばらく時間がかかり、最低でも30分から1時間ほど画面がつかない状態が続くことがあります。特にパソコンから充電している場合は、パソコンからの出力が弱いため画面が表示されるのが遅くなります。

充電が0%の状態からすぐにiPhoneを動作させたいなら、コンセントに直接つないで充電することをおすすめします。

充電できないなら再起動!不具合が解消できるかも!?

充電ケーブルに問題がないのに、iPhone7にケーブルを差し込んでも充電が開始しない場合は、とりあえずiPhone7を再起動してみてください。何らかの原因でiPhone7の本体がシステムエラーを起こし、充電できない状態になっていることがあります。

それなら、再起動をすることでシステムエラーが解消され、ケーブルを差し込めば充電できるようになるでしょう。iPhone7を再起動するためには、電源ボタンとホームボタンを長押ししてください。再起動は簡単にできるうえに、充電以外の不具合解消に繋がる可能性が高いのでぜひ試してみてください。

ただ、本体そのものに問題がある場合、再起動したら画面が表示されなくなってしまうこともあります。再起動する際は、念のためにバックアップを取っておくなどしておきましょう。

最終手段!症状が改善しないなら復元や初期化をしてみよう

再起動をしても充電できない状態が続くなら、思い切って復元と初期化を試してみるという方法もあります。

復元や初期化をすると、データをリセットすることができるため、充電できない症状の改善に繋がるかもしれません。ただ、復元や初期化はデータを消去してしまうことになります。そのため、大切なデータが入っている場合や、データを消去したくないというときはあまりおすすめできません。

また、復元や初期化をしても、必ずしも症状が改善するわけではないので、こうした対処をする場合はしっかりバックアップを取っておくことをおすすめします。

やり方としては、まずiPhoneのホーム画面から設定を選択し、「一般」の項目から「リセット」を選び、「すべての設定をリセット」を選択すれば完了です。

どうしても症状が改善しないなら!修理に出して直してもらおう

いろいろな方法を試してみて、それでも症状が一向に改善しないなら、あとは修理に出すしか方法はありません。

iPhone修理はAppleの正規店へ依頼する以外にも方法があり、視野に入れておくとよりお得に修理を済ませることもできるでしょう。iPhoneの修理専門業者は、Apple正規店よりも安価に修理を請け負ってくれます。加えて、修理時間が最短で数十分など、正規店にはないサービスを提供してくれます。

データの消去をせずに修理が可能な場合もあるので、愛用のiPhone7をそれまで通り使いたいなら、iPhoneの修理専門業者に依頼を出すことも考えてみてください。

いずれにしても、充電できない問題が解消されないなら、修理に出して直してもらうのが一番です。その際はさまざまな選択肢があるので、自分に合った方法でiPhone7を直せるように検討しましょう。

iPhone7の修理はコチラ>

iPhone修理についてはコチラ>

バッテリー交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・バッテリーがすぐ切れる
・電源がいきなり落ちる
・充電してもすぐにバッテリーが切れる
・バッテリーの充電が遅い
・バッテリーが膨張している
・バッテリーが発熱している
・バッテリーの充電が遅い

Lightning(ライトニング)/ドックコネクタ交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・充電が出来ない
・データ転送(画像・音楽・動画・ドキュメント等)が転送出来ない
・充電ランプが点灯しない
・周辺機器が認識されない
・イヤフォンが聴こえない
・ヘッドセット・イヤフォンマイクでの通話が出来ない

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM