こんにちは。iPhone修理あいさぽ川崎店です。

 

最近は電車の中や街中でもiPhoneXシリーズを使っている人をよく見かけるようになりました。ノッチ部分が特徴的なのですぐに分かりますよね。ユーザー数が増えてきているのであいさぽでの修理も徐々に増えつつあります。

自分も買い換えたいなぁとおもっていますが、いま使っているのがまだまだ調子が良いのでもう少し様子を見ています。どんなものでも調子が悪くならないと買い換えられない貧乏性なのです。

 

でも、調子が悪くなってもパーツ交換修理をおこなって使い続けるなんて人もたくさんいます。

今回はそんな修理でブログをかこうとおもいます。

 

 

この画像を見てiPhoneいくつだか分かりますか?

6、6S、7、8のどれかですね。

細かく見ると画面側でも違いがあったりするのですが、全てを見分けるのは本体を裏返さないと分からないのです。

ちなみに、この端末はiPhone6です。

 

さてこのiPhone6、みるからに画面がバッキバキですね。画面が割れてから保護フィルムを貼ったのですが、保護フィルムが張り付かずテープで固定してあります。

 

本体にテープが張り付いているのは画面割ている人あるあるのひとつです。

 

では、あけましょう。

 

あれだけ画面がバキバキに割れていたのに内部は綺麗ですね。

ここで注目したいのがバッテリーです。

このお客様のバッテリーはapple純正品ではありません。ということは、一度どこかでバッテリー交換修理をしています。

そして、今回も画面割れ修理と同時にバッテリー交換修理も申し込まれています。

 

iPhone6が発売されたのが2014年の9月です。なので、そこからだいたい4年間ぐらい使い続けているのでしょう。

そしてもう一度バッテリーの交換修理をすることでここから更に使い続けるのだとおもいます。素敵ですね。

 

では、バッテリーを取り外しましょう。

バッテリーは強力な粘着テープで固定されています。このテープを剥がすにはコツがあります。コツを知らずに剥がそうとすると、とても大変で危険です。

 

 

びょーんとテープが伸びているのが分かるとおもいます。このように2本剥がして、バッテリーを取り外します。

 

 

そして新しいバッテリーを取り付けます。

 

 

バッテリーは完了です。

 

あとは、液晶パネルを交換していきます。

液晶パネル側についているパーツを外していきます。

 

 

 

そのパーツを新しい液晶パネルに移植して完了です。

 

 

では、閉じて電源を入れてみましょう。

 

 

OKです。

 

 

最新のiPhoneってどうしても欲しくなっちゃいますよね。でも、使い慣れたものを直しながら長く使い続けると愛着がわいてきます。いまは一番多い修理はiPhone7ですが、バッテリー交換修理だとiPhone6以前のモデルでも修理はきます。きっと、みなさん愛着があるのだとおもいます。そしてすこしずつ手放すのが惜しくなるのでしょう。

 

 

iPhone修理川崎 あいさぽ

Web予約はこちらから→予約フォーム