iPhone6の電池持ちを良くしたい!実践すべきテクニック

iPhone修理【サービス比較】

スマートフォンの普及は留まることを知らず、世界中に浸透するようになりました。なかでもiPhone6は、高性能かつデザイン性の高い見た目から、多くの人に愛されている製品のひとつです。iPhone6を使用している人のなかには、電池の減りが早いという悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

バッテリーを意識せずにアプリを使用するとか、用途に合わせた設定の変更をしない場合、電池が切れやすい状態になってしまいます。今回は電池消耗を激しくする原因や、その解決法をご紹介します。

iPhone6の電池持ちやAndroidとの比較

iPhone6は連続通話時間に表すと、3Gで最大14時間前後といわれています。連続待ち受け時間は最大10日間前後です。

インターネット利用の場合はWi-Fiで11時間前後、4GLTEの状態で最大10時間前後の使用が可能です。

Android端末であるXperiaZ3は、iPhone6と同時期に販売されたことから、比較対象としてよく挙げられる機種のひとつです。

XperiaZ3の連続通話時間は3Gで最大27時間前後、連続待ち受け時間は4GLTE使用で15時間前後というデータがあります。

このことから、どちらの端末も基本的な操作はほぼ半日以上使用が可能という計算になります。

家事や仕事などの用事があるときは、端末の操作をしないという人は多いものです。そのため1日端末を使用するにあたり、不便さを感じることは少ないでしょう。しかし、バッテリーを気にせず使用を続けていると、電池持ちが悪いと感じるケースもあるようです。こうした電池持ちの悪さは、設定を変更するだけで解決することもあります。

iPhone6の電池持ちを良くする!3つの簡単テクニック

iPhone6の電池持ちが悪くなる原因は、意外なところに隠れているものです。電池持ちを良くするには、画面の明るさを落とすという方法が挙げられます。

画面が明るい状態だとそれだけデバイスの消費電力も大きくなり、電池持ちも悪くなります。画面を必要以上に明るくしている場合は、輝度を調整することで電池持ちを改善できるでしょう。

輝度の設定方法は、まずホーム画面で下から上に向かってスワイプします。次にコントロールセンターを開き、明るさのスライダが表示されたら、左にドラッグすることで明るさの調整を行うことができます。

また、アプリケーションのバックグラウンド更新をオフにすることも有効な方法です。設定からAppのバックグラウンド更新を選択し、スイッチをオフにすることで、簡単に切り替えを行うことができます。

インターネットを利用しているときに電力消費が激しい場合は、接続するネットワークをWi-Fiにすることも、電池持ちを良くするためのコツです。Wi-Fiネットワークは携帯電話ネットワークよりも電力消費が小さく、バッテリーの駆動時間を延ばすことが可能です。設定方法はWi-Fiアイコンをタップし、ネットワークにログインするだけで完了です。

iPhone6のバッテリー寿命を縮めないコツ

iPhone6の電池持ちに加え多くの人が気になっていることといえば、バッテリー寿命が挙げられます。バッテリーの劣化を抑えることで、交換する期間を延ばすことができます。バッテリーの交換には費用がかかるので、できる限りバッテリー寿命を延ばしたいと考える人は多いでしょう。

バッテリー寿命を縮めないコツは、温度にあります。iPhoneは35℃以下の環境で使用することが推奨されており、35℃を超えた環境で使用すると、バッテリーに負荷がかかり寿命を縮めてしまう原因に繋がります。そのため熱のこもりやすい環境を避けて使用することが重要です。

また、iPhone用のカバーを装着している場合は、カバーを取り外してから充電を行うと、熱がこもりにくくなるでしょう。

ポイントを把握して快適なiPhone6ライフを実現!

iPhone6の電池持ちに悩んでいる場合は「明るさの調整をしてみる」、「バックグラウンド更新をオフにする」などの工夫がポイントになります。

また、バッテリーが劣化しないよう意識しながら使用することも大切です。バッテリーの寿命を延ばすには「カバーを外してから充電を行う」、「35℃以上の環境での使用はできる限り避ける」などの方法が挙げられます。これらのポイントを把握しておくことで、iPhone6の使用がより快適なものになるかもしれません。

iPhone修理専門店あいさぽについてはコチラ>

バッテリー交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・バッテリーがすぐ切れる
・電源がいきなり落ちる
・充電してもすぐにバッテリーが切れる
・バッテリーの充電が遅い
・バッテリーが膨張している
・バッテリーが発熱している
・バッテリーの充電が遅い

iPhone6の修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・ホームボタンの故障
・音量ボタンが効かない
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧