iPhone7Plusのバッテリーの持ちが悪い原因を探る!

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneを持っている方にとって、バッテリー切れはなるべく避けたいところですよね。

iPhone7Plusになってバッテリーの持ちがよくなったといわれていますが、バッテリー切れと無縁になったわけではありません。バッテリーを長持ちさせるためのコツを覚えておいて損はないでしょう。

まずはアプリの使用状況を確認!

iPhoneをより効率的に使いこなせるようになるさまざまなアプリ。数々のアプリをダウンロードしている方もいるでしょう。アプリの中には使用中以外にもバックグラウンドでバッテリーを使用し続けているものもあります。

バッテリーの使用状況を確認したいときは、「設定」、「バッテリー」の順に画面を開きます。バッテリーの使用状況の欄にバッテリーの使用率が表示されます。もし起動していないのにバッテリーを大きく消費しているものがあれば、アプリに異常が現れている可能性があります。不必要なアプリであれば削除した方が無難です。

また、アプリの中には「バックグラウンド処理」と表示されているものがあります。これはアプリを起動していないときでも、通信などを行い、バッテリーを消費していることを意味しています。もし不必要なものがあれば、「設定」、「一般」、「Appのバックグラウンド更新」の順に画面を開き、オンオフを切り替えましょう。他にも、頻繁に使用するアプリはあえて終了させないことや自動ダウンロードをオフにしておくことでもバッテリーの持ちがよくなることがあります。

電波関連は要注意!思い切って機内モードにする手もある?

バッテリーの持ちをよくしたいのであれば、電波関連にも気をつけましょう。Wi-FiやBluetoothがオンのままになっていると、iPhoneが電波を探して無駄にバッテリーを消費してしまいます。

そこで、外出先など4G回線しか使わない場面では、Wi-Fi、Bluetooth、テザリングをオフにしましょう。Wi-Fiについては、「接続を確認」のチェックも外しておくようにします。また、機内モードに切り替えて、バッテリーの消耗を最小限に抑える手もあります。出張や旅行などで海外に行ったときにエリア外の電波を受信する「データローミング」を利用する人もいるでしょう。

ほとんどの場合、日本国内でデータローミングを使用していたからといって課金される心配はありませんが、Wi-Fiなどと同様に電波を探してバッテリーを消費する可能性があるため、オフにしておいた方が良いでしょう。

サービスやメールの受信状況も確認してみよう!

アプリ、電波系の設定について確認したならば、サービス系や受信の設定を確認してみましょう。

「設定」、「プライバシー」、「位置情報サービス」、「システムサービス」の順に画面を開いて、「Wi-Fiネットワーキング」や「利用頻度の高い位置情報」などを必要に応じてオンオフを切り替えます。

また、iPhoneの品質向上のために診断データと使用状況データを毎日Appleに自動的に送信することになっていますが、不必要ならばデータの送信をやめましょう。そのほか不要な通知サービスをオフにする方法や、メールの受信方法を見直して迷惑メールを受け取らない設定にしておく方法があります。

iPhoneに問題が……?リセット・再インストールは最終手段

いろいろやってみても状況が改善されず、ほとんど使用していないのに1日でバッテリーがなくなってしまう状態が続く場合には、iPhoneが不具合を起こしている可能性があります。

まずiPhone7Plusの再起動を試してみて、状況が変わらなければすべての設定をリセットしてみましょう。その後、iOSをダウングレードしてみてもバッテリー消耗状況が変わらないなら、最終手段としてiOS10をクリーンインストールしてみます。このとき、忘れずにバックアップをしておくことが大切です。

不必要にバッテリーを消耗しないためのひと工夫

このようにバッテリーを長持ちさせるための方法にはいろいろあります。iPhone7Plusは個人のライフスタイルに応じて自由に使えるものなので、不必要な設定をオフにして、または不必要なアプリを削除してバッテリーの持ちをよくするように工夫しましょう。

さまざまな方法を試してみてもバッテリーの消耗が激しい場合には、故障の可能性もあるので、専門家に問い合わせてみてください。

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

バッテリー交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・バッテリーがすぐ切れる
・電源がいきなり落ちる
・充電してもすぐにバッテリーが切れる
・バッテリーの充電が遅い
・バッテリーが膨張している
・バッテリーが発熱している
・バッテリーの充電が遅い

iPhone7Plusの修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・フロントパネルのひび割れ
・画面表示不良
・タッチパネル不良(タッチが効かない)
・バッテリー交換
・カメラが映らない/映りが悪い
・コネクタ不良(充電ができない等)
・ホームボタンの故障
・音量ボタンが効かない
・スリープ(電源)ボタン故障
・バイブレータがきかない
・相手や自分の声が聞こえない
・電源が入らない
・水没してしまった
・その他故障トラブル修理

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧