iPhone6が熱い!発熱する原因や対処法って?

iPhone6を使っていると「いきなり本体が熱くなる」なんていうことを経験した人もいるのではないでしょうか。このような状態になる時はさまざまなことが原因で起こっているのですが、その原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

また、発熱してしまった場合にはどのように対処すればよいのでしょうか?

iPhone6が発熱するのは故障なの?

iPhone6は一度発熱すると、場合によっては持っているのが辛いぐらい熱くなります。それぐらい熱くなってしまうと「故障しているのでないか?」と考えてしまうかもしれませんが、iPhone6の場合、基本的には問題ありません。iPhone6の内部にあるアプリを処理するCPUはパソコンとそん色ないレベルの性能を誇っています。

CPUが作動すると発熱しますが、パソコンは空調装置等を使って上手く外部に排出しているのに対して、iPhone6では本体部分から放熱することによって熱を逃がしているのです。もちろん、異常なほど熱くなってしまった場合には故障の疑いもありますが、iPhone6が発熱すること自体はそれほど不思議なことではありません。

突然、画面が消える?発熱すると起こる症状とは?

iPhone6発熱すること自体は故障でないケースが多いですが、使っている上でおかしな症状が出ることがあります。例えば、「画面が動かなくなる」ことや「電池の消耗が激しくなる」、「画面が真っ暗になって電源が入らなくなる」といったことです。

最初は動作が遅くても再起動すれば直っていたのに、徐々に動作が遅くなり最終的には電源が落ちて、アップル社のマークから動かなくなってしまうことがあります。

また発熱しているということは、CPUがiPhone内部でかなりの動作を行っているということですので、それに比例して電池の消耗が早まります。いくら「故障ではない」といっても、正常に使うのは難しくなってしまうので、正しい発熱の原因や対処法をとるようにしましょう。

iPhone 6が発熱してしまう3つの原因

iPhone 6が発熱してしまう原因には「容量不足」、「CPUのフル稼働」、「バッテリーの寿命」などが考えられます。写真や動画など容量が大きいものをたくさん保存していると容量が少なくなり、CPUへの負担が大きくなり発熱することがあります。

また、一度にたくさんの処理をする必要があるアプリなどを長時間開いていると、CPUが常にフル回転する状態になるため放熱が追い付かず、iPhone 6が熱くなることがあるのです。

また、バッテリーの寿命によっても発熱することがありますので、「フル充電してもあまりバッテリーの持ちがよくない」というような症状が合わせて出ているような時は、バッテリーの交換も考えましょう。

正しい対処法と絶対にやってはいけない対処法

iPhone 6が発熱してしまうのは基本的に上記のことが原因です。そのため、正しい対処法としては容量を空けるために、「無駄な動画や写真を削除する」、「長時間開いているアプリを一度閉じる」といったことになります。このような対処をして、一度電源を切って熱が冷めるまで待つとよくなることが多いです。

しかし、中には勘違いして「とにかく熱を下げる」という対処法をとる人がいます。例えば、「冷蔵庫にいれて冷めるまで待つ」なんてことは絶対にやってはいけません。冷蔵庫で冷やすとiPhone内部で結露が発生して、基板が濡れることによって故障する恐れがあるからです。

発熱した時にできる応急処置とは?

発熱したiPhone6は急に冷やすと冷蔵庫に入れたときと同様に結露が発生して、故障の原因になります。そのため、できるだけ風通しの良い場所に置いて、徐々に熱を下げる方法が有効です。その際に冷房を効かせたクーラーの前に置いておくと効率よく熱を下げることができますので、試してみてはいかがでしょうか。

また、iPhoneケースの中には発熱防止に特化したものもあり、放熱を促進してくれます。このようなケースを使用することで発熱しにくくなりますので、できるだけ対処したくないという人にはおすすめです。

なかなか直らない場合には、修理依頼も考えよう

ここまで述べてきたことで、「発熱が止まらない」とか「いったん収まってもすぐに発熱してしまう」という場合には、修理に出してみる方がよいでしょう。いくら故障ではないといっても、あまり長期間発熱している状態が続くことはCPUにとって良いことではありません。「少し異常だな」と感じたら修理業者へ問い合わせしてみましょう。

現在ではiPhone の普及率が高まってきたことによってAppleの正規店だけでなく、さまざまな業者で修理を行っていますので、そういう店舗を利用してみるのもよいのではないでしょうか。

iPhone6が発熱しても正しい対処法をすれば大丈夫!

iPhone6が発熱してしまってもそれは不思議なことではありません。多くの場合で「容量不足を解消する」、「長時間開いているようなアプリを閉じて、CPUの負荷を軽くする」、「バッテリーを交換する」といった対処をして電源を切り、しばらく置いておけば直ります。

しかし、このような対処をしてもなかなか直らないときは故障の可能性もありますので、修理業者へ問い合わせしてみましょう。

iPhoneバッテリー交換修理についてはこちら>

iPhone修理専門店はコチラ>

iPhone6の修理はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM