iPhoneの電池にトラブル!バッテリー交換の方法まとめ

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneの電池が膨張したときのバッテリー交換方法


ある日突然iPhone本体に隙間を見つけることがありませんか。それは電池の膨張が引き起こしている現象です。iPhoneの機器温度は通常16度から22度が適正とされています。この温度を下回ったり上回ったりすると、バッテリーが過充電の負担を受け、膨張を起こします。膨張が起きたバッテリーは劣化していることになりますので新品と交換をします。

バッテリー交換は、サービス保証に入っていてその期間内であることと、バッテリーの蓄電容量が80%未満に劣化していることの2つ条件を満たせばアップル正規店での無料交換が可能ですが、そうでない場合は修理料金が高く時間もかかってしまいます。通常アップル正規店では、バッテリーの交換に9400円かかります。そのため、iPhone修理専門店に相談することをおすすめします。

iPhoneの膨張は、バッテリーだけでなく本体にまで悪影響を及ぼします。膨張したバッテリーによってできた本体の隙間からほこりや砂が入って内部を傷つけてしまうことも考えられます。バッテリーが膨張していることに気づいたら早めに交換を行うようにしましょう。

普段iPhoneを使っている中でバッテリーの劣化に気づくことができれば、膨張する前に交換ができ、本体への影響を最小限に食い止めることができます。例えば、しっかり充電したのにすぐに充電がなくなってしまうようなときはバッテリーの劣化を疑いましょう。

バッテリーは、充電によって負担がかかります。まめに充電をしたい気持ちはわかりますが、充電回数が多くなるとそれだけ早く劣化や消耗が起きることを意識して充電したら使い切るようにするのも、バッテリーの寿命を延ばすひとつの方法です。

iPhoneの電池はどれくらいもつ?バッテリーの一般的な寿命

では実際にiPhoneの電池はどれくらいもつものなのでしょうか。バッテリーは充電すれば何度でも使えるものですから、寿命がなく永遠に再生可能だと思いがちですが、そうではありません。バッテリーには寿命があります。iPhoneのバッテリーの場合は、寿命は3年といわれています。もちろん全てのバッテリーが3年で使えなくなるわけではありませんし、3年間使えることを保証しているわけでもありません。バッテリーの劣化の度合いはiPhoneの使い方で大きく変わります。

バッテリーの寿命は、普段のiPhoneを使っている中で確認できます。最もわかりやすいのがバッテリーの膨張です。バッテリー自体が膨張していることは目視できませんが、バッテリーが装着されている背面が盛り上がっていることで確認できます。次に普段充電をしているときに確認できるのが、%表示の不具合です。充電器につける前は10%だった表示が、充電をはじめたとたん30%になったりするのであれば、バッテリーの状況をiPhoneが正しく認識できていないことになります。この原因のひとつにバッテリーの劣化があります。最も早期に確認できるのは、電池の減りです。普段使っている中でバッテリーが劣化してしまうと、フル充電をしてもすぐに電池がなくなってしまいます。これら3つの症状は、バッテリーの劣化のサインですので見逃さないようにしましょう。

iPhoneの電池がもたない!バッテリー交換の方法は?


iPhoneは簡単に立ち上がり簡単に操作することのできる便利なツールです。しかし実際には様々なアプリがバックグラウンドで動いています。プログラムの更新やデータ通信、さまざまな通知機能など、利用者が操作して稼働するのではなく、自動的に動作するものはたくさんあります。これらが電池の減りを早くしている原因のひとつになっています。

あまりに電池の減りが早いと感じるのであれば、まずは、裏で動いているアプリをチェックして、不要な設定を変更しておきます。「設定」-「一般」-「Appバックグラウンド更新」でアプリの一覧が表示されますので、普段使わないアプリはバックグランド処理を行わないように設定を変更しておきます。また、使用頻度の少ないアプリの通知機能を切ることも有効です。最後に最も見直したいのが位置情報サービスの設定です。位置情報サービスはとても便利な機能で、多くのアプリで利用されています。その分多くの電池容量が使われています。

このようなさまざまな方法でバッテリーの減り対策を行ったとしても減りが早い場合は、バッテリーの劣化が考えられますので早めに交換を行いましょう。AppleCare+に加入していてバッテリー本来の蓄電容量が80%未満であれば、無料のバッテリー交換サービスを利用してアップルの正規代理店でバッテリーを交換してもらえます。ですがこの条件に当てはまらない場合は、有料で修理を行います。その場合は、Apple正規店でもiPhone修理の専門店でもバッテリー交換をしてくれます。

iPhone6sの電池が不調ならチェック!バッテリー交換プログラムとは?

今手もとにあるのがiPhone6sだったら、突然シャットダウンしてしまうという不具合はありませんか。それはiPhone6sの電池不具合によるもので、2016年11月にアップル社から発表されたバッテリー交換プログラムで、バッテリーの交換ができるかもしれません。

バッテリー交換プログラムは、iPhone6sが突然シャットダウンしたり、シャットダウンまではいかなくても急激に電池容量が減ってしまったりする不具合です。2015年9月から10月までに製造されたiPhone6sが対象で、購入後3年以内であれば無料でバッテリー交換を受けることができます。
まずは、自分のiPhone6sが対象となっている機器かどうかを確認します。無償交換できるシリアルナンバーは、アップルの公式サイトに掲載されています。自分のiPhone6sのシリアルナンバーは、「設定」-「一般」-「情報」のページで確認できます。

バッテリー交換プログラムの対象機種であれば、すぐに交換を申し込みます。劣化したバッテリーは百害あって一利なしです。交換は、アップル正規店へ来店して直接交換するか、アップルテクニカルサポートへ本体を郵送して交換を依頼する方法があります。

iPhone6sバッテリー交換プログラムを受けるときには、前もって「iPhoneを探す」機能をオフにしておきましょう。また、バッテリー交換ではデータを消去させる必要はありませんが、万が一に備えてバックアップを取っておくと安心です。

iPhone7の電池持ちが悪くなったら?バッテリー交換がベスト?


iPhone7を使い続けるためにポイントとなるのが電池の寿命です。iPhone7の電池を長持ちさせるためには購入時にしておきたいことがあります。1回目の充電は電池容量を0%まで使い切ってから行うということです。iPhone7はリチウムイオン電池を使っていますが、使用開始前のリチウムイオン電池は放電する力が弱いという欠点があります。そのため、最初にイオン交換をしっかり行う必要があるのです。その方法が最初の数回を完全に使い切ってから充電するという方法です。そのあとは逆に使い切らないうちに充電をするようにすると電池の負担が少ないといわれています。

とはいえ、もう使い始めてしまっていたり、中古を買ったりしたときには時すでに遅しです。電池持ちが悪くなったと感じたら、アプリに頼ってみるのもひとつの方法です。様々なバッテリー節約アプリがあります。アプリごとの消費電力を把握したり、GPSの有無による駆動時間をチェックしたりと、効果的にバッテリーを使うためにどのようにそれぞれのアプリなどを設定したり、利用すればよいかのヒントを見つけ出すことができます。充電しても電池がすぐになくなってしまう場合は、バッテリーが寿命である場合が多いので、その場合は交換してしまうのが、一番です。無理に使っていても、使い勝手が悪いばかりではなく、iPhone7本体に負担がかかってしまいます。

快適に使い続けるためにバッテリー交換をしよう

iPhoneを今や手放せないという人は多いはずです。ですが、ヘビーユーザーになればなるほど電池トラブルのダメージは大きいですね。iPhoneのバッテリーは、100%の充電を500回繰り返したとしても、容量の最大80%の能力が保てる仕様になっています。そのため適切な環境で正しく充電していれば、それほど短期でトラブルをおこすことはありません。さらに充電方法も工夫するとより一層電池を長持ちさせることができます。

ですが寿命があるということも事実です。どんなに工夫して使っていても寿命は必ずやってきます。寿命がきたら、そのあと延命させることを考えて不便な使い方をするのでしたら、思い切って交換をするのが一番です。バッテリーの交換は、それほど難しいことではなく、短時間で行うことができます。

iPhoneは購入してから1年間の製品保証がついているので、保証期間内であれば、バッテリーの交換や修理は正規店ですぐにやってもらえます。ですが、この期間が過ぎてしまうと有料になり、正規店の場合であれば、時間や割と高めの費用が掛かります。iPhone修理の専門店であれば、低価格で短期間の交換が可能ですので、まずはどれくらいの費用と時間がかかるかを問い合わせてみるのがいいですね。

iPhone修理専門店あいさぽについてはコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

バッテリー交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・バッテリーがすぐ切れる
・電源がいきなり落ちる
・充電してもすぐにバッテリーが切れる
・バッテリーの充電が遅い
・バッテリーが膨張している
・バッテリーが発熱している
・バッテリーの充電が遅い

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧