iPhoneが勝手に動き出す?ゴーストタッチの解消法

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneを放置しておくと、ときどき勝手に動作をし始めるという不思議な現象が起こります。まるで幽霊がiPhoneを勝手に操作しているようにみえることから、ゴーストタッチと呼ばれるこの現象。さまざまな不具合が現れますが、自分自身で対処できるケースと修理が必要なケースの2種類に分かれます。

今回はゴーストタッチを引き起こす原因と対処法を解説していきます。

ゴーストタッチってなに?主な症状

ゴーストタッチはiPhoneに触れていないにも関わらず、勝手にいろいろな動きをする状態を指しています。

勝手にアプリが起動したり、画面をタップしても動かないと思ったら高速で動きだしたり、まるでゴーストがiPhoneを使っているような動きを始めます。LINEでスタンプを送信し続けてしまう、Twitterで勝手に投稿してしまうなど、予期していない動作を繰り返すようになります。中にはゴーストタッチが原因で電話をかけてしまい高額な通話料になるというケースもあり、ゴーストタッチを放置しておくと取り返しのつかない事態に発展することも。ゴーストタッチに気付いたら、早めに対処しましょう。

ゴーストタッチの原因はどれ?3種類の原因

ゴーストタッチはディスプレイの不具合・ソフトウェアの不具合・端末の不具合の3種類です。

ディスプレイの場合は目に見えない細かい傷が原因になっている場合が多く、iPhoneを落としている可能性があります。表面上には大きな傷が見当たらなくても、ほんの小さな傷でも誤作動を起こしてしまうので、心当たりがある場合はiPhoneの修理に出すようにしましょう。iPhoneに貼っている保護フィルムに、気泡やホコリが入っていて誤作動を起こしているケースも考えられます。

次にソフトウェアが原因になっていることもあります。OSのアップグレードをしていない場合は、アップグレードで改善されることも。バージョン確認をして、古い状態のままのときはアップグレードを試してみましょう。この他にもシステムの不具合が考えられますが、自力での特定は困難なので専門家に相談するのがおすすめです。

また、端末自体が不具合を起こしているケースもあります。たとえば、iPhoneを充電したまま動画を見ていたり、ゲームを長時間遊んでいたりすると熱暴走を起こします。熱によってシステムの不具合を引き起こしてしまっているので、適度に端末を休ませるようにしましょう。

まずは自力でできる対処法を試してみよう

ゴーストタッチは、「本体が過剰に熱を持っているとき」「タッチパネルに水滴がついている・液晶保護シート内にホコリや気泡、チリが入り込んでいる」「iPhoneの更新していない」などの原因があります。これらの原因でゴーストタッチが起きているのであれば、自分で対処ができるので試してみましょう。

最初に試してみてほしいのは、タッチパネルや液晶保護シートの水滴やチリ、気泡を取り除くことです。ほんのわずかな量でもタッチパネルが反応している場合があるので、思い当たる人はタッチパネルや液晶保護シートをきれいに拭いてみてください。

次に、iPhoneの再起動とiOSのアップデートで改善されることもあります。

また、iPhoneを充電したまま動画を見たり、ゲームを遊んだり、アプリを起動したまま使っているのもゴーストタッチの原因になります。iPhoneが熱すぎると熱暴走を起こしてゴーストタッチ現象が起きるので、高温注意の警告が出たときは使用を控えましょう。警告画像が出ていないときでも本体は熱暴走を起こす可能性があるので、適度にiPhoneを休ませるようにしてください。具体的には、動画視聴やゲームをやめる、アプリなどを終了させる、充電器を抜くなどです。

最後に、磁力が原因で起きるゴーストタッチもあるようです。iPhoneの側に磁石や磁気を発するものがあるときは、離してから使うようにしましょう。

対処法を試しても直らないときは

上記の対処法を試してみても、ゴーストタッチが改善されないときは4つの原因が考えられます。

まずは使っている充電器で、純正品ではないものを使っているとゴーストタッチが起きると言われています。充電器を抜いたらゴーストタッチが止まった場合は、充電器が原因になっている可能性があります。その際は純正品の充電器に買い替えましょう。

次にバッテリーの劣化も原因になっているかもしれません。バッテリーは劣化すると膨張して熱を持つと、ソフトウェアやハードに異常を与えてしまうことがあります。バッテリーの膨張は意外と気付きにくく、見た目だけでは判断がつかない場合も多いので、ゴーストタッチが起きたらバッテリーも疑ってみましょう。

3番目の方法はiPhoneの初期化です。データがすべて消えてしまうので、事前にバックアップをとっておくことが必要になりますが、ゴーストタッチの確認をするためにも初期化は行っておきましょう。

最後の方法はiPhoneの修理交換を依頼することです。iPhoneの初期化をしてもゴーストタッチが改善されない場合は、保証期間が終わっていても無償で交換してもらうことができます。

ここで注意しておかなければならない点は「無償交換の対象になるのはiPhone本体の初期不良のみ」という点です。バッテリーの膨張や液晶パネル割れが原因でのゴーストタッチでは、無償交換の対象にはなりません。あくまでも、iPhoneの初期不良で起こっているゴーストタッチが対象ですので注意しましょう。

ゴーストタッチを起こさないための心得

ゴーストタッチに悩まされないためには、常日頃から注意してiPhoneを使うようにしましょう。耐衝撃機能の付いたiPhoneケースを使う、パネルに傷が付かないように保護シートを貼るなど、自分でできる対策をできる限りしておくことが大切です。

ゴーストタッチが起きてしまうと、最悪の場合iPhone自体が使えなくなるので、あらかじめデータのバックアップをとっておくと万が一のときも安心です。ゴーストタッチは液晶保護パネルやスマホカバー、バッテリーの膨張や非純正充電器の干渉など、ありとあらゆる可能性があるので、いろいろと対策法を試してみましょう。それでもゴーストタッチが改善されない際は修理を検討してみてください。

iPhone修理専門店あいさぽについてはコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

液晶画面表示不良の交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・タッチ操作が出来なくなった
・タッチした後の動きがおかしい
・液晶にドット抜けがある
・液晶不良を放置したら電源が入らなくなった
・画面は点くがバックライトが点かない
・画面の表示がおかしい
・液晶から液体が漏れている

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧