iPhoneの修理、正規店と民間の修理業者の違いは何?

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneの修理業者にはApple Storeや正規サービスプロバイダといった正規の修理店とそれ以外の民間の修理業者があります。iPhoneの修理先を探している人のなかにはどちらを選ぶべきか悩んでいる人もいるのではないのでしょうか。

正規の修理店、民間の修理店は同じ修理業者でも提供しているサービスなどに大きな違いがあります。また、どちらを選んでもメリット、デメリットがあります。iPhone を修理に出すときは修理の品質などの要素も考慮に入れつつ、自分の状況に合った修理業者を選ぶことが大切です。

正規とは?どこにあるの?修理の流れは?

いわゆる正規の修理店にあたるのがApple StoreまたはApple正規サービスプロバイダです。
Apple StoreはメーカーAppleの直営店で、東京都心を中心に7店舗が存在します。店舗数は限られていますが、行けばメーカー公式の修理サービスを受けられます。

正規サービスプロパイダはApple純正部品を使用し、Appleと同等の保証・技術のもとに修理サービスを提供するApple公認の修理店です。ビッグカメラやカメラのキタムラなどがこの正規サービスプロバイダです。Apple Storeとは違い、地方都市にも店舗がある場合もあります。Appleコールセンターに電話をすれば最寄りのお店を教えてもらえます。

ただし、お店にそのまま行ってもすぐに修理をしてもらえるとは限りません。正規の修理サービスを受けるためには基本的に予約が必須です。Apple Storeに直接持ち込むか、Appleコールセンターやサポートサイトを通して正規サービスプロバイダに修理の依頼をします。

修理の予約が取れたら端末の初期化に備えてデータのバックアップを取り、「iPhoneを探す」の機能もオフにします。その後予約日に来店、即日持ち帰りとなります。

民間の修理業者とは?どこにあるの?修理の流れは?

Appleの公認を受けていない修理店はすべて民間の修理業者になります。街にお店を構えるiPhone修理業者のほとんどがこうした民間の修理業者です。

民間の修理業者の特徴はすべて純正部品を使う正規店とは違い、純正部品ではない部品を利用する場合もあることです。ただし、iPhoneの部品は純正品と同等の部品も多く出回っているため、必ずしも純正部品以外の部品のクオリティが低いとは限りません。正規サービスプロバイダより店舗数は多く、地方在住の人でもお店を見つけやすいでしょう。

修理の流れについては、正規の修理店とは違い即日対応が基本。予約もできますが、いきなり端末を持ちこんでも対応してもらえます。正規の修理店よりも修理完了までにかかる時間は短いです。

正規店と民間の修理業者の最大の違いはなに?注意点は?

民間の修理専門店には正規の修理店にはないメリットが2つあります。

1つはデータの保護です。正規店に修理を依頼する場合、原則としてiPhoneは初期化されてしまいます。しかし、民間の修理専門店は不具合のある場所の修理のみを行うため、iPhoneを初期化する必要がありません。

もう1つは待ち時間の短さです。正規の修理店は店舗数が少なく、つねに混雑しています。その点、民間の修理専門店は待ち時間も短く、事前の修理予約も不要なことが多いです。飛び込みの依頼でも即日対応してくれるため、突然の水没などのアクシデントにも対応できます。特に、パネル割れやボタン修理であれば短時間で修理ができますし、修理代金についても正規店よりかなりお得です。

ただし、民間の修理店についてもまったくデメリットがないわけではありません。1つ目のデメリットは修理後に公式保証が受けられなくなるリスクがあることです。民間の修理業者でiPhoneを分解修理した場合、Appleや携帯会社が提供する公式保証・サポートの対象外になってしまう可能性があります。

2つ目のデメリットは業者によって修理技術や使用部品の質にばらつきがあることです。メーカーによる修理技術の認定を受けているわけではないので、サービスの質は業者によってまちまちです。なかには不適切な修理を行う業者もいます。たとえば、修理費の安すぎるお店には注意が必要です。実は民間の修理店だからといって修理費が正規店より極端に安くなるわけではありません。修理費が安すぎるお店は使っている部品のクオリティが低い場合があり、修理後にトラブルになる危険性があります。

民間の修理専門店を選ぶポイント

もちろん修理技術の高い良心的な民間の修理業者もたくさんいます。安心して修理を依頼できる民間の修理店を見極めるためには3つのポイントをチェックすることが重要です。

1つ目のポイントはお店の実績です。実績があり、経験豊富な業者は信頼できます。また、国の登録を受けている登録修理業者を選ぶのもよい方法です。

2つ目のポイントは保証サービスがあることです。前述したとおり民間の修理店で修理を行うと正規の保証サービスから外れる可能性があります。そこで、民間の修理専門店の中には独自に保証サービスを提供しているお店があります。こうしたお店を選べばあとで端末に不具合が出たときでも安心です。

3つ目のポイントは修理代が安すぎないことです。きちんとした部品を使っているお店の修理費用はそれなりに高くなります。極端に修理代が安いお店は避けましょう。

使い勝手がいい方法で修理を依頼しよう

正規店と民間の修理店には修理完了までの時間、公式保証サービスの対象になるかどうかなどにいくつかの違いがあります。修理に時間がかかっても公式保証から外れたくないなら正規店に行くべきですし、即日対応してほしいなら民間の修理店に行くべきです。

民間の修理店を利用する場合でも値段よりもサービスの質・内容に注目してお店を選べば安心できます。今の自分が置かれている状況に合わせてどこに修理を依頼するかを決めましょう。

アイサポの修理体験記事はこちら(外部サイト) >

iPhoneの修理専門店はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

iPhone修理がはじめての方へはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM