iPhone6s plus 画面割れの修理方法

iPhone6s plusの画面割れを自力で修理する手順

19_19_2_31168932
画面割れはiPhone6s plusが特に起こしやすい不具合の1つです。中には自分で修理できてしまう人もいます。

その方法は、まず端末を分解します。専用のドライバーを使って、ドットコネクタ―の横にあるネジを外しましょう。ネジを外すと画面を持ち上げることができます。iPhone6s plusの画面には防水シールが貼り付けられているため、持ち上げる際は少し硬さを感じるかもしれません。ドットコネクタ側から先端の細い工具などを使い、てこの原理を使うと画面を持ち上げやすくなります。画面を持ち上げたら、液晶を外すため1つ1つのネジをそれぞれ外していきます。ただ、ネジはそれぞれ小さく、外す際は慎重を期さなければなりません。

また、液晶を外したら、今度は新しい液晶を装着する必要もあります。ネジを外したときに構造をよく覚えておかなければならず、自力で画面割れを直そうとする場合は専門的な知識が要求されることになります。また、おかしなところをいじってしまうと、端末がさらに故障してしまうこともあるので、自力で画面割れを直すことはリスクが高く、すべて自己責任になることを覚えておいてください。

安心!Appleの保証サービスを利用する

iPhone6s plusが画面割れを起こしたら、自力で直すよりも専門の修理機関に修理を依頼した方が良いでしょう。Appleの保証サービスを利用すれば、比較的安く画面割れを修理することができます。

Apple Store正規店や全国の家電量販店などに設置されているApple正規プロバイダサービスでは、Apple Care+という保証サービスを利用しての修理が可能です。Apple Care+を使って修理する際は、具体的な料金はそれぞれの店舗で変わってきますが、iPhone6s plusを3,400円程度で修理することができます。端末を持ち込んで修理してもらえば、その場ですぐに対応してくれるでしょう。Apple Storeの場合、全国に7店舗しかないので、配送で修理してもらうのが一般的です。その場合は修理が完了するまで5日ほど日数がかかります。

要チェック、民間の修理業者でも総務省認定登録修理業者へ!

19_19_3_28552173
Appleの正規店で修理してもらうのが一番と思いがちですが、Appleの正規店に修理依頼をする場合は、端末の初期化をしなければいけないことがほとんどです。

これに対して、民間の修理業者に依頼すれば、初期化をせずに修理することができます。しかし、民間の修理業者に依頼するのは不安と感じる人もいるでしょう。そういう人は、総務省認定登録修理業者というお店を探してみてください。総務省認定修理業者とは、総務省が定める厳しい基準をクリアしたスマホの修理業者のことです。

こうした修理業者であれば、Appleの正規店でなくても安心して修理を依頼することができます。値段はそれぞれの業者によって異なりますが、液晶交換などの処置なら9,800円~というところもあります。故障の具合によっては30~40分程度で修理が可能なので、すぐに修理してほしいという人にもおすすめです。

修理前はバックアップ、修理後は保護シートを!

iPhone6s plusの修理依頼を出す場合は、いくつか注意しておきたい点があります。まず、修理に出す前はしっかりバックアップを取っておく必要があります。

Apple正規店へ修理依頼を出す場合、端末が初期化されてしまうことがほとんどです。そのため、修理前にバックアップをしておかないと、せっかく蓄積したデータもすべて台無しになってしまいます。一方、民間の修理業者に修理依頼する場合は端末を初期化することはありません。しかし、念のためバックアップは取っておいた方が良いです。

画面割れを起こしたiPhone6s plusを放置すると、他の箇所にも不具合が生じて動かせなくなってしまうこともあります。そうなる前に、しっかりバックアップしてデータを保存しておきましょう。

また、修理後の対策も万全を期すに越したことはありません。画面割れはちょっとした衝撃でも起こってしまうことがあるため、落としたりしても画面割れを起こさないように、保護シートをつけることを忘れないようにしましょう。

まとめ

19_19_4_2405848
iPhone6s plusの画面割れは決して珍しいことではありません。放っておくと故障の具合が悪化してしまうこともあるため、ちょっとでも画面割れが生じている場合はすぐに修理に出すようにしましょう。Apple正規店でなくても、質の良い修理をしてくれる修理業者はたくさんあります。

また、Apple正規店での修理は、修理というよりも部品の交換です。交換する部品は新品ではなく再生品であるため、修理から帰ってきた端末がまたすぐに画面割れを起こしてしまうことも中にはあります。そのため、より確実に画面割れを修理するなら、民間でも専門の修理業者に依頼するのがおすすめです。総務省認可の修理業者であれば、安心して修理依頼を出すことができるでしょう。

フロントパネル(ガラス)の画面ひび割れ交換修理はコチラ>

iPhone6sの修理についてはコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧