iPhoneSEが発熱したら!取りたい正しい対処法とは

iPhoneSEを使っていると、気になるほど本体の温度が高くなることがあります。暑い季節などにそうなると、故障するのではないかと心配になることもあるでしょう。

iPhoneSEが熱を持つのは、仕組みや機能が理由なのでめずらしいことではありません。しかし、温度を高いままにしておくのは、不具合や故障の原因になります。仕組みや発熱への対応の仕方を知って、iPhoneSEのトラブルを防ぎましょう。

iPhoneSEが熱を持ちやすいのはなぜ?

iPhoneには、パソコンと同じように高度な情報処理機能であるCPUが搭載されています。

CPUはiPhoneの頭脳で、アプリや情報の管理という多様な面でのコントロールをしていますが、負担が大きくなればなるほど熱を持ちやすくなります。もともと電気で働く機器は、電気抵抗のために程度の差はあれ発熱するものです。しかしiPhoneSEは、コンパクトなボディに大容量な情報処理ができるパーツを、スペースを無駄にしないように詰め込んでいるので、その分だけ熱を逃がす空間が少なくなっています。

iPhoneには、パソコンのように冷却ファンは付けられないため、背面をアルミ製にして放熱するなど工夫がなされています。ですが冷却能力より発熱量が勝ると、本体はどんどん熱を持ってしまいます。アプリをたくさん入れてずっと起動するなど、CPUの負荷が大きくなると本体が熱くなってしまうのです。

iPhoneが発熱するとこんな不具合を引き起こす

iPhoneSEがある程度熱を持つのは仕方がないとしても、熱くなった状態のまま放っておくのはあまり良いこととはいえません。熱暴走を起こしてのフリーズや、アプリが落ちるといった不具合が発生する可能性が高まるためです。

また、iPhoneSEに使われているリチウム電池は高温に弱く、発熱はバッテリーの電気エネルギーが熱として消耗されているということでもあります。ですから、ずっと過度の発熱が続くと電池が早く切れたり、バッテリーが劣化して膨張したりというリスクも出てきかねません。

アプリのバッテリー消費率を知ろう

iPhoneSEの発熱に関係する過度の負荷は、アプリが原因になっていることが多いです。そして負荷の高いアプリは、バッテリーの使用状況から確認することができます。設定からバッテリーに入ると、アプリのバッテリー使用率を見られます。

アプリには、使っていなくてもバックグラウンドで働いているものもあり、自分で思っているよりもバッテリーを消費している場合があります。バッテリー使用率が高いアプリを知り、あまり使っていないアプリは削除するなど、iPhoneSEの発熱が気になったら、負荷を減らすように意識することも大切なのです。

iPhoneSEの冷まし方

iPhoneSEの熱が高くなった場合、それ以上CPUや本体に負担を掛けないために冷やしたほうが良いでしょう。iPhoneSEにケースを付けている人は少なくありませんが、放熱している背面部をおおうタイプのものは、発熱したときに熱をうまく逃がせません。

本体の温度が上がった場合には、ケースをはずして冷ますことを優先しましょう。扇風機やクーラーの風を当てて、表面から穏やかに温度を下げていくのも良い方法です。また発熱の原因となっている、負荷の高いアプリがきちんと終了しているかの確認もしておきましょう。

iPhoneを間違った方法で冷やすと?

発熱したiPhoneSEは冷やすのが良いとはいえ、正しい方法で行わなければ、かえって本体を壊す元になります。

例えば保冷剤を当てて急激に冷たくするようなやり方を取ると、iPhoneSE内部に結露が起きて、デリケートなパーツが水で濡れてしまうことがあるからです。高熱になっていても、内部の機器を守るためには、ゆるやかに冷ましていかなければならないのです。iPhoneSEは精密機器なので、本体の温度を下げるといったことに関しても、気を遣って正しい方法を取ることが大事です。

アプリなどに問題がなく、特に壊れるような心当たりがなくても、iPhoneSEの発熱が収まらない場合には、民間の修理専門店に修理に出すほうが良いでしょう。不具合の相談をするのは正規店でも良いですが、厳密には修理ではなくパーツの交換になり、少し時間も掛かります。愛着のあるiPhoneSEであるなら、不具合部分を直接修理してくれ、安価でさらに早く終わる民間のiPhone修理店もオススメです。

iPhoneSEは高機能のために発熱もしやすいですが、アプリなどを適切に使っていれば心配するほどの温度にはあまりなりません。アプリのバッテリー消費管理を行い、もし発熱温度が高くなった場合には本体に負担を掛けない方法で冷やして、CPUやバッテリーのダメージを減らしましょう。

iPhoneバッテリー交換修理についてはこちら>

iPhone修理専門店はコチラ>

iPhone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM