iPhoneの液晶に縦線が…原因や対処方法は?

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneの液晶に縦線が入ってしまった…原因や症状は?

9_9_2_3981482
iPhoneの画面に液晶線が入ってしまう原因としてまず考えられるのは、落下などによる液晶画面やパネルケーブルの破損です。この状態になると画面が反応しなかったり、タッチパネルの誤作動といった症状がでたりします。

その場合には修理店などで画面を交換することで修理することができます。電話やメール、LINEなどの受信ができる状態であれば問題は液晶画面やパネルケーブルそのものにあるからです。しかし、そうした動作ができない場合にはiPhoneの心臓部にあたる内部の基板が破損している可能性があります。

水没や経年劣化によって基板がおかしくなっている場合にも液晶線の症状が現れることがあるからです。その際には、残念ながら新しく買い直すしか手段はありません。もしもの時に困ることのないよう、あらかじめバックアップを取っておくのがおすすめです。

iPhoneの液晶に縦線が入ってしまった…対処法は?

画面の故障が原因で縦の液晶線が入ってしまっている場合には、修理店などで液晶画面の交換をしましょう。とりわけガラス割れなどの外傷がある場合には、大抵この方法で解決します。

外傷がなくても内部が割れてしまっている可能性もあるため、まずは診断してもらうとよいでしょう。修理店などではiPhoneの画面パネルを取り外し、新しい画面パネルに交換します。この画面パネルの交換だけで元通りの状態になることが多いです。画面パネルケーブルの損傷が原因の場合も、同じようにiPhoneの画面パーツの裏側を剥がして新しいコネクタケーブルに取り替えることで元通りになるでしょう。

液晶交換の期間や費用は?

9_9_3_36228996
液晶画面の交換を依頼する場合、正規店と民間の修理業者ではどのような違いがあるのでしょうか。

まず、Apple店舗やサービスプロバイダといった正規店の場合、修理料金はApple Care+に加入しているかどうかで大きく異なります。加入している場合の修理料金は3,400円です。加入していない場合にはモデルによって価格が変わります。iPhone 6やiPhone SEだと14,800円ですが、iPhone 7 plusやiPhone 6s plusだと19,800円です。

一方、民間の修理業者の場合にはiPhone 6やiPhone SEでおよそ6,000円、iPhone 7 plusやiPhone 6s plusの場合にはおよそ8,000円が相場なので、保証対象外だという人は民間の修理業者の方がかなり安く依頼することができるでしょう。また、正規店に修理を依頼した場合には最大一週間程度時間がかかる場合がありますが、民間の修理業者では多くの場合即日で修理してもらえます。少しでも早く修理してほしい、という人は民間の修理業者がおすすめです。

不安!データは大丈夫だろうか…?

修理を依頼する際、データが消えてしまわないか気になるという人も多いでしょう。基本的に忘れてはならないポイントとして、不具合が起こってからのバックアップはできないということが挙げられます。そのため普段からこまめにデータのバックアップを取っておくようにしましょう。ただし、液晶線の原因が画面の破損だった場合には、修理で基板そのものに触れることはありません。画面の交換だけであれば、基本的にはデータはそのままに修理することが可能です。

早い安いの街の修理店へぜひお問い合わせください

9_9_4_18776750
民間の修理業者に故障の修理を依頼するのは心配、という人も多いかもしれません。しかし、画面交換だけであれば街の修理店で修理してもらってもデータが消えてしまったりする心配はありません。また、街の修理店の方が価格も安く、作業も早いというメリットがあります。iPhone画面に液晶線がでてしまったという人は、まずお近くの修理店へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

液晶画面表示不良の交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・タッチ操作が出来なくなった
・タッチした後の動きがおかしい
・液晶にドット抜けがある
・液晶不良を放置したら電源が入らなくなった
・画面は点くがバックライトが点かない
・画面の表示がおかしい
・液晶から液体が漏れている

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM