iPhoneをなくした!紛失したときにすべきことを徹底解説

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneを紛失!本体をなくしたときにできること


iPhoneを紛失してしまったと認識したとき、まずするべきことはなくした自分のiPhoneに電話をかけてみることです。自分のすぐそばで電話が鳴っていると思われる反応があればすぐに見つけることができますし、もし離れたところにいた場合でもそこにいた人が電話に出る可能性があります。電話が繋がらない場合でも、その際の自動音声メッセージ「電波が届かない」「お繋ぎできません」などから紛失時の手がかりが得られる可能性が出てくることもあるでしょう。

このときに紛失したと思われる場所の心当たりがあるようであれば、まずそこに連絡をとってiPhoneがないか確認をしてみましょう。その結果を確認した上で警察への紛失届を出しておくことも重要です。しかし見つからないからといって、すぐ携帯電話会社へ回線停止の連絡を入れるのはおすすめできません。悪用されたらどうするのかと不安になる人もいるでしょうが、一度回線を停止してしまうと次項で説明する「iPhoneを探す」という機能が使えなくなります。よほど緊急を要する場合でなければ、この後説明する対処法を一通り試してから回線停止の連絡をするようにしましょう。

紛失や盗難に遭ったときに!「iPhoneを探す」ですべきことは?

iPhoneを紛失、あるいは盗難に遭った場合に探すことができる機能が「iPhoneを探す」です。これは他の端末から遠隔操作で紛失したiPhoneの位置を特定したり、利用制限をかけて悪用を防ぐことができる機能です。しかしこの機能を使うためには、該当の端末で設定をオンにしておかなければなりません。自分が使っているiPhoneを万が一なくしたときに備え、この機能をオンにしておくことをおすすめします。

この機能を使ってすべきことは、先に説明したようにまず紛失した端末の位置を特定することです。場所を特定することができればiPhoneを見つけることが容易になりますが、もし特定ができない、あるいは見つかった場所が遠くてすぐに回収することができない場合は「紛失モード」を使用して端末にロックをかけるようにしましょう。これで悪意ある人の手にiPhoneがわたってしまった場合でも端末の悪用を防ぐことができます。このように「iPhoneを探す」にはiPhoneの位置特定と利用制限をかけるという、紛失時に役立つ重要な機能が備わっているのです。iPhoneをなくしてしまったときは、まずこの機能の存在を思い出しましょう。

iPhoneを紛失したときの探し方


このように便利な機能である「iPhoneを探す」ですが、具体的な操作方法を説明します。まずこの機能をオンにするためにホーム画面の「設定」から自身のユーザー名をタップし、その中から「iCloud」を選択します。切り替わった画面を下の方にスクロールしていくと「iPhoneを探す」が出てくるのでこの設定をオンにし、中にある「最後の位置情報を送信」もオンにします。この設定を変える際にApple IDの入力を求めるサインイン画面が表示されたらIDを入力することで設定が完了します。

実際に紛失した際の探し方ですが、PCや別のiPhoneなどからiCloudにサインインをすると地図上でiPhoneの現在地を確認することができるようになります。iCloud以外に「iPhoneを探す」アプリでも同様の探し方が可能ですが、どちらのやり方にしても他の端末を使用してApple IDでのサインインが必要となるため、事前にApple IDを確認しておく必要があります。しかし位置情報を取得できない状態、すなわちオフラインの状態ではこの機能を利用することができません。そのような場合はどう対処したらよいのでしょうか。

「iPhoneを探す」がオフラインなのに紛失したときの対処法

「iPhoneを探す」がオフラインになっている要因として、端末の電源が切れていたりAppleに送信された最後の位置情報が24 時間以上経過しているといったものが挙げられます。この場合、位置の特定こそできませんがiCloudの画面から「検出したら通知」にチェックを入れておくことで、端末の電源が入ったなどの理由でオンラインになったときにその所在を教えてくれます。

また、各携帯会社でも端末を紛失したときに捜索してくれるサービスを展開しています。サービスには別途契約が必要となるケースがあるため、詳細は各携帯会社に確認が必要ですが、打てる手はすべて打っておくべきです。紛失直後から警察やなくしたと思われる場所に紛失の連絡をしていた場合は、見つかったかどうかの確認もしておきます。警視庁の落とし物検索を使うとその端末の特徴、拾得場所や問い合わせ先の情報が出てくるのでこちらも確認しておきましょう。ここに挙げた対処は紛失したiPhoneを探すためのものですが、それに加えて悪用を防ぐために紛失モードを設定して、紛失したiPhoneを遠隔でロックしておくようにすればより安全です。

iPhoneを紛失したときに!遠隔でロックする方法は?


iPhoneを遠隔でロックするためには、まずiCloudにサインインする必要があります。iCloudの画面から「iPhoneを探す」を起動し、端末選択の画面から紛失した端末を選び「紛失モード」をクリックします。もし普段からiPhoneにパスコードを設定していなかった場合はここでパスコード設定画面が出るので設定します。ロックをすると、紛失した端末の画面に連絡先の電話番号やメッセージが表示されるようになります。

そのため、端末を見つけた人が連絡できるように、自分の連絡先や情報をここで設定しておきます。メッセージの内容は自由に設定ができますが、連絡を求めるからとあまり個人情報を載せすぎるのは考えものです。連絡先電話番号と名前(苗字のみ)で良いでしょう。これでiPhoneにロックがかかり、他人に勝手に使用されることはなくなります。また、紛失モードの中には「iPhoneの消去」というメニューもあり、これは遠隔からiPhoneを初期化する操作となります。これは端末がなかなか見つからず、中のデータにアクセスされては困るというときの最終手段です。もちろん、バックアップをとっていなければ中のデータは完全に失われてしまうので取り扱いには注意が必要です。

場所がスムーズにわかるのは「iPhoneを探す」

自分の部屋や職場の中といった限られたスペースの中でiPhoneを見失った場合でも、これを見つけるのには意外と時間がかかるものです。ところが「iPhoneを探す」を活用することで、もっと離れた場所にあった場合でも比較的簡単に見つけ出すことができるのです。もちろん「なくさない」ことがベストなのでそのための注意は払うべきですが、iPhoneをなくしてしまったときに動揺しないように対処法をしっかりと把握しておきましょう。

「iPhoneを探す」は別端末から遠隔で操作することになるので、いざというときにその操作が行える別端末も用意しておかなければなりません。紛失したことを連絡しておかなければならない各所もあることでしょう。問題が発生したときにしなければいけないことが多いため、あらかじめリストを作って備えておくのもよいかもしれません。万が一iPhoneをなくしてしまったとしても、混乱せず落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

iPhone修理専門店あいさぽについてはコチラ>

iPhone修理がはじめての方はコチラ>

iPhone修理店のデータ取扱い・料金・サービス比較>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧