iPhone本体が熱い!発熱する原因と対処法を徹底解説

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneが発熱してしまう主な原因

iPhoneに搭載されているCPUに負荷がかかり過ぎてしまっているのも原因の1つとして考えられます。CPUはスマホを動かすための頭脳と言える部位で、この数値が高ければ高いほど快適に動作することができます。データサイズの大きな動画や写真も早く表示できるようになったり、操作もサクサクとスムーズになったりします。現在のアプリは複雑な処理が必要になるものが多いので、その分CPUにも負荷がかかりやすくなります。

たとえば、データフォルダ内に動画や写真、アプリなどが溜まりすぎているときは容量不足でiPhoneが発熱しやすくなります。容量不足を解消したら発熱する回数が減ることもあるので、思い当たる人は試してみましょう。次にiPhoneを充電しながら動画を見たり、ゲームアプリで遊んだりすることも本体が発熱する原因です。大きなデータのやり取りはCPUに負荷をかけるので、処理能力の高いiPhoneでも熱くなってしまいます。

充電するときは動画やアプリを終了させて、充電中はなるべく操作しないようにしましょう。また、iPhoneケースを使っている人も発熱しやすくなります。iPhoneケースを使っている場合は、取り外して本体を冷ましてみることをお勧めします。

冷蔵庫には入れないで!iPhone6が発熱したときの正しい対応

iPhone6の熱を下げるために、冷蔵庫に入れて熱を冷まそうと考えてしまう人がいるかもしれません。しかし、この方法はiPhone6の故障に繋がる恐れが大きいので、絶対にやめましょう。発熱しているiPhone6を冷蔵庫に入れると、急激に冷えてしまうのでおすすめはできません。

「iPhone6の熱が取れるのだから冷蔵庫に入れてもいいのでは?」と疑問に思うかもしれません。しかし、この方法はiPhone6の内部に結露を発生させてしまう危険性があり、故障にも繋がりますので他の方法を試しましょう。食品用の保冷材で冷やすもの同じ理由でNGです。結露が発生してしまうと内部の基板がびしょ濡れになり、水没させたときと同じ状態になります。

iPhone6が発熱しているときは「長時間、起動しているアプリを終了させる」「いらない写真や動画を削除する、もしくはSDカードやオンラインストレージを使って別の場所に移す」などをして、本体内の容量を増やしてみましょう。

また、CPUに負荷がかかっていて発熱していることも多いので、開きっぱなしになっているアプリを終了させるのも1つの方法です。特にデータサイズの大きなアプリ、通信を頻繁にするアプリなどはCPUが常に稼働している状態なので、本体も発熱しやすくなります。iPhone6が発熱しているときは「本体の容量を増やして、CPUへの負担を減らすこと」が、正しい対応と言えるでしょう。

暗所で熱を冷まそう!iPhone6sが発熱したときの対策とは?

iPhone6sが発熱しているときは、熱を取ることが大切です。冷蔵庫や保冷剤以外の方法で冷ませば、故障の原因にもなりません。風通しのいい暗い場所にiPhone6sを置き、熱がなくなるまで放置しておきましょう。充電器を使っているのであれば、まずは充電器からiPhone6sを外してください。それから、起動しているアプリを終了させてから電源を落とすことをおすすめします。iPhone6sを置いておく場所は直射日光の当たらない場所にしましょう。

直射日光が当たっていると本体が熱されてしまい、故障の原因になります。

iPhone6sの場合、バッテリーの不具合が原因で発熱していることもあります。本体が異常なほど熱くなったり、ホームボタンが火傷しそうなほど熱くなったり、そういった不具合が報告されているので注意してください。

熱を冷ました後も発熱が続く、触れないほど熱くなっている場合はAppleのホームページで不具合のある機種かどうかを調べてみましょう。不具合のある機種かどうかを確かめられるページが公開されています。冷まして再起動した後も発熱が続いている場合は1度確認してみることをおすすめします。

iPhoneSEが発熱したときは扇風機やクーラーを試してみて!

iPhoneSEはCPUが「Apple A9」と呼ばれるプロセッサを搭載しており、さまざまな処理能力・グラフィック処理能力がデスクトップPC並みに向上している機種です。この機種はスリムでコンパクトなボディなのですが、本体内部に熱がこもりやすくなっています。

発熱を避けるために背面部分をアルミ製に工夫がされてはいるものの、長時間のアプリ使用やゲームプレイ、動画の視聴をしていれば、発熱は避けられません。できるだけiPhoneSEの中にある不要データを削除するのが、発熱を軽減する方法です。

しかし、必要最低限のアプリを入れていても発熱してしまうこともあります。そんなときは、なるべくiPhoneSE本体を冷やすようにしましょう。

iPhoneSEが発熱してしまったときは、クーラーのかかっている部屋に置いておく、もしくは扇風機の風をあててみるなど、本体の熱を取るようにしましょう。スマホグッズにも「冷却ファン付きのスタンド」や「スマホ用冷却台」などが販売されているので、使ってみるのもおすすめです。

また、iPhoneケースを選ぶときもアルミ製のものを選ぶと、冷却効果が期待できます。クーラーや扇風機と併用しながら、本体の熱を冷ましてみてください。

アプリの起動のし過ぎかも?iPhone7が発熱したときの対処法

iPhone7が発熱している原因に「たくさんのアプリを同時に起動していること」が挙げられます。使い終わったアプリはきちんと終了させて、CPUへの負荷を減らしましょう。データサイズの小さいアプリや通信のないアプリでも、同時に起動し続けていればCPUへの負荷になります。

また、常駐型アプリやバックグラウンドでも動き続けるアプリを多くインストールしている場合も、iPhone7が発熱しやすくなりますので注意しましょう。

アプリの起動が多すぎて発熱しているときの対処法は「使わないアプリをアンインストールすること」です。インストールしてみたはいいものの、ほとんど使っていないアプリもあるのではないでしょうか。いらないアプリはこまめにアンインストールすることをおすすめします。iPhone7の容量を確保する意味でも、アプリの整理を検討してみてください。

iPhone7は防水機能がついており、内部のスキマが少ないので熱がこもりやすくなっています。アプリが動いていればいるほど熱くなるので、少しでも「iPhone7が熱い」と感じたときは、アプリを終了させてみましょう。また、バックグラウンドで動き続けているアプリが多い場合は、データ制限やバックグランドでの稼働停止をしてみるのも発熱対策に有効です。

繰り返し発熱するならバッテリー交換や修理を!

発熱しないように対策しても、繰り返し発熱してしまう場合はバッテリーの劣化や本体の不具合かもしれません。本体が熱くなりすぎて、熱暴走を起こしてしまう可能性もあります。iPhone端末やスマホ端末のほとんどは「リチウムイオン電池」と呼ばれるもので、熱に弱いと言われています。

iPhone端末に熱がこもってしまうと、バッテリーがダメージを受けてしまい、故障の原因にもなります。手に持って「少し熱いかも」と感じる温度は40℃で、この温度になるとバッテリーに悪影響が出始めるので注意が必要です。

いらないアプリを削除したり、充電中にiPhoneを使わないなどの工夫をしても発熱が改善されなかったりする場合は、バッテリー交換や本体の修理を考えてみましょう。バッテリーが劣化している可能性もありますし、本体が故障していることが原因で発熱している可能性もあります。

iPhoneを安全かつ快適に使うためにも、熱すぎると感じたときはバッテリー交換や修理に出しましょう。

iPhone修理についてはコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

iPhone修理がはじめての方へはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM