表示がない?iPhoneのバッテリーを確認する方法

iPhone修理【サービス比較】

「iPhoneにどれだけのバッテリーがあるか」ということを確認するとき、ほとんどの人はステータスバーのバッテリーアイコンを見ることでしょう。ここを確認することで、おおまかなバッテリー残量をチェックできます。では、もっと詳しいパーセンテージで残量を確認したいとき、どうすればいいのでしょうか。

この記事では、詳しいバッテリー残量のチェック方法や、ステータスバーにバッテリー残量は表示可能かということをご紹介します。

1.iPhoneX以降のバッテリー残量の確認方法


この記事では、iPhoneX以降のiPhoneでバッテリー残量を確認するときの方法について解説します。といっても、やり方はそんなに難しくありません。バッテリー残量を確認したいけどやり方が分からない、という人はぜひ一度チェックしてみてください。

1-1.コントロールセンターを使用

1つめは、コントロールセンターを使用する方法です。iPhoneでは、ステータスバーでバッテリー残量のパーセンテージを確認することができていました。しかし、iPhoneX以降、電池アイコンはあるものの、詳しい数値が分からなくなってしまったのです。

ただ、確認できないわけではありません。画面の右上の隅から下に向かってスワイプすると、コントロールセンターが出ます。その右上にバッテリー残量が表示されるようになっているのです。

1-2.ウィジェット

2つめは、ウィジェットで確認する方法です。実は、ウィジェットにバッテリーを追加することで、バッテリー残量の確認ができるようになります。バッテリーウィジェットは、Bluetoothに対応している別のデバイスと接続することで、追加が可能なのです。

方法としては、ホーム画面かロック画面の状態で、右にスワイプして「今日の表示」を出します。その状態で下にスワイプし、「編集」をタップしましょう。そして、最後に「+」をタップし、ウィジェットを追加すれば完了です。

2.iPhone8以前のバッテリー残量の確認方法とは?

バッテリー残量を確認するための操作方法は、とても簡単です。iPhone8以前のモデルでは、「設定」画面から「バッテリー」へと進み、「バッテリー残量(%)」をオンにします。

そうすると、ステータスバーの電池アイコンの隣に、数値が表示されるようになるのです。他にも、低電力モードを有効にしているときは、常にステータスバーに表示できるようになるので覚えておくといいでしょう。

3.バッテリー残量アイコンの表示色でわかる

まず、バッテリー残量が100%のとき、アイコンは緑色になっています。しかし、だんだんとバッテリーが減っていき、10%前後になると赤に変わるのです。そして、最終的には「バッテリー残量が少なくなっています」という警告が出るようになっています。

また、アイコンが黄色になっているのを見たことがある方もいるかもしれませんが、これは低電力モードになっているときです。

4.バッテリー残量がいきなり減った場合の対処法


ここでは、バッテリー残量がいきなり減ってしまった場合の対処法について解説します。
突然バッテリーが減ると、iPhoneが壊れてしまったのではないか、と焦ってしまうかもしれません。しかし、ここは焦らず、落ち着いて対処するようにしましょう。

4-1.過充電と放電をしてみる

対処法1つめは、過充電と放電をしてみることです。まれにですが、iPhoneを使用していないのにいきなりバッテリー残量が減ってしまうということがあります。これは、バッテリー残量の表示が誤っている場合があるのです。

そんなときは、一度、過充電と放電を行ってバッテリーをリフレッシュさせるといいでしょう。バッテリーをフル充電したあと完全に使い切り、数時間放電させるのです。それから、再度100%まで充電し、普段どおりにiPhoneを使用します。そして、バッテリー残量が正常に戻るかを確認してみましょう。

4-2.再起動

対処法2つめは、再起動をしてみることです。バッテリーがおかしいと思ったら、iPhoneを再起動し、バッテリー表示が正常に戻るかどうかを試してみましょう。

iPhoneXの場合は、上下どちらかの音量ボタンとサイドボタンを長押します。iPhone8以前の場合は、サイドボタンか上部ボタンを長押ししてシャットダウンさせましょう。そして、iPhoneを起動させます。

4-3.iOSのアップデート

対処法3つめは、iOSのアップデートをしてみることです。まれにですが、iPhoneのバージョンが古いままだと、バッテリー残量の表示がおかしくなるケースがあります。まず、iOSのバージョンをチェックして、最新でなければアップデートを行いましょう。

方法は、「設定」画面から入って「一般」に進み、「ソフトウェアアップデート」までいきます。もし、そこに数字が表示されていれば、「ダウンロードしてインストール」をタップしましょう。

4-4.初期化


対処法4つめは、初期化をしてみることです。iPhoneを初期化することで、バッテリー残量が正常に戻る場合があります。ただし、初期化するとiPhoneは工場出荷時の状態に戻ってしまうので注意が必要です。

もし、初期化する場合には、必ずデータのバックアップを行いましょう。なお、バックアップはiCloudかiTunesで、初期化はiTunesを利用することで可能です。

4-5.バッテリー交換

対処法5つめは、バッテリー交換をしてみることです。これらの方法を試してみてもバッテリー残量表示が変わらない場合、バッテリー自体の交換が必要になる可能性が高くなります。

なお、iOS10.2.1以降のiPhoneの場合は、「設定」画面から「バッテリー」へと進んでみましょう。「iPhoneのバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」と表示されることもあります。バッテリー交換となった場合、メーカー保証の適用範囲内の場合は、正規店やAppleStoreに依頼しましょう。
また、もし適用が切れている場合は、あいさぽで交換してもらうのがおすすめです。

5.iPhoneX以降はステータスバーへの表示はできない

iPhoneでは、どのモデルであってもバッテリー残量の数値を確認することは可能です。ただし、iPhoneX以降ではステータスバーへの表示ができないので注意が必要となります。

そのため、ウィジェットで簡単に見られるようにしておくと便利でいいでしょう。また、もしバッテリーに不具合がある場合は「あいさぽ」へ相談するのがおすすめです。

iPhone修理専門店あいさぽについてはコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

バッテリー交換修理について

その他にも以下の症状に当てはまるものがあればお問合せください。

・バッテリーがすぐ切れる
・電源がいきなり落ちる
・充電してもすぐにバッテリーが切れる
・バッテリーの充電が遅い
・バッテリーが膨張している
・バッテリーが発熱している
・バッテリーの充電が遅い

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧