こんにちは。iPhone修理あいさぽ川崎店の佐藤です。

 

今回の修理はハンパない状態で持ち込まれたiPhoneSです。

 

 

では、まずはお預かり時の状態をご覧入れましょう。

 

危険なにおいが漂ってきますね。状態を少し説明すると、ガラス面がバキバキに割れていて、上部ベゼルが欠け、インカメラなどが丸見え。フロントパネルがアルミフレームから外れてパカパカしている状態。もちろん、起動していません。

 

お客様はすでに新しいiPhoneをお持ちになられていて、サブ機としてお使いになりたいご様子でした。

 

受付時にこの状態を見て、店舗側がお客様にお伝えする修理内容は、

①液晶交換修理(これはお客様からのご要望)。

②フロントパネルがフレームから外れているのでバッテリー膨張の可能性があるので、バッテリーの修理が必要かもしれません。または、膨張していなくてもバッテリー起因で起動できていない可能性があります。

③上部ベゼルが欠けているのでインカメラや近接センサーに不具合が発生しているかもしれません。

④受付時に起動していないので店舗が行っている動作の確認ができないので、起動しても動作になにかしらの不具合が発生している可能性があります。

⑤起動していないので基盤がすでに使えなくなっている可能性があります。

 

以上の5点ですね。

 

これに対して、お客様から再度ご要望を伺います。

今回は、「とりあえず起動できればいい」とのことなので、①と②の修理になりそうです。もし、起動後に③と④の状態になったらお渡し時にお客様にお伝えします。⑤の場合は、未修理になるので修理代金は頂かず、そのままiPhoneをお返しします。

 

 

 

さて、長くなりましたが修理を開始しましょう。

 

まずはフロントパネルの取り外しです。このくらいぐちゃぐちゃになっているパネルを外すときは周りの枠と液晶やベゼル部分が離れてしまうことが良くあります。

 

そして、はずした状態がこちら。

 

完全にパネルが分解されていますね。そして、バッテリーも膨張しています。ベゼル欠けによるゴミの侵入もありますね。

 

新品のバッテリーとパネルを仮付けして起動するか確認します。

仮付けをしてみたら起動しました。基盤は壊れていないようです。

 

では、バッテリー交換とパネルの移植をしていきましょう。

 

この作業は何度も書いているとおもうのでここでの説明は割愛します。

 

交換と移植後の姿がこちら。

 

綺麗になりました。

 

この後、基盤側にパネル側のコネクタを接続してネジを締めて完成です。

 

 

問題なく起動し、動作の確認もすべてクリアしました。

完全にiPhoneとしての機能を取り戻しました。

 

お客様が取りに来られたら再度お客様と一緒に動作の確認をします。

お客様も問題なく動作するようになって喜んでおられました。

 

 

こんな状態のiPhone直るの!?とおもったら、あきらめずに是非あいさぽにもってきてください。

かならず元通りにしますとは断言できませんが、直る可能性を色々とお試しすることはできます。

買い替えるかどうか判断するために持ちこまれるお客様も沢山います。

あきらめる前に、ぜひ一度ご利用してみてください。

 

iPhone修理川崎 あいさぽ

 Web予約はこちらから→あいさぽ川崎店予約フォーム