こんにちは!あいさぽ新宿本店の佐々木です。 
今日は大雪警報通り、あいさぽ新宿本店の窓の外は雪模様です。 
段々降り積もってきて皆さん電車は大丈夫なのか…?と不安になる状態です。 
 
そんな寒―い大雪の中ご紹介するのは色味的には暖かい?気持ちになれるカメラの故障です。 
 

 
こちら、フロントパネル割れの症状でご来店頂き、一緒にアウトカメラも修理して欲しいとのご依頼です。 
フロントパネルの割れ修理は一番多い修理です。通常通り液晶に問題がないか確認し、ご申告のアウトカメラの確認に移ったところ… 
 

 
なんということでしょう。 
外側のアウトカメラを起動したところ、緑色のマットが映るはずが、白地に広がる桃色のモヤモヤ…。 
たまーに外側が映ってもピントは合わず、桃色のモヤモヤが画面中央に居座った状態になるようです。 
 
珍しい故障ですね。 
 
通常アウトカメラの故障といえば、黒い丸いシミがペタペタ付けられたような形のものが多いのですが、このような壊れ方をする場合もあります。 
シミが見えなくてもピントが合わない、写真を撮ると影が映るということもあります。 
起動しただけでは確認できず撮影しないと出ない不具合ですと、まるでテレビで紹介されているような心霊写真のようなものが撮れる場合もあります(m´ρ`)m  

変な光、影が写真に写りこむようになったら、ひとまずカメラの故障を疑いましょう。 
あいさぽにお持ち込み頂き、症状を確認させてください! 
 
あいさぽでも解明・修理できなかったら…それは本物!?かもしれません笑 
 
気を取り直して、桃色のモヤモヤが映り込むアウトカメラのお話に戻りましょう。 
 
お預かりした端末は、あいさぽの店内で慎重に開封作業が行われたあと、交換の作業に入る前に仮付けを行わせて頂いて部品の交換で問題なく症状が改善されるかの確認が行われます。 
 
今回の場合はフロントパネルとアウトカメラ両方を仮で付けての確認となります。 
 

 
液晶もカメラも綺麗に映りました! 
細かなパーツにピントも合うのでこの部品で交換を行っていきましょう。 
 
さて、こちらが取り外したアウトカメラです。 
 

 
うーん。表も裏も表面から見ただけでは故障の原因となるような打痕や汚れ等は確認できませんね。 
アウトカメラは中にピントを合わせるための装置も入っていますし、レンズはとってもデリケートです。ちょっとぶつけただけと思っても、内部では色々な事件が発生してしまっていてピントが合わない、起動しない、等の不具合が起こりやすい部品でもあります。 
 
昨今、どんどん高性能化しているスマートフォンは中身もよりデリケートになっています。 
取り扱いには十分ご注意くださいね。 
 
この本体はこの後、部品の交換が問題なく完了しました☆ 
同時交換ですと同時交換点数によって割引がございます。ぜひ、フロントパネルの割れのついでに「ここも調子が悪いんだけど…」とお気軽にご相談ください! 
 
ブログを書き進めているうちに、どんどん雪が降り積もってきています。 
滑って転んでiPhoneを放り投げてしまった!!ということが無いようお気を付けください。 
 
佐々木も気を付けて帰ります(`・ω・´)ゞ 

 
【あいさぽ新宿店 最寄駅のご案内】
●JR 新宿駅【東南口】から徒歩30秒
●丸の内線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●副都心線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●都営新宿線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-3 森治ビル3F
 
iPhone修理のあいさぽ新宿本店