iPhoneホーム ボタンが陥没して戻らないときの対処法は?

iPhone修理【サービス比較】

iPhoneホーム ボタンが反応しないけど故障なの?

3_3_2_28599621
ホームボタンが反応しなくなると、故障を疑う人が多く見受けられます。反応がないと押している感じがしなくて、陥没しているように思えるケースもあるでしょう。しかし、実際には何も故障していないケースもあります。使用中のアプリがフリーズしたために、反応が見られないだけかもしれません。すぐに故障と決めつけないで、電源ボタンを長押しして、いったん電源を切ってみましょう。少し待ってから起動させ、ホームボタンを押して反応するのであれば、故障ではない可能性が高いです。

また、充電不足が原因で、反応する電力が残っていないだけの場合もあります。電池残量が残りわずかなら、充電してから反応を確認しましょう。

ホームボタンから音がするけど大丈夫?

戻らないホームボタンが気になって、さらに押し込んでみる人もいるでしょう。そのときに異音がする場合は、砂や埃がホームボタンの周囲に溜まっている可能性があります。砂や埃が擦れて音が鳴っていることがあるからです。

ボタンが戻らないのも、それらが詰まってスムーズに動かないことが原因かもしれません。放っておくと、砂はiPhoneの他の部品にも入り込んで、本体が本格的に壊れてしまう恐れがあります。砂や埃を掃除するには、iPhoneを分解しなければなりません。素人が分解すると、配線が切れたりして故障の原因になりますし、戻せなくなる場合もあります。そのため、自分で対処しようとせずに、iPhone修理専門店に持ち込みましょう。

自分でホームボタンはなおせる?

3_3_3_27332663
ホームボタンが本当に陥没しているなら、素人がなおすのは難しいでしょう。実際には陥没ではなく、他の原因で慢性的に反応が鈍くなっているだけなら改善できる可能性があります。アプリを多く立ち上げていると、そちらにリソースが多く取られてしまい、反応が鈍くなることがあります。そのため、使用しないアプリをできるだけ起動しないようにすれば、反応が良くなることが期待できます。

マルチタスク画面を表示すると、起動中のアプリが表示されるので、不要なものを上にスワイプして消しましょう。また、反応が良くならない場合は「Assistive Touch」を使うのも一つの手です。この機能をオンにすると、画面上にホームボタンの代わりに使えるアイコンが表示されます。

修理したほうがよい場合は?

ホームボタンを押し込んだときに異音がするのであれば、すぐに修理の相談をしたほうが良いでしょう。自分で何とかしようとしているうちに、砂や埃が内部で拡散していき、状態が悪化する可能性が高いからです。

一方、再起動をするだけで反応が良くなるのであれば、そのまま使用していても、多くの場合は問題ありません。充電したり、アプリを終了させたりすることで改善する場合も同様です。それらを試しても反応が良くならないなら、たとえ異音が鳴らなくても、何らかの故障があることが疑われます。そのため、修理をする方向で検討しましょう。

まとめ

3_3_4_27466847
ホームボタンが陥没しているように感じる場合は、今回紹介した内容を参考にして原因や対処を考えると良いでしょう。ただし、正確に判断できないこともあるので注意しなければなりません。

たとえば、あまり異音がしなくても砂や埃が溜まっている場合もあります。再起動をして改善したように感じていても、一時的に良くなっているだけかもしれません。そのため、あくまでも自己責任で判断をしてください。ホームボタンがどのような状態なのかを正確に知りたいのであれば、iPhone修理専門店などに依頼してプロに確認してもらいましょう。

iPhoneの修理はコチラ>

ホームボタン交換修理はコチラ>

トラブル事例と修理料金はコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM