こんにちは。あいさぽ新宿本店の山川です。
 
新しい元号まであと1週間ちょっとですね~(*^▽^*)
そして、中にはきっちりと10連休を満喫できる方もいらっしゃるということで、羨ましいです!
私は一足早く小さな連休を作ってマッタリとお休みさせていただきました(笑)
 
さてさて、連休前のこの時期は例年駆け込み需要でバッテリー交換の問い合わせが増える時期でもあります。そんな中、減りが早いのではなく、起動しなくなってしまったiPhoneXが持ち込まれたのでご一緒に見てまいりましょう!
 

 
ご覧の通り、ケーブルにつないでも充電マークすら点きません。
この場合、パネルの不具合も疑われますが、お客様曰く
寝る前に充電器に挿して朝起きたらこうなっていたそうです。
 
お預かり後、内部を開けて確認しましたが水濡れもなく、
新しいバッテリーを仮で付けたところ、事も無く起動しました♪
 
今回は重度の不具合ではなさそうで、各パーツの機能も
特に問題が無かったため早速交換に取りかかります!
 

 
iPhoneXからは基板が2階建て構造になったため、基板自体の面積が小さくなりました。おかげでバッテリーのスペースが増えたのですが、そのスペースがまた『L字』と来たものですから、Appleさんもどのように組み込んだらいいものか悩まれたハズ!?
 
結果はご覧の通りそのままL字にバッテリーを組み込んでおりました(笑)
 
まずは黄色部分のパーツを全て外します。
以前はそのままでも作業できなくはなかったのですが、
なにせ...理由は後半で解説します。
 

 
L字のバッテリーは実は1つではなく、2個の連結となっています。
まずは上の方のバッテリーシールを外しにかかります。
 

 
次は下側に移ります。
このテープ以前は白くて柔らかい長く伸びるゴム状の素材だったのですが、
iPhone8以降は灰色の薄くてあまり伸びないゴム状の素材に変更されました。
千切れにくくなった分、作業はしやすいのですが、出だしのきっかけが
指だけで摘まみにくくなり、ツメや工具を使って少し引っ張り出す必要があります。
 

 
また、テープのすぐ近くにコネクタの端子があり、慎重な作業が求められます。
 

 
テープを剥がしてバッテリーを取り外すと、今まで通りのガランとした背面ケースが現れます。
 

 
戻すときは、黄色部分のパーツ類を先に戻します。※2枚目で写真を撮る前に外してしまったパーツたちです。先にパーツを戻した方がバッテリーをセットする時の位置合わせが容易になります。ただし、これらのパーツを外してバッテリーを交換しないと、なかなかテープだけを剥がすのは困難なので、時間がかかっても必要な工程となります。
 

 
全てを組み直して起動したところで、再度動作確認をして終了!!
大学の頃にカジったドイツ語を思い出して何とかチェック項目を探し当てれました(^-^;
 
今回が平成最後のブログ(担当)ですので、少し気合いを入れて書いたら
いつもより長くなってしまいました(笑)
 
GWはお仕事という方も、10連休で遊び倒すという方も
iPhoneの扱いにはくれぐれもお気を付けてくださいね(^^)/
 
大切な思い出の動画や写真は必ず「その日に」バックアップを取ってください!
200GBのアップグレードでも月額400円でできます。
帰宅するまでの一時保管のためと思えば高くはない出費ではないでしょうか?
よいGWを!!!HAPPY NEW IMPERIAL ERA☆
 
それではまた次回、令和になってからのブログでお会いしましょう☆
 
See You Again!
 
 
【あいさぽ新宿店 最寄駅のご案内】
●JR 新宿駅【東南口】から徒歩30秒
●丸の内線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●副都心線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●都営新宿線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-3 森治ビル3F
 
iPhoneバッテリ交換ならあいさぽ新宿本店へ!!