開けましておめでとうございます。 
あいさぽ新宿店の佐々木です。 
 
あいさぽ新宿店では今年は1月2日から営業を開始させて頂きましたが、 
新年から沢山の修理をご依頼頂き、あいさぽ新宿店従業員一同、感謝の気持ちでいっぱいです。 
 
昨年前半はiPhone6sに関する修理のご依頼の割合が多かったのですが後半にかけてiPhone7の修理がぐいぐい多くなってきていました。 
今年の修理のメインはiPhone7になるのではないかと感じています。 
 
それに伴い、iPhone5以前の修理が少なくなってきているのと引き換えにiPhone8以降の修理がじわりじわりと増えてきています。 
 
iPhone4、4sに関しては修理のご依頼が減るのと同時に修理出来る場所がかなーり少なくなってきている様子、あいさぽ新宿店ではまだまだ対応させて頂いておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 
 
さて、今日の修理は、冒頭でご紹介した通り、今年最も修理する事になるであろうiPhone7のフロントパネル割れです。 
 

 
この通り、画面上半分を中心に全体がひび割れています。 
操作は問題なく行う事が出来るものの、画面上を指で触るとちくちくとガラスの段差を感じる状態。指に破片が刺さってしまう可能性もありますのでこのままでは危険です。 
 
フロントパネルをパカリと開けます。 
 

 
まずはこの状態で破片が内部に入っていないか等、内部の汚れ、損傷度合をちらりと確認します。 
今回は内部に破片は見当たりませんでしたが、内部に破片が入っていたりしますとちょっとしたことでその破片が他の部分を傷つけてしまう事があるのでより注意が必要となります。 
 

 
分解後がこちらです。 
部品とネジが混ざってしまわないようわかるように並べています。 
 
ここまで分解出来たら新しいフロントパネルをご用意し、部品の移植作業を進めます。 
組込みの作業は取り外しの際よりは神経を使わないとはいえ、少し部品が規定の位置からずれるだけでセンサー類やスピーカー等の効きが悪くなる事もあります。 
 

 
視覚、指先の触覚で位置を合わせながら組み上げてから、このように半開きの状態で映り、タッチ、各部品の動作確認を行います。 
(ここで動作不良が見つかった場合は位置の調整やフロントパネルの再交換等を行う事となります。) 
 
今回は問題なく動作が確認できましたのでそっとコネクタにカバーを乗せてネジ止め、フロントパネルを本体へ嵌め込みます。 
 

 
綺麗に嵌りました! 
この状態で動作の確認を再度きちんと行わせて頂いて修理完了です。 
 
出来るだけ綺麗な状態が保たれますよーに!と願いを込めてお客様の元へお返しさせて頂きましょう。 
 
今回のお客様はまだ大丈夫、との事でしたがiPhone7はそろそろバッテリーの交換のご依頼が増えてきております。 
発売時期から考えますとこれから減りを実感され出す頃合いですね。 
バッテリーの持ちが悪くなったらぜひあいさぽまで! 
 
今年もiPhoneの困ったを解消するあいさぽをよろしくお願いいたします。 
 
 
【あいさぽ新宿店 最寄駅のご案内】
●JR 新宿駅【東南口】から徒歩30秒
●丸の内線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●副都心線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
●都営新宿線 新宿三丁目駅【E9出口】から徒歩10秒
 
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-3 森治ビル3F
 
新宿iPhone修理 あいさぽ本店