お世話になっております。あいさぽ新宿本店の小松原です。
2月も終盤、風邪が流行っているこの時期でも私は体調が絶好調でございます!
 
 
みなさまに大事なお知らせがございます。
本日、2月22日よりiPhone5/5c/5s iPhone6/6Plusのバッテリー交換修理がプライスダウンしました!
 
【iPhone5】
6,980円(税別) → 5,980円(税別)
 
【iPhone5c/5s】
7,980円(税別) → 5,980円(税別)
 
【iPhone6/6Plus】
9,800円(税別) → 7,980円(税別)
 
またガラス割れ修理などと合わせて頂くと2点修理割引でさらに1,000円オフ!
 

 
iPhoneユーザーの皆様が一番気にかけるのがバッテリーの減り具合ではないでしょうか?
そもそもバッテリーというのは消耗品でございます。
リチウムイオンの特性上、充電回数が500回位のサイクルになりますと劣化してしまいます。
発売時期からみてもiPhone5、iPhone5c/5sのバッテリーは交換が必要だと思います。
iPhone6/6Plusに関しても使用状況によってはバッテリーの劣化が始まっているかと思います。
 
劣化したバッテリーは充電の持ちが悪くなるのはもちろんなのですが
取り返しのつかない状況になってしまう可能性がございます。
その状況とは何か?をまとめてみました。
 
 
●システム破損
不安定な電圧によって起きるリンゴループやバッテリーの認識不良により本体が起動出来ず、
初期化が必要になる場合があります。
データのバックアップも取れなくなってしまいます。
 

 
 
●発熱による起動不良
劣化したバッテリー、過度の発熱をする場合があります。
iPhoneは熱や温度差が非常に苦手で、マザーボードにダメージを負わせてしまいます。
マザーボードが損傷しますと、起動が出来ずバックアップも取れません。
 

 
 
●膨張により液晶破損
劣化したバッテリーを使用し続けるとバッテリー膨張の原因になります。
バッテリーが膨張してしまうと液晶を下から押し上げてしまい
破損やタッチ操作の不良を起こしてしまいます。
 

 
 
●火傷、発火、爆発の可能性
劣化したバッテリーの使用によって起きる危険はiPhoneだけには留まりません。
過度の発熱により顔や手などを火傷してしまうことや、
ガラス破損時にガラス片が刺さってしまったり、衝撃により
膨張したバッテリーは発火、爆発を起こす可能性があります。
 

 
 
上記のようなバッテリー劣化の原因による危険は多く潜んでいます。
バッテリーの減りが早くなった、iPhoneが熱を持つなど感じたら
バッテリー交換時期のサインです!
 
 
是非この機会にバッテリー交換をオススメします!
 
 
それでは今後ともiPhone修理あいさぽをよろしくお願いします。