iPhone4バッテリー交換修理ならiPhone修理の【アイサポ】

iPhone修理アイサポ
iPhone修理 顧客満足度・価格満足度・スピード対応満足度 第1位 実査委託先:ゼネラルリサーチ

iPhone4バッテリー交換修理

バッテリーのもちが悪くなってきた方は「バッテリー交換」

iPhone4バッテリー

iPhone4の容量は1420Aで、iPhone3GSに比べて200Aも高性能になっております。
それ分バッテリーのもちも良くなったのですが、その分液晶の品質が飛躍的に上がりましたので結局、前機種より、さほど変わらない感覚がしますよね。
メーカーは約1年でのバッテリー交換を推奨しております。
iPhone3G/3GSとはバッテリー形状が全く異なり、放熱も効率的になっております。

ロジックボード(マザーボード)にも直接バッテリーの熱が触れない構造に進化しておりますが、それでも、手で持てないほど熱くなる故障事例もございます。

皆様は、大体1日に1回は充電されているかと思いますが、バッテリーを痛めないようにするために、完全にバッテリー残量を0%にしない(完全放電しない)事が重要です。

アイサポスタッフ間では、残量が約30%以下になる前に、まめに充電をしております。
使用にともない畜電量が徐々に落ちてくるため、定期的に交換を行う必要があります。
さらに使用量が多いと早い場合で数ヶ月から1年程度の使用でバッテリーの寿命が来ます。
充放電が繰り返されたバッテリーは購入当時の半分ほどしか使えなくなってしまいます。
iPhoneユーザー様は、スマートフォンを使いこなせば使いこなすほど、たくさんの機能を使用することになります。
そのためバッテリーの消耗も比例して大きくなっていきます。

スマートフォン全般(iPhone・アンドロイド・フューチャーフォン)に言える事ですが、ビジネスで使われている方も数多くいらっしゃいます。
大事な商機を逃さないためにも、バッテリーの重要性を再認識してみてはいかがでしょう?
この機会にバッテリーのリフレッシュ(交換)をお勧め致します!

iPhone4バッテリー修理のお問い合わせ事例

・アイフォンが急に熱くなる事がある。(普段は普通なのに)
・夏場、汗が内部に入ったようで、こげくさいニオイがしている。電源も入りません。
・勝手に再起動を繰り返すようになった。
・自分で分解してみたら、バッテリーのコネクタ部分にショートの痕があった。
・FMトランスミッターで音楽を聞いていたら、突然電源がおちてしまいました。
・何もしていないのに、画面が真っ暗なまま、全く起動しません。
・1日に何度も充電しなくてはならないので、めんどくさい。

iPhone その他機種別 バッテリー交換修理はこちら!

修理の依頼から完了まで