2月も折り返しに差し掛かりましたね!あいさぽ新宿店です。
今回は修理する前に、まずはご自身でできる故障かな?と感じた時の対処法を一つご紹介いたします!
 
iPhoneに限ったことではないですが、昨今の携帯端末は機能も大量に増えて便利になってきています。その分メモリーの使用量なども増え、動作が重くなったり固まってしまったり不安定になることもしばしば…。
 
なんだろう?様子がおかしいなー。なんて思ったらまずは再起動をしてみましょう!
 
再起動の方法は大きく分けて2通りあります。
 
一つ目は単純に電源を切って、再度電源を入れる方法。
iPhoneの上部にあるボタンが電源ボタン(スリープボタン)となっており
そこを長押しすることで電源を切ることができます!
iPhoneの電源を切る
「スライドして電源オフ」を文字通りシュっとスライド!
※iPhone6と6Plusは本体右側に移動しました。
 
これはかなりの確立で知ってる人が多いと思いますが
もう一つ方法があって、こちらは知らない人もいるかも?
 
二つ目は強制的に再起動をする方法です!
方法としては電源ボタン(スリープボタン)とホームボタンを同時に押すといった方法になります。
ホームボタンとスリープボタンを長押し
しばらく同時に押してると画面がパッ消えた!
 
ここでビックリしても電源ボタンとホームボタンは押し続けてください!
そうすると…
iPhone強制再起動
アップルマークがドドンと出てきた!

 
ロック画面までいけば強制再起動は完了です。
この方法は、画面がフリーズしてしまって何もできなくなってしまった場合などに有効な手段ですね!
これで不安定な動作が改善することもありますのでまずは再起動をお試しください(^O^)
 
とは言え、物理的な破損などはボタンを押している指が痛くなるほど再起動しても残念ながら直る事はありません(;_:)
 
・落として画面が割れてしまった…
・スリープボタンが押しても反応しない!又は陥没しちゃって押せない!
・ホームボタンがくるくる回っちゃう!と言うかそもそもホームボタン取れちゃった!
・充電ケーブル刺しても反応がないっ!
などなど、修理事例は数えきれないほどあります!
 
あれ?なんかおかしいな?と少しでも疑問に思った際には是非ともお気軽にお問い合わせください♪ヽ(^o^)丿
 
iPhoneの故障について修理が必要?応急処置方法を大公開