こんにちは!iPhone修理あいさぽ高松店 楠です。

今回は水没についてお話したいと思います。

 

皆様はiPhoneを水に濡らしてしまった経験はありますか?

 

もしも水没してしまった場合は電源ボタンを押さずに、

すぐにiPhone修理屋に持って行くことを強くオススメします!

 

なぜなら、水没から復活する可能性は「水没した時間から早ければ早いほど高く」なるのです!

 

実際に水没してしまうとパニックになってしまい、

どうしよう・・・と悩んでいるうちに時間が経ってしまい、

修理店に持ち込んだ時には半日後で全くiPhoneが反応しない・・・なんてこともあります。

 

なので、もしもiPhoneが水没してしまった場合は、

すぐにiPhone修理屋に持ち込んでみるのがいいと思われます。

 

このときの注意点と応急処置は以下の6点です。

 

  • iPhoneを振ったり振動を与えたりしない

 

  • カバーやアクセサリー等はすぐに外す

 

  • ドライヤーや乾燥材などで乾かしたりしない

 

  • 絶対に電源ボタンを押さない

 

  • 充電器を挿さない

 

  • SIMを抜いてティッシュや柔らかい布にくるみ、大事に保管する

 

 

1:iPhoneを振ったり振動を与えない

振ったり強い振動を与えてしまいますと、

内部で水が移動して状況が悪化する可能性があります。

なるべく慎重に持ち運びください。

 

2:カバーやアクセサリー等はすぐに外す

カバーやイヤフォンジャックにささっているアクセサリー等は外し、

iPhone本体についた水分のみを拭き取ってください。

 

3:ドライヤーや乾燥材などで乾かしたりしない

iPhoneの外側から風を送ってしまうと、

水分がついてはいけない所に移動して故障の原因につながります。

また、乾燥材で乾燥をしている間にどんどんiPhoneの復活の可能性は下がっています。

なるべく早く修理屋に持っていきましょう。

 

 

4:絶対に電源ボタンを押さない

これが一番重要です!

水没してしまうと焦って電源ボタンを何度も押してしまいがちですが、

電源ボタンを押すとiPhoneの基盤に通電してしまいますので、

一回押す毎に復活の可能性がどんどん低くなっていきます。

電源ボタンは絶対に押さないでくださいね。

 

 

5:充電器を挿さない

しっかりと乾かしていない状態のドックコネクタに充電ケーブルを挿す事は、

コネクタとケーブル両方を壊してしまう事もあります。

充電ケーブルは挿さずに持ち込みください。

 

6:SIMを抜いてティッシュや柔らかい布にくるみ、大事に保管する

SIMはすぐにはずしてください。

クリップ等を伸ばすか、iPhoneを購入された時の箱の中にSIM抜きがあるので、

それらを使いSIMカードスロットの横の穴を強めに押すとSIMカードが出てきます。

SIMスロットは側部にあります。

 

 

と、長文になってしまいましたが要約いたしますと、

電源ボタンを絶対に押さずになるべく早く修理店に持ち込んで下さい!ということです。

水没させない事が一番良いのですが、

もしもの時にはiPhone修理あいさぽ高松店にお持ち込みください。

お見積もりは無料です。

 

あいさぽ高松店ではその他様々な種類の故障に対応しております。

些細な事でも結構ですので、お問い合わせくださいませ。

iPhone修理あいさぽ高松店

フリーダイヤル:0120-590-593

iPhone修理あいさぽ高松店