iPhone修理アイサポ新大阪店の修理ブログです

iPhoneSE3やiPhone13シリーズも修理承っております💁

新しいiPhoneの14シリーズが発売され

 

iPhone13シリーズは1つ前のモデルとなりましたが

 

そんなiPhone13シリーズとiPhoneSE3のガラス割れなど

 

即日修理対応が可能となりました。

 

本日の修理事例をご紹介させて頂きます。

 

iPhoneXS MAX

 

iPhoneXS MAXの充電口が凹んでしまい

 

充電ができなくなってしまった緊急のご依頼。

 

アイフォンを落下させてしまい、充電器が挿さらなくなってしまい

 

バッテリー残量がなくなり、電源が切れてしまったようで

 

「誰とも連絡が取れない!」と大変お困りでした。

 

充電ケーブルを挿し込む部分が凹んでしまって充電できなくなったら

 

焦ってしまいますよね。

 

ワイヤレス充電器などをお持ちでしたら

 

有線接続でなくても充電は可能ですが

 

お持ちの方も少なく、ほとんどの方が充電ケーブルを挿して充電されています。

 

充電口が凹んでしまった場合は本体のフレーム部分を削るしかありません。

 

凹み方にもよりますが、今回の事例の場合は

 

フレームを削るしかありませんでした。

 

削る前の充電口がこちら。

 

アイフォン

 

写真で見ると上向きに凹んでいるように見えますが

 

実際は内側に向かって凹んでいます。

 

この凹みはルーターという器具を使用して削ります。

 

iPhoneXS MAX

 

小さなドリルのような器具になります。

 

この器具を用いて削った後の写真と削る前の写真で比較にしてみて下さい。

 

アイフォン

 

iPhone修理

 

内側に向かって凹んでいた箇所を削り取り

 

充電ケーブルが入る大きさまで拡張しました。

 

削る際に鉄粉などがコネクタ内部に侵入していることもありますので

 

充電口とその周辺を念入りに清掃を行いまして

 

充電可能かどうかの動作確認を行います。

 

充電の確認と抜き挿しに問題ないかをチェックし

 

修理は完了となります。

 

 


おすすめ記事


 

 

 

 


iPhone修理アイサポ新大阪店では、 電話やwebにてご予約を承っております。

 

TEL:0120-359-071

 

【 HPを見る 】

 

【 予約する 】

 

ご来店頂くお客様は主に、

 

新大阪や西中島、西中島南方、三国、東三国などから

 

ガラス割れ修理や液晶修理、バッテリー交換でご来店頂いております。

 

修理のご相談やお値段のご質問などだけでも歓迎いたしますので、

 

お気軽にご連絡下さいませ。  

 

また、アイサポではiPhoneの疑問点や解決策などを

 

掲載させていただいておりますので、ぜひ御覧ください。

 

【 コラムを読む 】

    

 

 « blog Top