こんにちは、アイサポルクア店です😌

 

本日もiPhone修理のご紹介をしたいと思います。

 

iPhone8のバッテリー交換に梅田よりお越しくださいました。

 

「最近、勝手にシャットダウンすることが増えて

調べたらバッテリーの交換をしたほうがいいという記事が

たくさんありましたので相談に来ました。

交換する必要があるなら交換をお願いします!」

とのことでご来店下さいました。

 

ご来店時のバッテリーの状態を確認させていただきますと、

最大容量が88%と劣化しておられましたので

交換を推奨させて頂きました。

 

 

バッテリー交換にご来店くださったお客様より

「最大容量ってなんですか?」と、

このようなご質問をたくさんいただきます☺

 

最大容量とはバッテリーの最大の力が発揮できる割合になります。

最大容量が88%だった場合は、88%しか能力を発揮できていないという状態になります。

充電器を挿して100%になったとしても、

実際には88%しか溜まっていないということです。

そのため、充電の減りが早く感じたりするのは、バッテリーが劣化している証拠になります。

 

お客様には、バッテリー交換料金とお預かり時間のご説明を致しまして

ご了承をいただけましたらお預かり致します。

 

当店は修理前に動作確認をさせていただいております。

お客様のiPhoneは、近接センサーが全く反応していない状態でした。

近接センサーは、電話をかける際に画面とお顔を近づけると画面が暗くなるセンサーで

画面上部にあります。

 

他社様で画面交換をされたか確認させていただきますと、

半年ほど前に画面修理をした時から近接センサーが反応しなくなったとのことでした。

 

本日はバッテリー交換修理ですが、

近接センサー部分の確認もすることに致しました。

iPhone8の近接センサーは画面交換時にずれやすく調整が必要な場合があります。

今回のお客様に関しても少しの調整で症状が直る可能性がありました。

 

お預かり時間は約30分程頂きます。

 

バッテリー交換後、最大容量が100%かどうか確認致します。

引き続き近接センサーの調整を行いますが、

近接センサーそのものが動作するか確認いたしまして、

動作するようでしたので調整をしていきます。

 

調整後しっかりと近接センサーが反応致しましたので、

これで修理は完了いたしました。

 

返却時にお客様にバッテリーの最大容量と近接センサーがしっかり動作することを

確認していただきます。

とても喜んでいただけたみたいでしたので良かったです😌

 

本日はご来店ありがとうございました、

また何かありましたらいつでもお待ちしております。

 


 

アイフォン修理アイサポ ルクア店は、

JR大阪駅直結のルクア9階のUNiCASEの中にございます。

UNiCASEの店頭にはアイサポの看板も置いておりますので

そちらを目印にご来店下さいませ。

 


 

アイサポ ルクア店では、

電話やwebにてご予約を承っております。

TEL:06-6743-4159

web:https://www.iphone-support.jp/iphone/shop-LUCUA.html

 

修理のご相談やお値段のご質問などだけでも

歓迎いたしますので、お気軽にご連絡下さいませ。

 

また、アイサポではiPhoneの疑問点や解決策などを

掲載させていただいておりますので、ぜひ御覧ください。

https://www.iphone-support.jp/column/

 

iPhone修理アイサポ ルクア店