こんにちは。iPhone修理あいさぽ川崎店です。

 

川崎店では現在、iPhone5からiPhoneXまでの修理を承っております。

 

いまでも5や5Sをご利用中のかたもいらっしゃって、液晶画面やバッテリーの交換修理を依頼されるかたが多々いらっしゃいます。

修理すればまだ使えるからと言って愛着のある端末を長く使われるようです。

 

 

 

そんななか、iPhoneXの修理が最近増えてきております。

前に一度、iPhoneXの修理ブログを上げているかとおもいますが、今回もまた書きたいとおもいます。

 

修理の様子を書く前にiPhoneXの修理に関する注意事項を1つ記します。

 

iPhoneXにはapple公式がタッチ操作に関する問題が発生する可能性があると公表しております。画面が割れていなくてタッチ操作に不具合が発生した場合、まずはappleの正規サービスプロバイダへご相談ください。

 

もちろん、画面が割れていたり、画面が割れてタッチ操作が出来なかったりした場合はあいさぽで修理を承ります。

 

さて、今回修理するiPhoneXですが、画面右上から割れてしまっています。

写真が分かり難くてすいません。

 

 

それでは、有機ELパネルを外していきましょう。

 

 

これまでのiPhoneシリーズとは内部も大きく変わりました。

いろいろなパーツから伸びているコネクタが一箇所に集約されているのが目を惹きますね。また、バッテリーの形がL字型なのも面白いです。

 

以前のiPhoneシリーズに比べてかなり内部にギュッとパーツが詰まっている印象を受けます。この感じはiPhone4や4Sに似ていますね。

そして、いままでのiPhone修理と一番違うところはホームボタンを外す作業がなくなったことです。ついでに言えば、液晶画面裏についていたバックパネルをも無くなりました。

 

なので、有機ELパネルを外したあとは画面上部についているカメラやセンサー系を外して移植すれば移植作業は終了です。

手間が無くなりとてもありがたいです。

 

 

ただ、この画面上部のカメラやセンサーが一体になっているパーツ、外すのを慎重におこなわないとiPhoneXシリーズの肝ともいえるFaceID機能を欠損させてしまう可能性があります。

 

 

無事に移植ができました。

 

では、閉じていきましょう。

 

もちろん、iPhoneXにも防水防塵のためのパッキンがついていますのでこちらも忘れずに貼り付けます。

 

電源を入れてみましょう。

 

 

つきましたね。ちなみに、iPhoneXから電源の入れ方が変わっています。初めて触ったときいつもの感じでスリープボタンを長押ししたら入らなくて焦りました。

 

画面上部のセンサー系も異常無しでした。

 

このような感じで、川崎店は丁寧にiPhoneXを修理中です!

iPhoneX修理もあいさぽ川崎店へお越しください!

 

余談ですが、iPhoneXの下ネジが長くてちょっと驚きました。

 

iPhone修理川崎 あいさぽ

web予約はこちらから→予約フォーム