iPhone修理専門店【アイサポ】トップ  »  iPhoneのレアな故障事例をご紹介 こんな故障も修理可能です。  »  iPhoneマイク故障修理(マイク不良)
iPhoneのレアな修理時例をご紹介

iPhoneマイクの故障による修理

マイクの故障で自分の声が相手に届かない修理の原因

iPhoneの通話方法は通常の耳に当てて話す方法とハンズフリーで会話する方法と
スピーカーモードとイヤホンマイクを使用する3つの方法があります。
よくある故障は本体下部のマイク故障です。

iPhoneアンダーマイク修理

iPhoneの場合は通話システムの不良も稀にあるのでシステム故障の場合は残念ながら修理対応が出来ません。
部品故障かシステム故障かを簡単に見分ける方法をご紹介します。
初期アプリに中に録音機能のボイスメモというアプリがあります。
このアプリで正常に録音が出来ればマイクは正常ですので部品故障ではありません。
録音が出来ない、または録音される音が小さい、不鮮明などの場合は部品交換で修理可能です。

次にスピーカーモードでの通話不良の場合です。
こちらはiPhone4/4Sの場合とiPhone5の場合で違いがあります。
iPhone4/4Sは本体上部のイヤホンジャック横にある小さなサブマイクで通話をします。

iPhone4Sサブマイク修理

通常時はノイズキャンセル機能を果たす部品でもありますので通話の品質が悪い時はこちらのマイクが故障している可能性もあります。
またカメラの動画撮影時もこちらのマイクで集音をしていますので動画撮影時に音声を拾わないなどの症状も当てはまります。
iPhone5ではフロントマイクと背面マイクに分割されていますので通話の際に使用するのはフロントマイクです。
フロントカメラの真下に位置していますのでiPhone5の場合はフロントガラスの上部損傷の場合に壊れてしまう事があります。

iPhone5フロントマイク故障

イヤホンマイクでの通話が出来ない場合はイヤホンジャックの故障もしくはイヤホンケーブル自体の故障もありますので
お手持ちのイヤホンケーブルも確認してみましょう。

このように同じ故障の症状でも様々な原因や部品がありますのでiPhoneの故障修理はiPhone修理専門のアイサポへお任せ下さい。
部品交換で修理可能なものは全て対応出来ます。

尚、これら3つの通話方法でいずれでも通話が出来ない場合はマザーボードの通信に関するチップが故障したと考えられます。
この場合は残念ながら本体交換以外に方法はございません。

まずはiPhone修理のアイサポ各店へお気軽にお問い合わせ下さいませ!

iPhone修理のWEB予約

お近くの店舗を探す