iPhone修理専門店【アイサポ】トップ  »  iPhone4s 修理について  »  iPhone4Sカメラ部品詳細
iPhone4Sのリペアパーツチェック

iPhone4Sカメラ修理部品

リアカメラ・インカメラ

iPhoneのカメラには背面のリアカメラと前面のインカメラが搭載されています。

iPhone4Sインカメラ

iPhoen4と比べるとリアカメラの性能が大幅に向上されていて、
画素数は1.6倍の8メガピクセル。
動画撮影時の手ぶれ補正機能追加。
顔検出機能というものが追加されていて、画面の中の人数を自動的に検出して、最大10人までを認識して顔の露出を調整してくれます。更に、高度な光学システムが採用されていてiPhone 4Sの写真の美しさを際立たせています。
このようにデジタル一眼レフカメラに匹敵するほどのの能力を兼ね備えていますが、その反面iPhone4Sのリアカメラは繊細で故障しやすくなってしまった印象があります。

故障事例としましては、落下させてしまってカメラアプリが使えない、フォーカスが合わない、水没をさせてしまってLEDが点灯したままなどが挙げられます。
このカメラアプリに関しては、リアカメラかインカメラのどちらか片方が故障してしまうと症状が発生します。修理の際には、まずどちらのカメラが故障しているのかを確認して作業を進めます。
また、部品の確認や認識の為に内部設定のリセット等も必要になる場合があります。

いずれにせよ、iPhone4Sでは音声認識機能(Siri)と同等のウリとなる機能ですから故障した際には早めに修理をお勧めします。

iPhone修理のWEB予約

お近くの店舗を探す