iPhone修理専門店【アイサポ】トップ  »  iPhone4s 修理について  »  iPhone4Sイヤホンジャック部品詳細
iPhone4Sのリペアパーツチェック

iPhone4Sイヤホンジャック修理部品

イヤホンジャックケーブル(上部マイク、バイブスイッチ、ボリュームボタン含む)

イヤホンから音が正常に出ない(ノイズが乗る、片方からしか音が出ない、全く音が出ない等)、Apple純正イヤホンのリモコン(マイク含む)が使用出来ない等の症状がある場合に交換します。

iPhone4Sイヤホンジャック表面

更に内部的にはマナーモード(サイレントモード)切り替えのスイッチケーブル、iPhone本体のボリュームボタン(+、-)のケーブルとで一つの部品となっていて、これらの故障が別々に発生した場合にも全て交換が必要です。

マナースイッチの切り替えが出来ない(表示もない)、変な位置でバイブが切り替わる、ボリュームボタンが押せない、押しっぱなしになる、+ - ボタンの片側だけ効かないなどの症状があります

最近見たレアケースでは、内部でボリュームボタン部分のケーブルが断線したうえに絡まってしまっている物がありました。かなりの数のiPhoneを見てきましたが、ボリュームボタンの+を押すとバイブレーターが作動してしまう非常に稀なケースでした

iPhone4Sイヤホンジャック裏面

iPhone4と4Sでの内部構造の違いはこの部品にもありまして、iPhone4まではスリープボタンケーブル側にあったノイズキャンセラー用のサブマイクがiPhone4Sからはこのイヤホンジャックケーブル側に移設されました。
このサブマイクは目立たない割に重要な存在でもあります。イヤホンジャックの穴の隣にある小さな穴がそれです。機能としてはスピーカーモードでの通話やカメラアプリで動画を取る際などに活躍します。

また女性のユーザーに多い事例なのですが、イヤホンジャックに刺すタイプのアクセサリーを使用していて何かのきっかけでアクセサリーが折れてしまい根本だけがイヤホンジャック内部に残ってしまうケースです。
アクセサリーの素材や折れ方によって対処方法が変わりますので、症状を悪化させる前にご相談下さい。

iPhone修理のWEB予約

お近くの店舗を探す