iPhone修理専門店【アイサポ】トップ  »  iPhone4s 修理について  »  iPhone4Sフロントパネル部品詳細
iPhone4Sのリペアパーツチェック

iPhone4Sフロントパネル修理部品

フロントパネル(フロントガラス)
フロントガラス・デジタイザー(タッチセンサー)・液晶パネル・バックライトが一体型となっている部品。
iPhone4Sの部品の中では一番大きく、かつ高価なパーツです。

iPhone4Sフロントガラス表面

下記の様な修理依頼があった場合この部品を交換します。

・ガラス破損・・・・・・・・・・落下や衝撃などによる破損(一番多い故障事例)
・タッチセンサー不良・・・・一部が反応しない~全て反応しないetc…
・液晶表示不良・・・・・・・・真っ暗表示、真っ白表示、部分欠け、カラフルなライン表示etc…

(画面サイズ) 3.5インチ(89mm)、960×640px(326ppi)、画面比率3:2
(液晶) IPS型TFT液晶
(材質) アルミノケイ酸ガラス(耐指紋性撥油コーティング)
* 「アルミノケイ酸ガラス」とは化学処理を施して強化した特殊なガラス素材です。

通常のプラスチックより30倍の強度と20倍の剛性を持っておりヘリコプターなどのフロントガラスにも使われているそうです。
通常のガラスよりも柔軟性があり、スリ傷などが付きにくく耐久性も高いなど非常に優秀な素材です。

無論、背面(バックパネル)にも使われています。

裏から見るとこんな感じになります。
(因みに画像の液晶部分には保護フィルムが貼ってあります)

iPhone4Sフロントガラス裏面

左奥側のケーブルがデジタイザー、右前側のケーブルは液晶パネルにそれぞれ接続されています。
ケーブルは非常に繊細なので、傷をつけてしまうとタッチパネルが効かなくなったり液晶が映らない等の故障が生じてしまいます。
またパネル上部には近接センサーや環境光センサー用の窓があります。

環境光センサーは液晶の明るさ調整などに使われるセンサーで、iPhone 4Sから独立したセンサーになりました。
近接センサーと環境光センサーに関してはセンサーパーツの項目で詳しく説明致します。

iPhone修理のWEB予約

お近くの店舗を探す