iPhone修理専門店【アイサポ】トップ  »  iPhone11の修理について
iPhone11の修理について

iPhone11の修理の際の故障原因の切り分け等にご利用下さい。

修理メニュー 一覧

iPhone11の性能・便利機能

iPhone11のデザイン

iPhone11本体画像

iPhone XRの後継モデルとして位置づけられ、iPhone XRと同様、全面に広がる大きなディスプレイとFace ID(顔認証)が特徴となっています。
iPhone 11はiPhone XRと同じサイズ感と重量であることに対して、11 Pro / 11 Pro MaxはXs / Xs Maxとそれぞれ比較して大型化しています。

リアカメラはiPhone11は超広角レンズ、広角レンズのデュアルカメラ、11 Pro / 11 Pro Maxでは背面に超広角レンズ、広角レンズ、望遠レンズのトリプルカメラが搭載されています。
CPUは新たにA13 Bionic チップを搭載し、レンズの増加と伴ってカメラ性能が飛躍的に進化しています。

筐体の素材はiPhone 11は「アルミ + 強化ガラス」、11 Pro / 11 Pro Maxは「ステンレス + テクスチャードマットガラス」と差別化されています。
カラーについてもiPhone 11は「ブラック」「ホワイト」「PRODUCT RED」「イエロー」「グリーン」「パープル」の6色、11 Pro / 11 Pro Maxは「スペースグレイ」「シルバー」「ゴールド」「ミッドナイトグリーン」の4色から選べます。
ちなみにiPhone 11の「グリーン」と「パープル」は新登場のカラーとなっています。

また今回、背面の「iPhone」の文字ロゴがなくなり、リンゴマークのみになり、ミニマルなデザインに変更されました。

ストレージはiPhone 11は256GB / 128GB / 64GB、11 Pro / 11 Pro Maxは 512GB / 256GB / 64GBの3モデルとなっています。

本体の色はスペースグレイ・シルバー・ゴールドの3色が用意されています。
iPhone7の6色に比べてレパートリーは減ったものの、背面がガラス仕様になったことにより今までのiPhoneよりすっきりと美しくより洗練されたデザインに仕上がっています。

ディスプレイ

iPhone 11は従来の「液晶ディスプレイ」、11 Pro / 11 Pro Maxでは「OLED(有機EL)」が採用されています。
画面サイズは、iPhone 11は6.1インチ、11 Proは5.8インチ、11 Pro Maxは6.5インチとなっています。
解像度は、iPhone 11は1798×828、11 Proは2436×1125、11 Pro Maxは2688×1242となっています。
iPhone 11の画面サイズは11 Proより大きいですが、解像度においてはProより低く、ピクセル密度(ppi)で劣っている設計となっています。

防水性能

いずれもIP68等級となっていますが、iPhone 11は「水深2mで30分」、11 Pro / 11 Pro Maxは倍の「水深4mで30分」に耐える防水性能を装備しています。

iOS13

新たにダークモードが搭載されました。黒基調とした画面配色で暗い場所で見るときに目の負担を軽減する効果があります。
iOS13ではシステム全体を最適化することで処理速度・応答性が向上しています。結果として、アプリの起動の改善・ダウンロードサイズの縮小、Face IDがさらに高速化しました。

A13 Bionic

新たに搭載された高性能チップです。
従来のプロセッサと比較してCPUの処理速度は20%速く、GPU(グラフィックを処理するプロセッサ)も20%高速化されています。
また、処理を効率化することによって電力効率も大幅にアップされており、消費電力を最大30%削減。このことからiPhone Xシリーズより駆動時間が伸びています。
撮影機能においても、iPhone XSからさらに進化した次世代スマートHDRに対応。被写体を機械が自動認識し、ディテールを微調整することで写った顔をよりよく引き立てる機能が追加されました。

バッテリー

上記の通り、プロセッサの改良により、大幅な省電力が実現されています。
伸長時間はiPhone 11はiPhone XRより最大1時間、11 ProはiPhone XSより最大4時間、11 Pro MaxではiPhone XS Maxより最大5時間の改良となっています。

[バッテリー]

バッテリーは使用方法により前後しますが、一般的に1年~2年で劣化してくると言われています。
バッテリーは消耗品と考え、電力消費が早くなるなど劣化を感じたらお近くのアイサポへお気軽にご相談下さい。

FaceID

iPhone Xシリーズから引き続き、セキュア認証は全モデルFace ID(顔認証)が採用され、Touch ID(指紋認証)は非実装となっています。
一度、使用者の顔を登録すればiPhone画面を見るだけでロック解除できる機能です。 ショッピング等のパスワード入力を顔認証で代用することも可能です。
搭載された当初は認証制度の低さから不評でしたが、GPUやマシンラーニングの向上により認証制度と速度の両方において大幅に改善されています。
なお、プライバシーにも配慮され個人情報を保護する設計になっており、顔写真を保存せずFace IDは使用可能とAppleからアナウンスされています。

iPhone11 各種名称・機能【修理の前の予備知識として】

iPhone11画像の各部品名をクリックして、部品の説明と修理に関するコメントをチェックしよう!

iPhone11 各種名称 マナースイッチ ボリュームボタン スリープボタン インカメラ リアカメラ ワイヤレス充電

リアカメラ

iPhone11は1200万画素、超広角レンズと広角レンズのデュアルカメラを搭載しています。
iPhone11 Pro / iPhone11 Pro Maxは1200万画素、超広角レンズ、広角レンズ、望遠レンズのトリプルカメラを搭載。
デュアル・トリプルカメラシステムの採用により、より高品質で新たな体感をもたらす撮影機能が提供されています。

写真撮影中にシャッターボタンをタッチし続けることで、素早く自然に動画撮影に切り替える「QuickTake(クイックテイク)」が新たに搭載されました。
また、ナイトモードの搭載により、暗所でもディテールを捉えたよりキレイな写真撮影が可能となりました。
暗い場所では、自動でナイトモードがONになり、フラッシュを使わなくても明暗を補正した美しい写真の撮影が可能です。

4Kビデオ撮影がインカメラ・リアカメラどちらでも出来るようになり、動画撮影時にも超広角レンズの使用が可能です。
さらには映像に臨場感を付け足す、オーディオズームも可能となっています。カメラのズームに合わせて自動でオーディオもズームする機能となっています。

[リアカメラ]

トリプル・デュアルカメラ共にパーツが一体型となっているため、ひとつに故障・不具合がある場合でも全て交換する必要があります。
レンズが割れたり、撮影の不具合(センサー不良など)を感じるときはお近くのアイサポへお気軽にご相談下さい。

インカメラ

iPhone 11ではインカメラも1200万画素と高解像度に改良されています。
新機能として、インカメラでスローモーションの撮影ができる自撮り機能「Slofies(スローフィー)」が搭載されました。
「Slo-mo(スローモーション)」と「Selfie(自撮り)」を組み合わせた造語で、自撮りにおいて新たな撮影方法を提供しています。

スリープ&ボリュームケーブル

iPhoneXシリーズから引き続きホームボタンのないベゼルレスデザインとなっています。
そのため、電源や音量などの操作は筐体のサイドに配置されたスリープ、ボリュームボタンから行います。

ワイヤスレス充電

iPhone 11シリーズも引き続き、Qi規格のワイヤレス充電に対応しています。

iPhone修理のWEB予約

お近くの店舗を探す