iPhone12/12mini/12Pro/12ProMaxの修理ならiPhone(アイフォン)修理の【アイサポ】

iPhone修理アイサポ
iPhone修理 顧客満足度・価格満足度・スピード対応満足度 第1位 実査委託先:ゼネラルリサーチ
iPhone12の修理について

iPhone12の修理の際の故障原因の切り分け等にご利用下さい。

iPhone12/12mini/12Pro/12ProMaxの交換・修理

iPhone12の性能・便利機能

iPhone12のデザイン

iPhone12本体画像

iPhone12は約3年ぶりに大きくデザイン変更されました。
近年発売されていたiPhoneシリーズは側面が丸みを帯びたデザインでしたが、iPhone 12はiPhone 4 ~ 5sを彷彿させる側面が湾曲していない直線的なスタイルに変更されています。
筐体素材はiPhone 12 / iPhone12 miniは「アルミニウム + ガラス」、iPhone 12 Pro / 12 Pro Maxは「ステンレススチール + テクスチャードマットガラス」を採用しています。
アルミニウムと比べステンレススチールは光沢感があり、iPhone 12 Pro / 12 Pro Maxの方が高級感を感じるように差別化されています。

カラーバリエーションはiPhone 12 / iPhone12 miniは「ブラック」「ホワイト」「PRODUCT RED」「グリーン」「ブルー」「パープル」の6色展開。
12 Pro / 12 Pro Maxは「シルバー」「グラファイト」「ゴールド」「パシフィックブルー」の4色から選べます。

リアカメラはiPhone 12 / iPhone12 miniは超広角レンズ、広角レンズのデュアルカメラ、12 Pro / 12 Pro Maxでは超広角レンズ、広角レンズ、望遠レンズのトリプルカメラに加えてLiDARスキャナが搭載されています。

ストレージはiPhone 12 / iPhone12 miniは256GB / 128GB / 64GB、12 Pro / 12 Pro Maxは 512GB / 256GB / 128GBの3モデルとなっています。

「5G」対応

新たな通信システムである5Gに対応しています。5G対応エリアではこれまでとは段違いに高速通信が可能となっています。
マルチアングル映像やVR映像などデータの送受信に時間のかかるコンテンツを瞬時に楽しむことが出来るようになりました。
ただ対応エリアの拡充はまだまだこれからとなるため、各キャリアでは5Gの実現を効率的に行うため、4Gの基地局やネットワーク技術を利用して徐々に移行を推進しています。
5G未対応のエリアでは省電力のため、自動的に4Gに切り替わるようになっています。

A14 Bionic

A14 BionicはA13 Bionicなどの7nmから5nmへ新設計され、集積度が向上しています。
結果として、チップの伝達がより高速化し、処理能力の向上をもたらしています。
ただiPhone 11シリーズのA13 Bionicでも十分な処理速度だったため、体感のしづらい性能の向上と言われています。
しかしトランジスタ(電流を制御する電子部品)の数がA13 Bionicと比較すると約40%増加(85億→118億)しており、パフォーマンスの向上や電力効率に重きを置いた、より使い勝手の良いデバイスを目指した新しいプロセッサと言えるでしょう。

ディスプレイ

いずれのデバイスも有機EL(OLED)の「Super Retina XDR」ディスプレイを採用しています。
非常に高いコントラスト比(100万:1)により広い明るさ表現のダイナミックレンジを持ち、また液晶と比較して黒色をより黒く表現できることから、よりメリハリの利いた鮮明な画面表示が可能となっています。
画面サイズはiPhone 12で6.1インチ、解像度は2532×1170ピクセル(460ppi)となっています。
小型モデルのiPhone12 miniは5.4インチ、2340×1080ピクセル(476ppi)。片手での操作に適したサイズになっています。
iPhone 12 Proは一般機と同様に6.1インチで、解像度は2532×1170ピクセル(460ppi)。
過去最大の画面サイズとなったiPhone 12 Pro Maxは6.7インチで、2788×1284ピクセル(458ppi)となっています。

Ceramic Shield

iPhone12シリーズでは新たに、透明度が高く、かつ頑丈な構造で形成された「ナノセラミッククリスタル」をガラスに組み込んた「Ceramic Shield(セラミックシールド)」を採用しています。
さらには強化されたガラスに加えて、ボディ側面とガラス面が同じ高さになり、ガラスセラミック素材に二重イオン交換プロセスを適用することで落下時の耐久性は従来の4倍に向上したとアナウンスされています。

防水性能

いずれのモデルもiPhone 11 Pro / 11 Pro Maxからさらに向上し、IP68等級「水深6mで最大30分間」とiPhoneシリーズ過去最高の耐水性となっています。

iPhone修理スタッフからのコメント
[防水性能]

ただし、耐水性能は永続的に維持されるわけではないので、意識的に水濡れや水没は避けるようにすることをお勧めいたします。

iOS14

ホーム画面で天気や予定表など、必要な情報をアプリを起動しなくてもすぐに確認できる「ウィジェット機能」が追加されました。
複数のウィジェットをまとめてホーム画面を整理する「スマートスタック」も合わせて利用できます。

FaceTime通話時や動画の再生中などにビデオ再生しながら他のアプリを操作できる「ピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)」機能が搭載されました。
動画のサイズや表示位置を変更するなどして、小窓で動画再生しながら他のアプリを使うことができます。

「サウンド認識」が追加されました。イヤホン装着中など周囲の音が聞こえない状況で特定の音声に反応して通知する機能です。
「設定」→「アクセシビリティ」→「サウンド認識」で機能をONにして、「ドアベル」「赤ん坊の泣き声」「水の出しっ放し」など通知したい音の種類を選択します。

バッテリー

iPhone 12 miniは端末サイズが小さい分、最も少ないバッテリー容量(2227mAh)となっており、続いてiPhone 12 / iPhone 12 Proが同等(2775mAh)、iPhone 12 Pro Maxが最大の容量(3687mAh)となっています。
端末サイズに比例して搭載するバッテリー容量が大きくなっています。

iPhone11(3110mAh)と比較して、iPhone 12はバッテリーがコンパクトになった分、その容量は少なくなっていますが駆動時間は据え置きとなっています。
これはA14 Bionicチップの搭載により、さらなる省電力性能の向上の効果によるものです。

またiPhone 12シリーズにはバッテリーの持ちを長くする「スマートデータモード」が搭載されています。
この「スマートデータモード」はバッテリー消費の大きい5G通信を必要な時だけ有効化して、不必要なときには4G通信に自動で切り替える機能となっています。

iPhone修理スタッフからのコメント
[バッテリー]

充電式のバッテリーはiPhoneに限らず全て消耗品と考えた方がいいです。
使用状況によりますが、劣化の進み具合によってパフォーマンスは低下していきますので、電池の消耗が早くなったり、突然電源が落ちるなどの不具合が生じたときは交換修理しましょう。

Face ID

iPhone 11シリーズから引き続き、セキュア認証は全モデルFace ID(顔認証)が採用されています。
認証に失敗した際は画面の下端から上方向にスワイプすれば、再び認証が行われます。
また、マスクを着けている場合など顔認証ができない時にはすぐにパスコード入力画面になりますので、入力してロックを解除できるようになっています。

iPhone12 各種名称・機能【修理の前の予備知識として】

iPhone12の部品の説明と修理に関するコメントをチェックしよう!

iPhone12 各種名称

リアカメラ

いずれのモデルも1200万画素となっています。
iPhone 12 / iPhone 12 miniは超広角レンズ、広角レンズの「デュアルカメラ」、12 Pro/12 Pro Maxは超広角レンズ、広角レンズ、望遠レンズの「トリプルカメラ」に加えて「LiDERスキャナ」を搭載しています。
「LiDERスキャナ」は赤外線を利用したレーダーのような機能を持ち、被写体や背景など空間の奥行きや3次元的な形状を計測するセンサーです。
ARアプリはより速く正確に利用できるようになり、暗所におけるオートフォーカスの高速化が実現されています。

超広角カメラは新たにナイトモードに対応、メインの広角カメラも取り込む光の量が27%アップし、特に暗所での撮影性能が向上しています。

下位モデルのiPhone 12 / iPhone 12 miniは通常の光学式手ぶれ補正であるのに対して、iPhone 12 Proはデュアル光学式手ぶれ補正、iPhone 12 Pro Maxはセンサーシフト光学式手ぶれ補正の対応となっています。
「センサーシフト光学式手ぶれ補正」は光学式手ブレ補正よりも手ぶれを軽減する効果の高い機能です。
デジタル一眼レフカメラなどに搭載されている技術で、動きながらの撮影時などにレンズではなくセンサーを安定させることで手振れを軽減します。

望遠レンズについてもiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでズーム性能で差別化されており、iPhone 12 Pro Maxの方がより遠くの被写体を美しく撮影することが可能になっています。

iPhone修理スタッフからのコメント
[リアカメラ]

新シリーズが出るたびにカメラも高性能化していますが、反面、精密すぎる機能のために衝撃などには弱くなった面もあります。
レンズの破損やカメラアプリを起動しても画面が暗いなど、故障が発生した時はお近くのアイサポへお気軽にご相談下さい。

インカメラ

リアカメラ同様、1200万画素となっています。
インカメラでも、合計9枚の写真を合成して高画質な写真を生成する「Deep Fusion」、暗所での撮影に適した「ナイトモード」が利用可能になりました。

フラッシュケーブル

LED搭載したフラッシュライト。懐中電灯機能、カメラ起動時のフラッシュライトとして機能する部品です。

iPhone修理スタッフからのコメント
[フラッシュケーブル]

フラッシュライトの機能が使えない、カメラ撮影時にフラッシュライトが使えないなど、不具合があるときはお近くのアイサポへお気軽にご相談下さい。

ワイヤスレス充電

従来の機種には適正な位置に配置できず、非効率的な充電を行ってしまうなどの問題がありました。
その解決法としてiPhone 12シリーズの背面にはリング状のマグネットが内蔵され、新たなアクセサリ「MagSafe充電器」を利用すれば正確な配置で確実な充電が行えるようになりました。
また、Qi規格では最大7.5Wだった従来のワイヤレス充電に対して、MagSafeでは最大15Wと向上しており、充電性能も向上しています。

修理メニュー 一覧

修理メニュー 一覧