iPhoneのカメラが真っ暗でも慌てずに!まずは確認作業から

1.iPhoneのカメラ画面が真っ暗になる理由

iPhoneのカメラ画面が急に真っ黒になると、多くの人が「故障した」と思ってしまいますよね。実は、故障以外にもカメラ画面が暗くなる原因はいくつかあるのです。ここでは、iPhoneのカメラ画面が真っ暗になった時に考えられる原因について解説します。

1-1.ソフトウェアに問題が生じている

ソフトウェアに問題がある場合には、カメラ画面が真っ暗になってしまう可能性があります。まず、カメラアプリがバグを起こしている時です。iOSとカメラアプリのかね合いが直接的な原因となってカメラ画面が暗くなっているため、これはハードが原因の故障ではありません。

次に、カメラアプリを起動するシステムの不具合が原因で、カメラ画面が暗くなってしまっている場合があります。他には、iPhone本体のソフトウェアに何らかの問題が起きている可能性もあるでしょう。

1-2.ハードに問題が生じている

ソフトウェア以外で、ハードに問題がある場合でも、カメラの不具合につながる場合があります。まず、カメラの配線が外れていると、カメラ画面が真っ暗になる可能性があるでしょう。次に、カメラパーツの初期不良、または自然故障なども、原因として考えられます。また、カメラレンズやカメラの破損でも、カメラ画面は真っ暗になります。

iPhoneは、「水没させたら壊れてしまう」「アスファルトなどの固い地面に落としたら故障するだろう」などと思われがちです。しかし、少し衝撃を与えただけでも破損の恐れはあります。他には、iPhone本体基盤の問題で、カメラが反応しないこともあるといえます。

1-3.メモリが不足している

iPhoneのメモリが不足している場合、カメラが普段通りに使えない場合があります。カメラ画面が真っ暗になった時は、空き容量の確認をしてみましょう。空き容量の確認については、「設定」、「一般」と進み、「ストレージとiCloudの使用状況」で「使用可能」の項目をチェックします。

iPhoneを何の問題もなく使いたい場合は、5GBほどは容量を空けておくことをおすすめします。

1-4.古いバージョンのIOSを使っている

古いバージョンのiOSを使用している時にも、カメラが使えなくなる場合があります。空き容量が十分であるにもかかわらず、iPhoneが普段通りに使えないのであれば、iOSが古いバージョンである可能性があるでしょう。iOSが最新バージョンかどうか確認するのはとても簡単です。

「設定」、「一般」、「情報」の順に開いていき、「バージョン」の項目を確認します。この「バージョン」には、現在使用しているiOSのバージョンが表示されます。そのため、iOSが最新ンバージョンでない時には、アップデートしてみましょう。

1-5.一時的に不具合が生じている

空き容量を増やすなどの対処法を試してみても、iPhoneのカメラが使用できない時には、一時的に不具合が生じている可能性があります。このような場合には、iPhoneを再起動してみると良いでしょう。再起動する時にはスリープボタンを長押しし、電源をオフにします。

次に、電源がオフになったことを確認して、再びスリープボタンを長押ししてAppleのロゴが表示されるまで待ちましょう。再起動を行った後は、カメラが起動できるかどうかを再度確認してみましょう。

2.iPhoneのカメラ画面が真っ暗になった時の確認事項

iPhoneのカメラ画面が真っ暗になった場合でも、単なる故障ではない可能性もあります。カメラ画面が暗くなってしまうことの原因としては、さまざまな事柄が挙げられるといえるでしょう。ここでは、カメラ画面が暗くなった時にチェックしておきたいことを2点紹介していきます。

2-1.カメラレンズを覆っているものがないか

まず、カメラレンズを覆っているものがないかどうかを確認してみましょう。その際、ケースも外してみて、カメラレンズを覆っているものが何もないようにすることがポイントです。

次に、カメラアプリを強制的に終了し、再度開いてみましょう。そして、デバイスを再起動してから、カメラアプリを再度開いてみます。前面と背面の両方にカメラがある場合には、どちらのカメラも使えるかどうか試してみると良いでしょう。

2-2.背面カメラと全面カメラが切り替わっていないか

背面カメラと前面カメラが切り替わっていないかどうかを確認してみることも大切です。背面カメラとは、通常のカメラモードを指しています。前面カメラについては、インカメラのことをいいます。

iPhoneのカメラ画面が真っ暗になった時、この背面カメラと前面カメラの切り替えを試してみると、症状が回復するケースがあります。カメラアプリの右下のアイコンをタップするとカメラが切り替わるため、修理に出す前に一度確認してみましょう。

3.iPhoneのカメラ画面が真っ暗になった時の対処法

カメラ画面が真っ暗になってしまった時でも、すぐに修理に出す必要はありません。暗くなってしまった画面を直すための対処法としては、いくつかの方法が挙げられます。複数の対処法を試してみて、iPhoneカメラが使えるかどうかをチェックしましょう。

3-1.カメラアプリの強制終了と再起動

カメラアプリを強制終了して再起動すれば、これまでのようにカメラ機能が使える可能性があります。まずは、カメラアプリを強制終了しましょう。ホームボタンを2回クリックして、最近使用した複数のアプリを表示します。

これらのアプリは開いているわけではなく、スタンバイモードになっているのです。そのため、左右にスワイプしていき、終了するアプリを探していきましょう。閉じるアプリのプレビューが出てきたら、それを上に向かってスワイプし、強制終了させます。アプリを強制的に終了させるのは、アプリが反応しなくなった場合に限り行うことがポイントです。そして、カメラアプリを強制終了したらデバイスを再起動させ、カメラアプリを再度開いてみましょう。

3-2.iPhoneの強制再起動

カメラ画面が真っ暗になった時、場合によってはiPhoneを強制再起動させるという対処法を行う必要があります。画面が真っ黒になっている場合でも、iPhoneは強制再起動させることはできるため、一度試してみると良いでしょう。
iPhoneを強制再起動させる方法は、モデルによって異なります。

たとえば、iPhone 7 、 iPhone 7 Plus の場合では、サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に 10 秒以上長押しします。この時は、Apple ロゴが表示されるのを確認するまで押すことがポイントです。

他に、iPhone 6s 以前のモデルの場合は、ホームボタンとサイドボタンを同時に10秒以上押して、Apple のロゴが表示されるまで長押しし続けて強制再起動を行いましょう。

3-3.最新バージョンのiOSにする

古いバージョンのiOSを使っていることでカメラ画面が真っ暗になっているのであれば、最新バージョンのiOSにアップデートしましょう。アップデートを行う前には、iCloud や iTunes を使用してデバイスのバックアップを作成しておくことがポイントです。最新バージョンのiOSにアップデートするタイミングは、iPhone画面を細かくチェックしていると分かります。

iPhoneの画面にアップデートを行う旨のメッセージが表示されたら、「今すぐインストール」をタップしましょう。これでアップデートは完了です。他には、「設定」「一般」「ソフトウェア・アップデート」の順にタップしていけば、最新バージョンのiOSにアップデートすることができます。

3-4.iOSデバイスのストレージ空き容量を増やす

デバイスの空き容量が不足している場合にも、カメラ画面が真っ暗になることがあります。ストレージとは、iPhoneで撮った写真や動画を保管しておく場所のことをいいます。普段、写真や動画を頻繁に撮影する人は、空き容量が不足している可能性があるでしょう。空き容量を増やすためには、いくつかの方法が挙げられます。

まず、撮った写真や動画のデータは定期的にパソコンに移動して、整理しておくと良いでしょう。普段から小まめな管理ができていれば、iPhoneの空き容量が不足していることで困るということはありません。

次に、今後も不要と思われる写真・動画に関しては、直接削除するという方法もあるでしょう。他には、普段使用していないアプリを削除することでも、空き容量はぐっと増える可能性があります。

3-5.iPhoneを初期化する

これまで紹介した対処法を試してみてもデバイスの状態が改善されない場合には、iPhoneを初期化するという対処法も試してみましょう。ただ、iPhoneの初期化はアプリの不調を解消するためには有効な手段ですが、写真データやアプリなどはすべてなくなってしまうため注意が必要です。そのため、データをバックアップしておくことが欠かせません。

バックアップが終わったら、iCloudやiTunes Storeなどからサインアウトしましょう。サインアウトしたことが確認できたら、iPhoneで「設定」のアプリを起動し、「一般」「リセット」とタップして進んでいき、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。その後は、パスコードを入力し「iPhoneを消去」を選択しましょう。

そうすると、Appleのロゴが表示されて初期化がはじまります。万が一、iPhoneを初期化しても問題が解消しない場合には修理が必要と心得ておきましょう。

4.iPhoneのカメラが真っ暗になって修理に出す際にすべきこと

紹介した対処法を試しても問題が改善しない場合には、iPhoneを修理に出す必要があるでしょう。修理に出す前には、いくつかの準備が必要になります。ここでは、修理に出す前にしておくべきことを2点紹介します。

4-1.バックアップを取る

iPhoneを修理に出す前には、バックアップを取っておくことが欠かせません。修理中に写真や動画などのデータが消えてしまう可能性もあるため、バックアップは必ずしておきましょう。

iOSのデータをバックアップする方法として、「iTunes」と「iCloud」が代表的なものとして挙げられます。「iTunes」で保存する場合にはPCの準備が必要です。「iTunes」ではPC上へデータを保存するため、PCにインストールされたソフトを使用する点が特徴といえるでしょう。

また、iPhoneとPCとをケーブルで接続しなければバックアップができないため、足りないものはあらかじめ準備をしておきましょう。

一方で、「iCloud」でバックアップするのであれば、単体で作業がするという点がメリットです。「iCloud」なら、Wi-Fi環境があれば簡単にバックアップを行うことができます。
写真や動画などを頻繁に撮影すると、容量がすぐに一杯になってしまう可能性があります。そのため、バックアップは日頃から小まめにしておくことが大切です。

4-2.AppleIDを記憶しておく

iPhoneを修理に出す前に、AppleIDを確認しておきましょう。万が一、カメラ交換の修理を行うのであれば、AppleIDに設定しているパスワードとメールアドレスが必要になる可能性があります。

また、iPhoneの修理を行う際には、自分でデバイスの初期化をしなければならない場合があります。この時、「iPhoneを探す」をオフにする可能性があり、AppleIDが必要になります。そのため、AppleIDが分からない場合はサポートへ問い合わせをするなどして事前に確認しておき、スムーズに修理を完了できるように準備をしておきましょう。

5.iPhoneを修理に出す時のおすすめの店

iPhoneを修理に出す時、実はApple Store以外にも選択肢はあります。修理をするのであれば、iPhoneの修理専門店「あいさぽ」がおすすめです。「あいさぽ」では、iPhoneの全機種を対象として、即日スピード修理を行っています。

iPhoneカメラの交換修理は、故障事例としても比較的多いため、技術に自信のある修理専門店を利用してみると良いでしょう。ここでは、「あいさぽ」でiPhoneを修理すると、大体どれくらいの金額で修理できるのか、また修理にかかる時間、修理の流れなどについて紹介していきます。

5-1.修理にかかるおおよその金額

iPhoneの修理にどれくらいの金額がかかるのかということを知っておけば、安心して修理専門店を利用することができるでしょう。たとえば、ガラス割れの場合、「あいさぽ」では機種ごとに適正な修理金額を設定しています。

修理料金は、たとえば新宿本店でiPhone8Plusなら9980円、iPhone8は8980円、iPhone7Plusは6980円、iPhone7は6980円というように、モデルによって異なります。この修理価格は店舗によっても違うため、事前に問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

5-2.修理にかかる時間

仕事やプライベートで急いでいる時などは、修理にそれ程時間をかけることができない場合もあるでしょう。「あいさぽ」なら、修理箇所によっては最短10分程度の作業時間で修理を完了できる可能性があります。

予約をしておけば、最大でも60分程度で修理を行って、iPhoneをお客様にお返しすることが可能です。「あいさぽ」は確かな技術を持っているために、スピード修理を実現することができます。

iphone修理専門店はコチラ>

その他のiPhone修理はコチラ>

iphone修理専門店のメリットはコチラ>

LINEで送る
Pocket

iPhone修理店舗一覧

iPhone修理店舗一覧

格安SIMを選ぶならリペアSIM